IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



幸和製作所(7807)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

幸和製作所(7807)IPOが新規上場承認されました。

SMBC日興証券が主幹事をつとめ、JASDAQスタンダードに上場する銘柄かつ株数が少ないため初値は良好でしょう。
しかしIPO当選を考えると厳しいですね~
それでも申込だけは忘れないようにしたいと思います。ポエック(9264)IPOと同じで当選期待は低いようです。
 


 

業 種 その他製品
上場市場 JASDAQスタンダード
公開予定 11月28日
BB期間 11月10日~11月16日
企業ホームページ http://www.tacaof.co.jp/

 

【事業の内容】
当社グループは、当社、連結子会社の幸和(香港)有限公司、東莞幸和家庭日用品有限公司の計3社で構成されており、福祉用具の製造・販売を事業として取り組んでおります。

 

【手取金の使途】
手取概算額434,960千円については、本第三者割当増資の手取概算額上限114,243千円と合せた、手取概算額合計上限549,203千円について、設備投資資金に154,000千円を、新製品開発のための研究開発費に178,000千円を、残額を営業部門、開発部門を中心とする人員拡大等による人件費の増加に充当する予定であります。

 

幸和製作所(7807)IPOの業績と事業内容

福祉用具の製造や販売を手掛けている企業で、香港と中国広東省に連結子会社があります。
主要製品はシルバーカーや歩行者、杖などになっています。
元々は、乳母車の製造メーカーとして昭和40年代に創業していたそうですが、その後福祉用具製品に移行しています。
 


 


 

日本では高齢化が進んでいるためIPOマーケットでもターゲットになるかもしれません。同社はロボット技術を利用した製品開発を強化し、介護ロボット市場にも参入しています。
 

団塊の世代に対して自社ブランドを立ち上げるなど勢いが感じられます。
地味な業種となっていますが、時代にマッチングしているためIPOの初値も期待ができるのではないかと考えています。
 

幸和製作所(7807)IPO仮条件から公開価格の日程

仮条件 3,220円~3,520円
想定価格 3,220円
公開価格 11月17日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約8.3億円です。
オーバーアロットメントを含めると約9.6億円になります。

 
上場規模も小さいため人気になると思いますが、何しろ公開株数が26万株弱しかないため当選も難しいでしょう。
100株当たりの株価も大きいため、それなりのリターンがあると思います。ぜひ当選したいIPOです!皆さん同じでしょうけどね。
 

幸和製作所(7807)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 150,000株
売出株数 108,200株
公開株式数 258,200株
OA売出 38,700株
引受幹事 SMBC日興証券(主幹事)
みずほ証券
大和証券
野村證券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
エース証券

岡三オンライン証券の取り扱いが決まりました
 

SMBC日興証券で当選するしかなさそうです。
SBI証券のIPOチャレンジポイントを使用するなら220P~250Pくらい必要な気がします。
 


 
会社設立は1987年10月と実績があります。
大阪府堺市堺区海山町に本社があり、社長は玉田秀明氏、39歳とお若いので調べたら会長(玉田栄一氏)の長男となっており2代目ですね。
従業員情報を確認すると、従業員数107人、平均年齢39.5歳、平均勤続年数5.2年、平均年間給与約495万円となっています。連結従業員数は421人と多いです。
 

幸和製作所(7807)IPOの初値予想


※株主の状況
 

【ロックアップ情報】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人である株式会社秀一、売出人である玉田京子、長島光春及び吉田和正、当社株主かつ当社役員である玉田栄一及び玉田秀明、当社株主である幸和製作所社員持株会、株式会社サカイ・ヘルスケアー及び吉川喜一、当社役員かつ当社新株予約権者である大井実、出口裕司、佐々木正及び三村淳司、当社新株予約権者である木根正裕、小西康晴、小川勝二郎、小菅英伸、市原貴、重松周平、佐藤恭司、戸塚健一、森本慎五、髙森裕行、山川晋、長谷川聡、永田かおり、成田和哉、和多大智、里見悠一、新井文武、竹島昌寿、峯垣淳平、広瀬健一、小坂徳宏、藤木亜寿佳、西内豊、佃浩伸、澤野雅哉、西川智崇、村田好弘、宮本美香、吉見明子、鈴木雅之、磯尾宣行、今村紀彦、山口聡、廣森翼、青木香里、宮富文希子、西岡秀朗、植田樹、奥村泰明、左右田綾乃、山﨑章子、関根裕典、安部一人、松本英樹、島田剛樹、門脇賢太、工谷昌也、柴田久志、小林充生、太田正彦、久保知輝、西村岳志及び小倉奈穂、並びにその他の新株予約権者25名は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成30年5月26日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。

 

幸和製作所IPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
SMBC日興証券(主幹事) 232,900株
みずほ証券 5,100株
大和証券 5,100株
野村證券 5,100株
SBI証券 2,500株
いちよし証券 2,500株
岡三証券 2,500株
エース証券 2,500株

※目論見の訂正事項発表後に記載します
 

幸和製作所IPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 5,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 5,300円
※仮条件発表後
 

幸和製作所IPOの大手初値予想

初値予想上限5,600円!
 

幸和製作所(7807)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成25年6月21日~
平成33年6月17日
15,000株
発行価格529円
平成25年10月01日~
平成33年9月28日
9,000株
発行価格650円
平成29年3月01日~
平成37年2月26日
94,500株
発行価格1,650円
平成30年1月16日~
平成37年12月24日
45,000株
発行価格1,650円
平成31年2月02日~
平成39年1月29日
6,500株
発行価格1,650円

 
ロックアップ期間が平成30年5月26日までの180日間です。ロックアップ解除倍率は記載が無いようです。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,285,510株から算出すると想定価格ベースで約41.4億円になります。
上場規模や業績に問題はありません。
 

介護ロボット市場に参入しているため今後に期待が出来そうですが、CYBERDYNEみたいなお祭りは期待ができませんよね。
株数が少ないので公募取得者には大きな利益が出そうな銘柄です。
赤字から黒字転換しているのも期待が出来そうですが、介護用品だけの販売だと期待はできなかったかも?
介護保険のレンタル対象製品としてリトルキーパスという製品があり、厚生労働省社会保障審議会にて認定を受けているそうです。
 

当選するには多くの口座から申し込むほかありません。
 

tileltuku 幸和製作所(7807)IPO主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ