【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
利回りくんの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

利回りくんキャンペーン

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら


PHCホールディングス(6523)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

PHCホールディングス(6523)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場は東証1部でメイン主幹事はSMBC日興証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が引受けます。
 

その他にも共同主幹事として複数社あります。
 

上場規模は約1,976.9億円で公開株数46,460,400株、オーバーアロットメント6,969,000株です。想定発行価格は3,700円になっています。
 

上場規模が大きくかなり悩む銘柄になりそうですね。
 

PHCホールディングス(6523)上場とIPO初値予想
 

業 種電気機器
上場市場東証1部
上場日10月14日
BB期間9月29日~10月05日
企業ホームページhttps://www.phchd.com/jp
事業の内容各種ヘルスケア機器・サービスの開発・製造・販売

 

【手取金の使途】

差引手取概算額9,016百万円については、海外募集における差引手取概算額11,025百万円と併せて、以下に充当する予定です。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

①設備投資資金として10,613百万円に充当する予定
②残額については2022年3月期中に過去のM&Aで増加した金融機関に対する長期借入金の返済への充当を予定

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

PHCホールディングス(6523)IPOの業績と事業内容

今期業績を早速確認してみると売上は拡大していましたが、四半期利益が前期割れになっていました。評価が益々わからないIPOです。
 

同社グループは、持株会社であるPHCホールディングスと主要子会社のPHC株式会社、Ascensia Diabetes Care Holdings AG、Epredia Holdings Ltd.、株式会社LSIメディエンス、他関連会社を含め国内16法人、海外75法人にて構成されています。
 

経営理念として「わたしたちは、たゆみない努力で健康を願うすべての人々に新たな価値を創造し豊かな社会づくりに貢献します」を掲げ、ビジョンとして「グローバルの診断・ライフサイエンス、日本のヘルスケアサービスにおいて、ベストインクラスのプレシジョンとデジタルソリューションを提供するリーダーとなる」を定めています。
 

「多様性とチームワーク」「イノベーション志向」「チャレンジ精神」「高い倫理観」を価値観とし、お客様基点のイノベーションによって、研究から診断、医療までの幅広い領域の医療ニーズに対するソリューションを提供しています。
 

PHCホールディングス(6523)IPOの業績
 

同社グループの事業は、血糖自己測定システム(測定器及びセンサ)、Point of Care Testing(臨床現場即時検査)製品等の体外診断機器並びに電気式医薬品注入器(インジェクタ)の開発、製造及び販売を行う「糖尿病マネジメントドメイン」、
 

医科医事システム・電子カルテ等医療IT製品の開発販売や臨床検査事業を展開する「ヘルスケアソリューションドメイン」及び研究・医療支援機器、病理診断機器等の開発製造販売を行う「診断・ライフサイエンスドメイン」の3つの事業ドメインにより構成されています。
 

PHCホールディングス(6523)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格3,700円
仮条件9月28日
公開価格10月06日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約1,719.0億円です。オーバーアロットメントを含めると約1,976.9億円になります。
 

国内販売だと約889.6億円になります。海外販売が若干多いようです。最終的には公開価格発表時に決るため、今後販売割合が変更される可能性は十分あります!
 

PHCホールディングス(6523)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数5,807,500株
国内募集株式数2,613,300株
海外募集株式数3,194,200株
売出株数40,652,900株
国内売出株式数18,293,700株
海外売出株式数22,359,200株
公開株式数46,460,400株
OA売出6,969,000株
国内3,136,000株
海外3,833,000株
引受幹事SMBC日興証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
野村證券(共同主幹事)
みずほ証券(共同主幹事)
BofA証券(共同主幹事)
ゴールドマン・サックス証券(共同主幹事)
JPモルガン証券(共同主幹事)
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
株数が多いためどこから申込んでも当選は容易だと思います。店頭だと営業の電話が掛かってきそうです!
 

共同主幹事が複数社あるため株式を売りさばくことにも一生懸命さを感じますよね。
 


 
PHCホールディングスの会社設立は2013年8月13日、本社住所は東京都港区西新橋二丁目38番5号、社長はジョン・マロッタ氏(41歳)です。※2021年9月14日時点
 

従業員数は181人(臨時雇用者14人)、平均年齢47.8歳、平均勤続年数17.7年、平均年間給与約905万円です。連結従業員数は9,630人で臨時雇用者が2,386人となっています。人員は多いようです。
 

PHCホールディングス(6523)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
KKR PHC Investment L.P.55,804,244株45.77%
三井物産株式会社24,594,240株20.17%
株式会社生命科学インスティテュート15,348,237株12.59%
パナソニック株式会社13,158,136株10.79%
LCA 3 Moonshot LP5,714,286株4.69%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

グローバル・オファリングに関連して、売出人かつ貸株人であるKKR PHC Investment L.P.及び三井物産株式会社、売出人である株式会社生命科学インスティテュート、パナソニック株式会社及びLCA 3 Moonshot LP、当社株主であるジョン・マロッタ、宮﨑正次、フレデリック・ライデンバック、~中略~ 元引受契約締結日から上場日後180日目(2022年4月11日)までの期間、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨を約束する書面をジョイント・グローバル・コーディネーターに対して差し入れる予定であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(共同主幹事)7,039,400株33.67%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)6,063,000株29.00%
野村證券(共同主幹事)4,041,300株19.33%
みずほ証券(共同主幹事)2,648,900株12.67%
BofA証券(共同主幹事)209,100株1.00%
ゴールドマン・サックス証券(共同主幹事)209,100株1.00%
JPモルガン証券(共同主幹事)209,100株1.00%
SBI証券194,400株0.93%
楽天証券194,400株0.93%
マネックス証券98,300株0.47%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,500円~4,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 仮条件発表後
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

PHCホールディングスの初値予想をリサーチして記載します。
 

仮条件後に記載予定
 

PHCホールディングス(6523)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2016年6月25日~2024年6月24日137,920株
発行価格500円
2014年7月05日~2024年6月24日812,099株
発行価格500円
2016年6月25日~2024年6月24日776,900株
発行価格500円
2014年7月05日~2024年6月24日188,750株
発行価格500円

※新株予約権の発行が大量にあるため一部を抜粋しています
 

ロックアップは180日間(2022年4月11日)、ロックアップの解除倍率は設定されていません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の122,170,815株から算出すると想定価格ベースで約4,520.3億円になります。
 

PHCホールディングスのIPOは秋に毎年出てくる大型のIPOと言った感じです。大手企業の資本が入っていますけどどうなるのか見当もつきません。世界的に有名な企業や個人投資家に人気企業であれば良いのですが、業種も電気機器ですよね。
 

ひかえ目にBBすることになると思います。
 

SBIネオトレード証券でIPOの申込みを行うと資金不要でIPO抽選に参加できます!口座開設だけは行っておきましょう。
 

SBI証券が主幹事や平幹事をするときに取扱いの期待ができます!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ