IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

プリントネット(7805)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

プリントネット(7805)IPOがジャスダックに新規上場承認されました。主幹事はSMBC日興証券となり公開株数1,606,100株、オーバーアロットメント240,000株と株数が多く当選が狙えそうです。市場からの吸収金額は約25.1億円と大きいため思うほど初値が高くなることはないでしょう。
 

事業はインターネットを用いた印刷物の受注販売を行っており、ラクスル(4384)への売上が31.8%を占めているようです。国内商業印刷市場はどんどん低迷しているようですが、同社はネット通販市場の拡大により業績が好調に推移しています。
 

プリントネット(7805)IPO新規上場
 

業 種 その他製品
上場市場 JASDAQスタンダード
公開予定 10月18日
BB期間 10月01日~10月05日
企業ホームページ https://odahara.jp/
事業の内容 インターネットを用いた印刷物の受注販売

 

【手取金の使途】

手取概算額929,400千円については、第三者割当増資の手取概算額上限300,288千円と合わせた、手取概算額合計上限1,229,688千円について、全額を平成31年10月期に(仮称)関東工場の設備投資資金に充当する予定であり、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品で運用する方針であります。

 

プリントネット(7805)IPOの業績と事業内容

業績は売上・利益ともに拡大しています。68.5億円の売上に対して4.1億円の利益なので利益率は低いようですが、従業員が271人いるようなので社会的貢献は大きそうです。大きな設備投資がなければ継続して利益が出そうなイメージがあります。
 

受注は全てWEBサイトを通して行われ、一般の印刷会社が行っている営業をかけた後の受注作業ではありません。WEBサイト上でパンフレットやフリーペーパー、チラシ、新聞折込チラシ、社名入り封筒、うちわ、選挙ポスター、カレンダー等の、幅広い商品を提供しています。
 

現在のところ、「プリントネット」と「プリントプロ」の2サイトを展開し、その他に「システム連携による受注」も行っています。プリントネットは自社コールセンターでの電話サポート等の充実したサービスを特長としており、プリントプロは、印刷品質を維持したままサービスを簡素化することで低価格を実現したサービスになります。
 

プリントネットIPO業績と事業内容
 

従来の印刷業者とは工程が異なり打ち合わせや制作・修正などが不要なためコスト削減にもつながります。顧客がデータを完全に入力し終わった後からの業務となり効率的に商品制作を進めることができます。
 

印刷業界は、用紙価格に関する値上げの動きは落ち着いたものの、電子メディア等の普及による紙媒体の減少に加え、人件費や運送費の高騰、過当競争による受注金額の下落など、引き続き厳しい経営環境となっているそうです。
 

プリントネット(7805)IPO評判
 

同社では、供給能力増強のため新印刷機導入等の設備投資の実施を行い、サービスや受注サイト、顧客対応について常に改善を続けているそうです。これからの少子高齢化社会においても優秀な人材の確保が可能となる人事・研修制度の充実を常に図るそうです。
 

国内の商業印刷市場は緩やかな縮小傾向にありますが、同社が事業展開する国内インターネット印刷通販市場は年々拡大しているため今後の成長余地はあるようです。
 

プリントネット(7805)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,360円
仮条件 1,360円~1,400円
公開価格 10月09日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約21.8億円です。オーバーアロットメントを含めると約25.1億円になります。業績は順調に拡大していて平成24年のラクスル(4384)との提携による収益も大きいようです。利益は平成27年(30期)あたりから飛躍的に伸びています。
 

業界的にもインターネットを使えない企業は衰退していく表れなのかもしれません。印刷業も世代交代問題がありM&Aなどの問題もありそうですね。
 

プリントネット(7805)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 750,000株
売出株数 856,100株
公開株式数 1,606,100株
OA売出 240,000株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
岡三証券
岡三オンライン証券
いちよし証券
東洋証券
SBI証券
マネックス証券

 

主幹事みずほ証券からの申し込みは必要だと思いますが、他の幹事からも申し込んでおきましょう。前受け金が不要の岡三オンライン証券からも申し込みも今回は期待が出来そうです。マネックス証券からの申し込みもある程度期待が出来るかもしれません。マネックス証券は委託幹事にも入ることが多いため侮れません!
 


 

 
会社設立は1987年7月16日、本社は鹿児島県鹿児島市城南町10番7号、社長は小田原洋一氏(53歳)、創業31年になります。従業員数は230人(臨時雇用者41人)、平均年齢33.7歳、平均勤続年数4.8年、平均年間給与約401万円となります。
 

プリントネット(7805)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
PNコーポレーション株式会社 2,000,000株 44.07%
小田原 洋一 1,498,200株 33.02%
森田 樹里 200,000株 4.41%
大日本商事株式会社 80,000株 1.76%
ラクスル株式会社 40,000株 0.88%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である小田原洋一、当社株主であるPNコーポレーション株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の平成31年4月15日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

プリントネットIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ証券(主幹事) 1,445,700株
岡三証券 80,300株
いちよし証券 32,100株
東洋証券 16,000株
SBI証券 16,000株
マネックス証券 16,000株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

プリントネットIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 1,900円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,900円
※仮条件発表後
 

プリントネットIPOの大手初値予想

1,700円~2,000円

その後、1,500円~1,800円
 

プリントネット(7805)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成30年11月1日~平成34年10月31日 67,500株
発行価格612円

 
ロックアップは180日間(平成31年4月15日)、ロックアップ解除倍率は目論見に記載がありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。上場時には行使期限を迎えておらず平成30年11月からとなります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の5,220,400株から算出すると想定価格ベースで約71億円になります。
 

利益は数万円程度だと思いますが、このレベルのIPOじゃないとなかなか獲得できないので全力で申し込みを行います!上場規模が大きめですが、安定した利益を出してくれそうなジャスダック上場銘柄なので初値1.5倍はあり得るかもしれません。期待しておきます。
 

tileltuku 前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業⇒ 岡三オンライン証券

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ