【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトはPR記事を含みます

【評価】タイミー(215A)IPOの上場と初値予想

タイミー(215A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、モルガン・スタンレーMUFG証券が引受けます。
 

上場規模は約493.2億円で売出株数32,245,400株、オーバーアロットメント4,836,800株です。想定発行価格は1,330円になっています。
 

タイミー(215A)IPOの上場
 

業 種サービス業
上場市場グロース市場
上場日7月26日~8月01日
BB期間7月09日~7月23日
企業ホームページhttps://timee.co.jp/
事業内容スキマバイトサービス「タイミー」の運営等

 

タイミー(215A)IPOの業績と事業内容

タイミーは有料職業紹介事業として「働きたい時間」と「働いてほしい時間」をマッチングするスキマバイトサービスです。
 

従来の求人媒体型サービスと異なり「タイミー」でマッチングする業務はクライアントとワーカーの1日単位の直接雇用となっています。
 

クライアントは初期費用、掲載料無料で「タイミー」に最短1時間の業務時間から求人情報を掲載することができます。
 

クライアントが同社へ支払う手数料は、原則としてワーカーに支払う賃金報酬及び交通費の合計額の30%程度であり、成果報酬型の料金体系を採用しています。
 

タイミー(215A)IPOの業績
 

タイミー(215A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,330円
※想定仮条件1,230円~1,430円の平均価格
仮条件1,350円~1,450円
売出価格7月18日~7月24日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約428.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約493.2億円になります。
 

海外販売株数が多く日本市場だけを計算すると約197.3億円になります。OAが多めに設定されているようです。
 

タイミー(215A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数0株
売出株数32,245,400株→ 32,310,800株
国内販売9,996,100株→ 6,353,300株
海外販売22,249,300株→ 25,957,500株
公開株式数32,245,400株→ 32,310,800株
OA売出4,836,800株→ 4,771,400株
引受幹事大和証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
モルガン・スタンレーMUFG証券(共同主幹事)
野村證券
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
水戸証券
岡三証券
楽天証券
委託見込大和コネクト証券
auカブコム証券
SBIネオトレード証券
岡三オンライン
DMM.com証券

 
当選を狙って申し込みしたいと思います。IPOに当選できたら5万円くらい利益が見込めるかもしれません。
 

大和コネクト証券やauカブコム証券からの申込みも確実に行っておきたいと思います。
 

カブコム証券は後期型抽選なので申込み忘れしないようにしておきましょう。ルールは別記事にまとめています。
 


 
会社設立は2017年8月23日、本社住所は東京都港区東新橋一丁目5番2号、代表取締役は小川嶺氏(27歳)です。※2024年6月22日時点
 

従業員数は917人(臨時雇用者186人)、平均年齢30.9歳、平均勤続年数1.41年、平均年間給与約584万円です。
 

タイミー(215A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
小川 嶺24,030,000株21.96%
株式会社Recolle9,045,000株8.27%
Keyrock Capital Master Fund,Ltd7,950,000株7.27%
株式会社MIXI6,117,000株5.59%
ジャフコSV6投資事業有限責任組合4,704,000株4.30%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間、360日間、2年後、3年後、6年後などにわかれています。内容が特殊なので目論見で確認しておくと安心できそうです。かなり長いですけどね。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(共同)2,848,600株44.84%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同)2,149,800株33.84%
モルガン・スタンレーMUFG証券(共同)699,300株11.01%
野村證券233,800株3.68%
みずほ証券140,400株2.21%
SBI証券140,400株2.21%
SMBC日興証券47,000株0.74%
岩井コスモ証券23,500株0.37%
水戸証券23,500株0.37%
岡三証券23,500株0.37%
楽天証券23,500株0.37%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,500円~1,800円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,000円前後
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

タイミーの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~2,000円
修正値1,800円~2,000円
 

案の定、海外配分が増やされて国内配分が減らされています。仮条件引上げで機関投資家の反応も良いみたいです。
 

大型出口案件でも人気化すると思うので公募組は積極的にIPOに参加してよさそうです。1単元あたりの利益は5万円くらいでしょうか?
 

人材関連としては高PERになるため不安もあります。成長株なので将来を織り込んだ形となっています。売出株案件でイグジット感もありますけどIPOとしては人気みたいですね。
 

関心の表明も発表されています。公開株数の0.3%分なのでインパクトはありません。
 

海外販売が7割になりIPOに当選できるのか凄く不安です。上場規模は最大で約537.7億円になりました。時価総額は約1,379.5億円を見込みます。面白そうなので全力参加でしょう!
 

タイミー(215A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年4月30日~2031年4月29日5,289,000株
発行価格42.93円
2023年5月01日~2031年3月31日2,394,000株
発行価格42円
2023年6月01日~2031年3月31日165,000株
発行価格42円
2023年10月31日~2031年9月30日126,000株
発行価格98円

※発行回数が多いため省略
 

ロックアップは段階ごとに設定されています。解除倍率設定はありません。売出株として処分するVCもかなりあります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。13,194,000株が上場時に行使期限入りします。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の95,139,000株から算出すると想定価格ベースで約1,265.3億円になります。
 

店頭系証券が主幹事で当選確率が低そうです。イベント的な意味合いも大きそうなので積極的にIPO抽選に参加しておきたいと思います。
 

公開価格割れはないと思います。海外販売が多いのは残念ですけどこの方が初値上昇率が高くなると思います。まさかの初値2倍も?と期待しておきます。
 

ヤマワケエステート
 

ヤマワケエステートの利回りが凄すぎてビックリしています。10%以上のファンド組成ばかりなので実際に投資してみました。
 

申込者が多く投資するまで少し時間が掛かりましたけどマジで凄かったです。6月末まで口座開設でアマギフ500円分も貰えるそうです!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ