IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPOが新規上場承認されました。

値がさIPOの登場です。しかも株数が少ないので一見よさそうなIPOなので初値にも期待したいところですが、何しろ地味な事業イメージがあります。業績もいまいちのようです。
結局申し込みはしますけどね~

 


 

業 種 電気機器
上場市場 JASDAQスタンダード
公開予定 12月13日
BB期間 11月27日~12月01日
企業ホームページ http://www.visco-tech.com/

 

【事業の内容】
当社は、筐体型画像処理検査装置を開発、製造及び販売しております。画像処理検査装置は、様々なモノづくりの現場において、検査対象物の傷、汚れ、異物などの外観上の欠陥を検出する目的で多く利用されており、FA(ファクトリーオートメーション)向け画像処理システムとも呼ばれております。日本国内の製造業の現場では、画像処理検査装置が普及しつつありますが、未だに人手に頼った目視検査を実施している製造現場もあります。また、中国、東南アジア、南米などの新興国の製造業の現場では、日本国内の製造現場と較べて目視検査を主とした製造現場が多数あり、人件費の抑制や製品品質の安定化に向けて画像処理検査装置の導入が進みつつあります。

 

【手取金の使途】
1.自社製品のソフトウェア開発のための人的費用として349,069千円
2.開発のためのハードウェア購入費用として150,000千円
を充当する予定であります。

 

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPOの業績と事業内容


 


 

画像処理検査装置の製造・販売を行っている企業です。
グループ企業は連結子会社3社となり中国、タイ、米国の3つの国をまたいで合計4社となっています。
 

売上は上昇傾向にあり利益も増えていますが、IPO的な感覚で考えるとあまり魅力はありません。
利益上昇率が高い業種じゃないと財務インパクトもありません。
 

【ヴィスコ・テクノロジーズの特徴としては下記】

「製造する筐体型画像処理検査装置は、筐体、カメラ、レンズ、照明等で構成されており、当社では、検査対象物、検査内容、検査条件、処理速度、設置条件等、お客様の検査ニーズに応じた最適なシステムの提案とアドバイスを行っております。」
だそうです。
 

その他、画像処理検査装置の製造にあたり、検査装置を構成するモジュール(部品)の製造を部品製造会社に委託し、又はモジュール(部品)を部品製造会社から購入した上で、製品の組立て、並びにオペレーティングシステム及び画像処理ソフトウエア(当社開発)の筐体へのセットアップを組立会社に委託して、画像処理検査装置(製品)を完成させるファブレスメーカーです。当社、連結子会社及び国内外の代理店が、国内外の顧客に対して製品を販売しております。

 

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 4,820円
仮条件 11月22日
公開価格 12月04日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約9.6億円です。
オーバーアロットメントを含めると約11億円になります。
上場規模は普通サイズですが、単価が大きいため難しい判断が必要です。
 

株数的には20万株程度なので公開価格割れを起こすような銘柄ではありませんが、業種と業績がいまいちなんですよね~
参加してみて取れたら上場当日まで神に願うパターンでしょう。JASDAQ銘柄は確か負けなしなので多分いけると思いますが、上場日が集中しているため万が一も?
 

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 85,000株
売出株数 113,800株
公開株式数 198,800株
OA売出 29,800株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券
岡三証券岡三オンライン証券
いちよし証券
SBI証券
岩井コスモ証券

 

株数的にみずほ証券からの申し込みに当選期待があります。
委託幹事のカブドットコム証券からの申し込みもよいかもしれません。わざわざ申込む方も少ないでしょうからね。後期型の岩井コスモからの申込者も少ないでしょう。
 


 

 
東京都港区海岸一丁目に本社があり、会社設立は2003年8月です。
社長は足立秀之氏、従業員数は69人で臨時雇用者は7人、平均年齢40歳8ヶ月、平均勤続年数5年7ヶ月、平均年間給与約635万円です。
 

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPOの初値予想


※株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である足立秀之、売出人である滝沢義信、池田欣吾、鈴木保良、株式会社有沢製作所、三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合、東正志、東宏美、GOLDEN ASIA FUND L.P.、ニッセイ・キャピタル5号投資事業有限責任組合、DBJキャピタル投資事業有限責任組合、イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合、株式会社フィデアキャピタル並びに当社株主である澤村知是、株式会社アバールデータ、北川敦仁、有馬良太、秋田高志、足立みゆき、足立拓駿及び足立唯菜は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の平成30年3月12日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

ヴィスコ・テクノロジーズIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ証券(主幹事) -株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 -株
岡三証券 -株
いちよし証券 -株
SBI証券 -株
岩井コスモ証券 -株

※目論見の訂正事項発表後に記載します
 

ヴィスコ・テクノロジーズIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 5,300円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 仮条件発表後
※仮条件発表後
 

ヴィスコ・テクノロジーズIPOの大手初値予想

未定(施策)
 

ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成28年1月28日~
平成36年1月27日
12,500株
発行価格1,500円
平成26年2月04日~
平成33年1月31日
20,000株
発行価格1,500円
平成30年11月15日~
平成38年11月14日
35,600株
発行価格1,500円

 
ロックアップは90日間でロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル出資があり1.5倍には持って行きたいところでしょうけど1.5倍の7,230円に届くでしょうか?
公開価格割れを起こすよりも利益が出る銘柄だと思うので、参加します!
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の713,500株から算出すると想定価格ベースで約34.4億円になります。
 

そもそもIPOに全力で申し込んでも当選期待は低いので申し込みをします。
10万円抜ければラッキーなパターンなのかもしれません。ティーケーピー(3479)のような高騰パターンもあるのかもしれませんからある意味楽しみな銘柄かも?
 

tileltuku 確実にポイントを貯めながらIPOに参加できる!⇒ SBI証券

※SBI証券のIPO抽選の申込とIPOチャレンジポイントとは?

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ