IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

ザイマックス・リート投資法人(3488)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

ザイマックス・リート投資法人(3488)IPOが新規上場承認されました。
不動産戦略マネジメントを行っているザイマックスがスポンサーとなっているリートです。
 

2017年3月の受託実績は「不動産マネジメント受託実績が800棟」「オフィス・商業施設・ホテルの割合が85%」「投資法人からの不動産マネジメント受託実績が164棟(26銘柄)」となっています。
 


 

想定価格10万円による市場からの吸収額が約220億円と規模は小さいと思いますが、それほど人気になるような感じのリートでは無さそうです。
主幹事はSMBC日興証券なのでインターネットからの申込みでも当選確率は高いと思います。
 

CREロジスティクスファンドも同じくSMBC日興証券なので口座を持っていない方は今後のためにも作っておくべきでしょう。

 

業 種 J-REIT
上場市場 東証
公開予定 2月15日
BB期間 1月30日~2月05日
企業ホームページ https://xymaxreit.co.jp/#section1

 

【手取金の使途】

一般募集における手取金20,990,500,000円については、取得予定資産(後記「第二部 ファンド情報/第1 ファンドの状況/2 投資方針/(2)投資対象/③取得予定資産の概要」に定義します。以下同じです。)12物件の取得資金の一部に充当します。なお、一般募集と同日付をもって決議された第三者割当による新投資口発行の手取金上限1,049,500,000円については、借入金の返済資金の一部に充当します。

 

ザイマックス・リート投資法人(3488)IPOの業績と事業内容

オフィスや商業施設、ホテルなどの資産が多く株式会社ザイマックスがスポンサーとなります。
資産運用会社はザイマックス不動産投資顧問です。
 


 
 


 

リートの指標となるNOI利回りは6.0%となっています。
他の企業と比べると割高になります。割高ということは人気があまりないためだと考えています。
CREロジスティクスファンド投資法人のNOI利回りは5%なので開きがありますね。
 


 

ザイマックス・リート投資法人(3488)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 100,000円
仮条件 100,000円~105,000円
公開価格 2月06日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約210億円です。
オーバーアロットメントを含めると約220.4億円になります。
CREロジスティクスファンドと似たような吸収ですが、個人的にはCREロジに初値期待があります。ザイマックスは少し不安です。

 
LTVは38.6%なので一般的な企業よりも優秀だと思います。LTVとは借入金のことですね~
 

【ジャパンリート】

Loan To Valueの略。借入金比率を示す指標。J-REITの場合は、LTV=有利子負債÷総資産、または有利子負債÷(有利子負債+出資総額)で算出する二つの方法のいずれかを採用している銘柄が多い。

 

ザイマックス・リート投資法人(3488)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 209,905口
売出株数 0口
公開株式数 209,905口
OA売出 10,495口
引受幹事 SMBC日興証券(主幹事)
みずほ証券
野村證券

 

当選を狙うならSMBC日興証券からの申込みがよいと思います。
口座が無ければ平幹事からの申込みでも当選する確率は通常よりも高いと思います。店頭申込の場合であれば配分は濃厚でしょう。
 


 

ザイマックス・リート投資法人IPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
SMBC日興証券(主幹事) -株
みずほ証券 -株
野村證券 -株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

ザイマックス・リート投資法人IPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 102,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 105,000円
※仮条件発表後
 

ザイマックス・リート投資法人IPOの大手初値予想

未定(施策)
 

ザイマックス・リート投資法人(3488)IPOを個人的に分析してみました

リートIPOにおいて大きな利益を期待するほうが間違っていると思いますが、当選しやすいため複数配分により利益を狙えます。
ただし、ザイマックス・リート投資法人の場合は初値期待はあまりできないと考えているため300株以下で抽選に参加したいと思います。しかもインターネットからの申込みを考えています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の212,905口株から算出すると想定価格ベースで約212.9億円になります。
 

ザイマックス・リート投資法人の分配金は8月に2,279円で2月に3,262円の予想が出ています。
合わせると5,559円となり想定ベース算出だと約5.56%の利分配回りになります。リート自体は事務所主体型のリートに位置づけされるはずです。
 

【2017年のリートはインフラリートを含めて4銘柄が上場】

森トラストホテル初値が1.4%のプラス
日本再生エネルギーの初値が4.09%のマイナス
三菱地所物流の初値が5.38%のプラス
カナディアンソーラーが5%のマイナスとなっています。

 

これからも初値期待は低いことが解りますが、三菱地所物流リート投資法人(3481)は別格だったため人気となり現在も公開価格以上の株価で推移しています。
運用資産の違いがありますが、どれだけディスカウントされ利回りが良くなるのかにより参加スタンスも変わってくるでしょう。ともかく仮条件の1月29日までは考えなくてよいでしょう。
 

口座がない方は今回の参加をしなくてもよいと思いますが、主幹事のSMBC日興証券はIPOを年間に数十回取り扱うので口座は開いておきたいところですね。
 


 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ