IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
トライオートFXのタイアップキャンペーンで「Amazonギフト券2,000円」が上乗せになりました。実際に運用しているけどプラスで推移です!

トライオートFXタイアップキャンペーン


AI CROSS(エーアイクロス)とレオクラン幹事配分の業績予想【SBI主幹事初値は1.5倍予想?】

SBI証券主幹事のAI CROSS(エーアイクロス)の幹事配分がわかりました。SBI証券が85.01%を占めることになっています!株数にして517,300株になるそうなのでネット抽選でも盛り上がりそうです。
 

話題のIPOチャレンジポイント当選は200株配分予想になり利益は10万円~20万円狙いのようです。
 

仮条件が上振れになる可能性は高く人気でしょう!ただしファンド持ち分が多いためロックアップが外れる発行価格の1.5倍までしか株価が伸びないことも考えられそうです。最近は早期売却を行う既存株主も多いですからね。
 

AI CROSS(エーアイクロス)幹事配分と初値1.5倍予想
 

幹事団 引受け株数 割合
SBI証券(主幹事) 517,300株 85.01%
SMBC日興証券 36,500株 6.00%
みずほ証券 33,500株 5.51%
岩井コスモ証券 6,100株 1.00%
香川証券 6,100株 1.00%
あかつき証券 3,000株 0.49%
エイチ・エス証券 3,000株 0.49%
東洋証券 3,000株 0.49%

 
SMS配信プラットフォームとビジネスチャットを手掛けている企業になります。この他にもAI Analyticsサービスを行い人工知能を使ったサービスを直近に開始しています。
 

第5世代移動通信システムを活用したビズネルを行い顧客生産性向上を目指しています。SMS配信会社でありビジネスチャットの話題性、さらに人工知能を使っていることから人気となりそうなIPOです。
 

2019年12月が決算になり売上が13.3億円に達し経常利益が1.4億円になります。前期から売上は18.7%伸び経常利益が47.4%増の驚異的な伸びになっています。現在は第3期となるため予想の信頼は高そうです。
 

メッセージングサービスの売上げは全体の72.5%と高く、モバイル端末にショートメッセージサービスを行います。似たよう事業を行っている企業はあると思われそこまで注目されるような内容ではなさそうです。
 

現在の初値予想は1,500円~2,000円となっているためIPOチャレンジポイントの使用を考えている方は少ないのかもしれません。100株で10万円の利益と考え200株配分でも20万円ですからね。
 

仮に300P使ったと考えると1Pあたり666.6円です。これは収益として低いかな?と思いますよね。そう考えるともっと低いポイントで当選することも考えられそうです。どうなるでしょうね。
 

レオクラン幹事配分と業績予想はこうなる!

レオクランは悪くない銘柄だと思いますが仮条件が想定発行価格よりもかなり引き下げられ2,480円~2,700円に決定しました。想定発行価格3,070円から13.7%も引き下げられ異例の事態です。
 

これを割安だと思えばよいのですが人気がないと考えると初値売却で利益が出るのか微妙です。多分公開価格を超えてくると思いますけどもしかしたら割れるのかもしれません。
 

幹事団 引受け株数 割合
SMBC日興証券(主幹事) 338,500株 80.02%
みずほ証券 16,900株 4.00%
大和証券 16,900株 4.00%
野村証券 16,900株 4.00%
エース証券 16,900株 4.00%
SBI証券 16,900株 4.00%

 
現在の初値予想は3,300円~3,700円となっています。ここから修正してくると考えているので2,800円~3,000円くらいまで下げてくるのかもしれません!業績的に悪いわけではないため上場後も東証2部らしい地味で横ばいの株価推移でしょう。
 

6月26日上場のヤシマキザイ(7677)のように初値13%程度のプラスでその後、上に昇ればいいけど難しいかもしれません。
 

中東情勢に緊張感が走り今後の状況が気になります。また2019年の業績が好調だったのは2016年と2017年の工事が長期化していたものを組み入れたため売上・利益共に好調に見えただけだそうです。
 

よって2020年9月期の連結業績の売上げは26.2%減、経常利益は39.6%減になります。業績が好調に見えただけに初値予想も高かったのかも?そして修正によりあまり初値が伸びないのかも?
 

配当は45円出る見込みで上場時点では株価に考慮されないでしょう。またEPS231.16なのでPERは11.68倍、BPS2,629.45なのでPBR1.03倍になります。
 

レオクランの情報ではライブスター証券が委託幹事を引き受けることを発表しているので口座を開設している方は申し込んでおくと当選するかもしれません。とりあえず公開価格割れするとは思っていないので申し込んでおきます!
 

tileltuku IPOが完全平等抽選で前受金も要らない企業⇒ ライブスター証券

※ライブスター証券IPO抽選ルールと当選の秘訣 【IPO抽選に資金不要】

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ