IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップキャンペーン

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

ギフティ(giftee)幹事配分と初値予想1.5倍も?新奇性あるIPOの実力

ギフティ(giftee)IPOの人気が高くどうやら初値利益が出るようです。新奇性もあり買い需要は旺盛になる見込みとなっています。上場規模は約63.1億円と大きいため地合いに左右されるところはあると思います。
 

ただ複数株が狙える公開株数なので利益見込みが低くても積極的に獲得することで大きな利益を狙うことができそうです!逆に公開価格割れの場合はダブルパンチを食らうことになります。
 

ギフティ幹事配分と初値予想
 

収益性が高い事業になり業績が好調に推移進まで同社の事業が拡大しています。第8期までは利益も低く2,000万円の利益でしたが、コンク第10期の売上予想は17.7億円、経常利益は5.3億円にまで拡大しています。利益(四半期利益)は3.6億円を予想しています。
 

第8期が2,000万円で第9期が2億円、今期が3.6億円となっているため急激に成長していることがわかります。これまでシステムや知名度向上のために資金を使ってきただけのことはあるようです。コンビニでも普通に同社のEギフトが使えるため普段から使っている方もいそうです。
 

幹事団 引受け株数 割合
野村證券(主幹事) 3,754,400株 85.51%
みずほ証券 329,300株 7.50%
SMBC日興証券 131,700株 3.00%
SBI証券 43,900株 1.00%
大和証券 21,900株 0.50%
岩井コスモ証券 21,900株 0.50%
マネックス証券 21,900株 0.50%
松井証券 21,900株 0.50%
水戸証券 21,900株 0.50%
岡三証券 21,900株 0.50%

 
ギフティーは電子決済事業になりIPOでも人気です。取引先にはローソンやKDDI、スターバックスコーヒージャパンの名前が目論見に掲載されています。gifteeを交換できる店舗は全国33,000店以上となっています。前期の販売実績はローソン14.2%、KDDI11.9%、スターバックスコーヒージャパン10.5%になっています。
 

送り方はLINEやTwitterなどでもURLを送れるメッセージアプリなら問題ありません。gifteeを受け取る相手は会員登録をする必要がありません。
 

送り主の決済方法を調べると「クレジットカード、Apple Pay、auかんたん決済、ドコモ払い、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い」と言った決済方法を確認できました。
 

ギフティーで交換できる商品のランキング画像
 

公開株数とオーバーアロットメントを合わせると5,049,300株と株数はかなり多いと思います。ただ野村證券主幹事なので当選しても100株くらいでしょう。証券会社の店頭で取引を行っている方は複数銘柄を獲得するチャンスだと思います。
 

店頭配分狙いならみずほ証券になると思います。ネット証券狙いだと完全平等抽選を行っているマネックス証券でしょう。それとSBI証券などもよいと思います。
 


 
IPO抽選時に前受け金を必要としない岡三オンライン証券松井証券からの申し込みも株数が多いため期待しています。大手初値予想は1,500円~2,000円となっているようです。
 

大和証券店頭配分はかなりハードルが高いと思いますけど、野村證券も店頭配分は難しそうですね。預け入れ資産3,000万円~5,000万円でも厳しいと思います。IPO裁量配分の基準も数年前に比べると高くなったようです!
 

ベンチャーキャピタル保有率が高く3,590,700株も売出しがあることはデメリットですけど何とかいけそうな気がします。想定発行価格1,250円からPERを計算すると84.51倍、PBR13.12倍です。計算してみるとかなり割高なので若干心配です。それでも新奇性があれば買われるはずです。
 

ツクルバが公開価格割れしなかったので地合いが大きく変わらなければ利益狙いで攻めたいと思います。全力申し込みでも当選確率はそんなに高くないと思います。時価総額は約310億円なので結構大きな上場です。
 

tileltuku 前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業⇒ 岡三オンライン証券

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ