IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
トライオートFXのタイアップキャンペーンで「Amazonギフト券2,000円」が上乗せになりました。実際に運用しているけどプラスで推移です!

トライオートFXタイアップキャンペーン


浜木綿とワシントンホテルIPOの幹事配分と業績予想!

浜木綿とワシントンホテルIPOの幹事配分がわかりました。どちらもあまり人気がなさそうですけれど浜木綿は利益が見込めると思います。
 

上場規模が小さくジャスダック上場なので同市場でストップ高連発となったアミファ(7800)を少し意識してもよさそうです。
 

アミファは公開価格660円で上場来高値1,739円を付けセカンダリーのターゲットになりました。中華料理専門店の浜木綿(はまゆう)がそこまで人気化するとは思いませんけれど初値1.3倍~1.5倍くらい付ける期待はあるかもしれません。
 

浜木綿(はまゆう)幹事配分と初値予想
 

幹事団 引受け株数 割合
野村證券(主幹事) 398,300株 85.11%
SMBC日興証券 9,300株 1.99%
みずほ証券 9,300株 1.99%
東海東京証券 9,300株 1.99%
岡三証券 9,300株 1.99%
丸三証券 9,300株 1.99%
安藤証券 9,300株 1.99%
SBI証券 9,300株 1.99%
静岡ティーエム証券 4,600株 0.98%

 
株主にベンチャーキャピタルがいるということは投資を行っても回収できる見込みがあったということですよね。3社の出資があり90,000株保有で全体の13.01%になっています。SB・A外食育成投資事業有限責任組合が60,000株(8.67%)保有で多いようです。
 

持株会もあるため企業規模も思ったより大きい印象を受けます。従業員数は230人になりパートやアルバイトなどで345人います。売上は前期で48.6億円となっています。
 

2020年7月の単独決算予想が発表されていました。売上は55億円になり経常利益が3億円です。四半期利益は前期と比べ4.4%増える予想が出ています。
 

飲食業の粗利は10%~15%の営業利益と言われているため利益率は少し低いみたいですね。
 

土地の賃借や店舗費用などでだいぶ支払いがあるのかもしれません。ただ配当設定が35円あるため余力や今後の見通しは明るいのかもしれません。マザーズ市場へのIPOではないため安心感はあります。
 

初値予想は2,300円~2,500円です。PERも9.88倍と低めの設定でPBRも1.17倍なので公開価格割れはないでしょう。株主優待設定がないことは残念ですが今後の株価上昇の切欠になることも考えられます。
 

企業規模も似ている東天紅(8181)などが参考になりそうです。王将フードサービス(9936)になると企業規模がだいぶ違います。
 

ワシントンホテルIPOの幹事配分と初値予想をチラ見してきた

東証2部上場のワシントンホテルは東証2部上場で吸収額が約26.7億円、公開株数がオーバーアロットメントを含め2,070,000株です。もしかすると地合いがあまりよくないため公開価格割れになるかもしれません!
 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事を行うと公開価格を超えてくるイメージはありますがどうなるでしょうね。全て公募募集となっている事は好感されていると思います。ただ東証2部の上場規模的にはサイズが大きいです。
 

 

幹事団 引受け株数 割合
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事) 1,566,000株 87.00%
みずほ証券 90,000株 5.00%
東海東京証券 36,000株 2.00%
岡三証券 36,000株 2.00%
SMBC日興証券 18,000株 1.00%
大和証券 18,000株 1.00%
SBI証券 18,000株 1.00%
マネックス証券 18,000株 1.00%

 

株主構成はしっかりした企業ばかりで売出もないことから安定的に株価推移となることが見込まれます。株主優待が既に設定されていることも好感されていると思います。
 

時価総額で企業を比較するとグリーンズ(6547)あたりが参考になりそうですね。ABホテル(6565)だと企業規模が少し大きくなります。配当や株主優待で比較するとワシントンホテルへの投資は悪くありません。
 

配当は28円予想になったいるため、想定発行価格1,290円で計算すると配当利回りは2.17%です。これに宿泊20%割引や飲食20%割引の株主優待があります。
 

初値予想は公開価格前後になり1,300円~1,500円あたりで落ち着くとされているようです。PERは8.15倍、PBR0.99倍なので少しは上値があるとみています。
 


 
元々PERは低い業種ですけどPER10倍~20倍くらいはあってもよいと思います。2019年9月27日の株価参考でグリーンズがPER13倍くらいで推移しています。ABホテルは27倍くらいです。
 

今回はカブドットコム証券から当選を狙いたいと思っているので後期型抽選に申し込んでおいて、公開価格割れがなさそうなら購入申し込みをしたいと思います。単価が低いので多分申し込むと思います!
 

カブドットコム証券で当選するチャンスです。ネット証券なので売却手数料も低いですからね。現在の市場であればネットから全力参加も考えないことも?マネックス証券からだと引受株数18,000株を全て抽選に回すので不人気情報が伝われば申込者も少ないでしょう。
 

ブックビルディングが重なるとIPOごとに資金拘束される企業は普段より当選しやすくなります。
 

tileltuku ワシントンホテル幹事も完全抽選で当選期待です⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ