IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

One Tap BUYでIPO取扱いが始まる 【当選確立高めの謎を発見】

One Tap BUY(ワンタップバイ)でIPO取扱いが発表されました、当選確率が高めになる気がしてなりません。ただそこには仕組みがあるためチェックをしておきましょう。なんと1株という単元未満株でIPO抽選に参加できるそうです。まとまった利益になることは多くなさそうですが、当選確率は高そうです。
 

One Tap BUY(ワンタップバイ)の誰でもIPOが始まる
 

まさか単元未満株でIPOに参加できるとは思いもしませんでしたが、ちょっとおもしろいサービスを開始するようです。通常は100株単位の抽選が行われますが、100株あれば100人の当選者が出ることも可能になります。
 

宝くじ感覚でIPOを楽しめると公式サイトに書かれていますが、初値売却の醍醐味は味わえそうです。例えば1枚で200,000円の株が初値1,000,000円になったと想定するなら、2,000円が10,000円になると言うことです。ただ1株とは限らないので10株当選すれば、大きな利益になります。
 

現在のところ株数など詳しいことは書かれていませんが、日本初のIPO専用アプリとなっているためスマートフォンが必要のようです。パソコンでもログインができますが、この辺りのサービス展開は書かれていません。One Tap BUYに証券口座を開設すればどなたでも抽選可能となっているので、ひょっとするとパソコンも可能かもしれません。
 

同社は、1,000円から国内株式や外国株式を購入することができますが、単価が低いのため口座開設をしていなかった方も多いことでしょう。IPO抽選ができるとなると面白いので、IPO投資が好きな方は参加してくるでしょう。資金力があまりない方にも良いサービスかもしれません。
 

ただし完全前受け金となるそうなので、入金を行ってから抽選に参加することになります。
 

One Tap BUYの誰でもIPOで当選したらこうなる!

One Tap BUY(ワンタップバイ)の抽選画面や当選画面が公式サイトに掲載されていました。サンプル画像となっていますが、当選祈願と抽選結果の画像はまさに宝くじを連想させます。どうやらスタートボタンを自分で押して、抽選結果を確認するようです。

 
One Tap BUY誰でもIPO抽選画面
 

35株などの表示になっているため、複数株の当選も可能のようですね。第一条件として入金から始めないといけないため、3万円~5万円くらい入金すればかなり楽しめると思います。
 

10株単位くらいで当選するのであれば10万円くらい入金してよいかもしれません。入金ついでにアメリカ株も買ってみましょう。アメリカ株は配当重視なのでリサーチをして割安であれば買いたい銘柄があります。
 

One Tap BUY (ワンタップバイ)IPO当選画像サンプル
 

【公式サイト抜粋】

誰でもIPO は、新規上場株式を単元(100株)ではなく1株から購入申し込みができる日本初のIPO専用アプリです。抽選倍率の高いIPOを、宝くじのような感覚で、一人でも多くの方に体験いただき、初値の喜びを味わってほしい。 そして、今まで一部の投資家にチャンスが偏っていたIPOの購入申し込みに、少額から誰でも参加できるようにすることで、多くの方に当選の機会を作りたいとの思いでサービスを開始します。

 

今回のサービス開始により、口座開設者が通常よりも増えて時間がかかるようです。サービス開始となればさらに口座開設者が多くなる恐れがあるため、早めに行動したほうがよさそうです。サービスについては下記の記事で詳細を書いています。
 


 
株主にみずほ証券がいるため、みずほ証券経由の委託配分になるのかな?と思っています。ソフトバンクも株主にいますし、東海東京フィナンシャル・ホールディングスやヤフーの名前もあります。その他大手ベンチャー企業からの出資があります。
 

最近は自動積立投資アプリ「積み株」やまるごと米国株「米国ETF」も人気のようです。少し売買のハードルを高めたい方は、OneTapBUY10倍CFDというサービスが行われています。日本225株や米国500どちらかの株価指数の動きを予測して売買額を決めて約定させる取引になります。
 

ニワンス的には日経225が上がれば10倍儲かり、下げれば10倍損をします。オイオイと思いますが、このような取引が好きな方もいます。1万円からのサービスになりますが、1万円が一気に10万円になるわけではありません。投資金額が10倍になるだけで後は値動きに合わせて損益がでる仕組みになります。
 

同社は日本株や米国株の積み立てを行うには便利なサービスになるため、若い方を中心に人気があります。ある程度の年齢になれば単元未満の取引は殆どしないと思います。今回はIPO取扱いとなるため、単元未満でもIPO投資家は参加スタンスでしょう。私も参加してみます!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ