【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

【評価】キューブ(7112)IPOの上場と初値予想

キューブ(7112)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約35.3億円で公開株数1,436,000株、オーバーアロットメント215,400株です。想定発行価格は2,140円になっています。
 

人気なさそうなIPOが登場しました!
 

キューブ(7112)IPOの上場と初値予想
 

業 種小売業
上場市場グロース市場
上場日10月07日
BB期間9月20日~9月27日
企業ホームページhttps://www.cube-co.com/ja/index.html
事業の内容MARK&LONA等の自社ブランドの衣料品の企画、並びに小売・卸売事業

 

キューブ(7112)IPOの業績と事業内容

キューブは主にゴルフ関連の衣料品及び雑貨等の企画並びにそれらの小売・卸売事業を行っています。
 

スノーボード関連のギア等を中心とするセレクトショップのオープンを発端に、代表取締役社長である松村智明氏がデザインするアパレル商材の企画及び販売により規模を拡大してきたそうです。
 

その後、2008年3月に誕生した主力ブランドであるMARK&LONAが、これまで保守的であったゴルフウェア業界において、個性的で機能性に富んだゴルフカジュアルウェアとして注目を浴びたそうです。
 

そして当該ブランドをはじめとする企画商品の販売を求める日本全国の代理店に対する国内卸事業を皮切りに、国内リテール、国内EC及び海外ECを展開しています。
 

キューブの業績推移
 

キューブ(7112)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,140円
仮条件2,000円~2,140円
公開価格9月28日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約30.7億円です。オーバーアロットメントを含めると約35.3億円になります。
 

このIPOは人気がなさそうですね。ただ利益が出ているため公開価格程度はクリアーしそうです。
 

約5.6億円の利益が2022年12月期は出るみたいですね。でも増収減益なので上場時のイメージはあまり良くないです。
 

キューブ(7112)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数734,000株
売出株数702,000株
公開株式数1,436,000株
OA売出215,400株
引受幹事野村證券(主幹事)
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
楽天証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
このIPOはスルーでいいですね。ゴルフ関連になりコロナで急成長したみたいですが将来性はなさそうです。
 

木村拓哉氏のCM効果で業績も良さそうだけどアパレルは浮き沈みが大きいため買わないことにしています。優待などインカムゲインが見込める銘柄しか興味がありませんからね。
 

そもそも韓国系投資会社が儲かるIPOのためスルーです。
 


 
キューブの会社設立は1994年12月09日、本社住所は東京都港区赤坂二丁目17番7号赤坂溜池タワー、社長は松村智明氏(55歳)です。※2022年9月10日時点
 

従業員数は60人(臨時雇用者8人)、平均年齢36.5歳、平均勤続年数3.08年、平均年間給与約591万円です。
 

キューブ(7112)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
エヌエックスシー・ジャパン合同会社2,540,000株45.02%
松村 智明1,460,000株25.88%
松村 里恵1,200,000株21.27%
コタエル信託株式会社213,600株3.79%
長谷川 和美140,000株2.48%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2023年1月04日)までになりロックアップ解除倍率は設定なしです。VCが筆頭株主なので魅力がありません。いずれ売り圧力にかわるでしょう。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)1,292,900株90.03%
大和証券42,900株2.99%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券42,900株2.99%
SBI証券21,500株1.50%
東海東京証券14,400株1.00%
岩井コスモ証券14,400株1.00%
楽天証券7,000株0.49%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,950円~2,250円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,050円~2,300円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

キューブの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,000円~2,300円
 

デサントを意識していると大手予想に書いてあるが、企業規模が異なるためまだ比較対象とは言えないでしょう。
 

ゴルフは韓国で長きにわたり人気スポーツとなっているため、しばらくは業績期待があると思います。海外売上比率で韓国が31.3%を占めます。
 

元々韓国ファンドが同社に出資しているためあまりイメージが良いIPOとは言えない感じです。業績が好調のため機関投資家の資金が期待できるそうです。
 

個人投資家からは人気が見込めない代わりに機関からの需要が見込めるそうです。どうも信じられないため見送りも視野に入れています。前期6.8億円で今期5.6億円の純利益だが無配なので保有する意味が感じられません。
 

そのうち株主優待の設定はあると思いますが、高級ゴルフブランドのためあまり期待しないほうが良さそうです。
 

韓国では自国でゴルフを楽しむよりも、日本にゴルフ旅行に来たほうが安く済むとテレビで言っていたため上場タイミングはいいと思います。日本のゴルフ場が安いため買い漁る報道もありましたからね。
 

キューブ(7112)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2020年4月20日~2028年4月19日26,800株
発行価格768円
2020年4月20日~2028年4月19日5,400株
発行価格768円
2023年12月25日~2031年12月24日56,000株
発行価格1,931円
2022年2月11日~2032年2月10日213,600株
発行価格1,934.5円

 
ロックアップは90日間で解除倍率設定なしです。海外事業からの収益もありグローバル企業と言えます。
 

そもそもIPOでは人気が低い業種なのでアパレルはどうでしょうか?この株を買うくらいならゼビオとかアルペンとか優待と配当がある株を買えばいいのでは?と思っています。
 

個性的なデザインや機能性が売りみたいですけどね。まあゴルフをあまり好まないためそう思うのかもしれません。たまにグリーンに出ますけどね。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の6,074,000株から算出すると想定価格ベースで約130.0億円になります。
 

大手ではアパレル関連で強気な株価設定と考えているみたいなので市場とのずれがあるかもしれません。想定発行価格算出でPER20.9倍です。
 

アパレル系でPER20倍なら上値はなさそうですね。ZOZO(3092)でも25倍です。アルペンとかだと16倍程度ですからね。
 

DMM.com証券の証券口座を開設すると株式新聞を無料で見れるようになります。1年間52,800円(税込)の料金が無料なので投資に興味があればお得です。
 

IPOの初値予想も無料で見れますからね。株式情報全般ももちろん無料購読可能です。無料で見れる手順を記事にしてみました!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ