【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

【評価】イーウェル(eWeLL)IPOの上場と初値予想

イーウェル(eWeLL)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券が引受けます。
 

上場規模は約23.1で公開株数1,383,500株、オーバーアロットメント207,500株です。想定発行価格は1,450円になっています。
 

イーウェル(eWeLL)IPOの上場と初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日9月16日
BB期間9月01日~9月07日
企業ホームページhttps://ewell.co.jp/
事業の内容在宅医療分野における業務支援事業(訪問看護ステーション向けSaaS型業務支援ツール(電子カルテシステム「iBow」)等を提供する事業、診療報酬請求業務を代行する「iBow事務管理代行サービス」など)

 

イーウェル(eWeLL)IPOの業績と事業内容

イーウェルは「ひとを幸せにする」をミッションに掲げ、「私たちは在宅療養に新しい価値の創造を行い、すべての人が安心して暮らせる社会を実現します」をビジョンとしています。
 

地域における在宅療養を支えている訪問看護ステーション向けに業務支援SaaSとして、オペレーション業務を網羅したクラウド型「訪問看護専用電子カルテiBowをサブスクリプションで提供するクラウドソフトウエア事業を行います。
 

イーウェル(eWeLL)IPOの業績推移
 

イーウェル(eWeLL)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,450円
仮条件1,500円~1,700円
公開価格9月08日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約20.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約23.1億円になります。
 

上場規模が業績比較で大きめだと思います。サブスクリプションやSaaSから高く評価されているのかもしれません。
 

イーウェル(eWeLL)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数50,000株
売出株数1,333,500株
公開株式数1,383,500株
OA売出207,500株
引受幹事大和証券(主幹事)
野村證券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
極東証券
委託見込 DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
大和証券狙いのIPOとなっているため申込んでみます。昔に比べるとネット抽選比率が下がったのでコネクトを利用して当選確率を上げるしかありませんね。
 

売上の規模は大きくありませんがサブスク収益が魅力です。赤字から黒字に転換しているためIPOでも人気だと思いあmス。
 


 
イーウェルの会社設立は2012年6月11日、本社住所は大阪市中央区備後町三丁目3番3号、社長は中野剛人氏(48歳)です。※2022年8月13日時点
 

従業員数は64人(臨時雇用者0人)、平均年齢36.8歳、平均勤続年数2.9年、平均年間給与約461万円です。
 

イーウェル(eWeLL)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
中野 剛人2,962,500株39.15%
北村 亜沙子1,239,000株16.37%
住友商事株式会社1,033,500株13.66%
合同会社RSPファンド6号979,500株12.94%
島田 亨412,500株5.45%%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年3月14日)までになり、ロックアップ解除倍率設定はありません。VCの一部は売出株として株式を売却予定です。上場企業の保有株だと住友商事やシグマクシス・インベストメントの名前があります。

また新株予約権の対象となる多くの方が普通株式の売却等を行わないと合意しています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(主幹事)1,289,900株69.99%
野村證券484,200株26.27
SBI証券27,600株1.50%
松井証券13,800株0.75%
マネックス証券13,800株0.75%
極東証券13,800株0.75%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,650円~2,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,000円~2,600円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

イーウェルの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,800円~2,500円
修正値2,500円~3,000円
 

企業規模は小さいがしっかりと利益を上げていることも仮条件の引上げにつながったのか?仮条件上限が1,700円までアップし吸収金額36.0億円で時価総額118.0億円まで拡大します。
 

PER32.2倍まで上昇し機関投資家人気が凄いようです。これを信じると初値売却で10万円くらいは利益が見込めそうです。
 

そんなに人気になるようなIPOではない気がする。同社のアイボウの価格は高めに設定されているみたいなので収益率はよさそう。ただ競合に顧客を奪われる可能性もある。
 

機関投資家が参加してくるなら個人投資家も積極的参加でしょう。割れないと考えとりあえず全力申込かな。
 

イーウェル(eWeLL)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2016年6月01日~2024年4月30日361,500株
発行価格7円
2017年9月01日~2026年8月09日32,000株
発行価格1,530円
2017年7月07日~2024年6月30日6,800株
発行価格2,900円
2022年1月01日~2029年11月30日66,225株
発行価格201円
2022年12月01日~2030年10月31日250,050株
発行価格242円

 
ロックアップは180日間でロックアップ解除倍率なし、ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

466,525株が上場時点で行使期限に入るようです。ただ新株予約権の売却は限定されそうです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の6,939,500株から算出すると想定価格ベースで約100.6億円になります。
 

時価総額が100億円を想定で超えているため機関投資家のターゲットになれば面白いです。続くIPO次第だと思いますけどね。
 

初値2倍は厳しいでしょうが1.3倍~1.5倍くらいは狙える可能性がありそうです。まず、EPSを調べないといけませんね!
 

Funvest(ファンベスト)に口座開設するとAmazonギフト券が1,000円分貰えます。私も投資をして2,500円分+アルファーのアマギフを頂きました!
 

海外や日本のファンドに投資できます。大和証券グループなので投資先としては安心できると思います。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ