【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトはPR記事を含みます

【評価】Liberaware(218A)IPOの上場と初値予想

Liberaware(218A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約10.7億円で公開株数3,144,900株、オーバーアロットメント471,700株です。想定発行価格は295円になっています。
 

Liberaware(218A)IPOの上場と初値予想
 

業 種精密機器
上場市場グロース市場
上場日7月29日
BB期間7月11日~7月18日
企業ホームページhttps://liberaware.co.jp/
事業内容屋内狭小空間点検ドローン「IBIS」をベースにしたドローン等の開発と、点検サービス、ドローンのレンタル・販売、及びドローン等で収集したデータの処理・解析するサービスを提供

 

Liberaware(218A)IPOの業績と事業内容

同社は「見えないリスクを可視化する」というビジョンのもと、ドローン・ロボット等(ドローン等)により撮影したインフラ施設・設備等の映像情報を基に、顧客の安全性・生産性向上に資するデータへ加工して提供するソリューションを展開しています。
 

具体的には、ドローン等を軸としたハードウェア技術と撮影画像・映像等の加工・処理・管理といったソフトウェア技術を用い、インフラ施設・設備等へのDXソリューションを提供するインフラDX事業という単一事業を行っています。
 

Liberaware(218A)IPOの業績
 

Liberaware(218A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格295円
仮条件295円~310円
公開価格7月19日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約9.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約10.7億円になります。
 

赤字企業で今期も約4.7億円の赤字みたいですね。マネーゲーム化すれば面白そうです。長く保有する銘柄ではなさそうです。
 

Liberaware(218A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数1,700,000株
売出株数1,444,900株
公開株式数3,144,900株
OA売出471,700株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
楽天証券
松井証券
水戸証券
岩井コスモ証券
極東証券
岡三証券
丸三証券
委託見込岡三オンライン
SBIネオトレード証券
DMM.com証券

 
公開株数が多いため当選期待があります。ただ親引けが大きいみたいなので上限購入だと当選が遠のきそうです。親引け上限1,883,600株でした。
 

会社設立は2016年8月22日、本社住所は千葉県千葉市中央区中央三丁目3番1号、代表取締役は閔弘圭氏(39歳)です。※2024年6月26日時点
 

従業員数は52人(臨時雇用者13人)、平均年齢37.4歳、平均勤続年数2.7年、平均年間給与約793万円です。
 

Liberaware(218A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
閔 弘圭3,446,000株18.30%
BIG2号投資事業有限責任組合2,217,400株11.78%
AI・テクノロジー・イノベーション・ファンド3号有限責任事業組合2,100,000株11.15%
千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合1,390,000株7.38%
みやこ京大イノベーション2号投資事業有限責任組合980,000株5.20%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2024年10月26日)と180日間(2025年1月24日)にわかれています。ベンチャーキャピタルは90日間でロックアップ解除倍率1.5倍です。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)2,922,100株92.92%
SBI証券47,100株1.50%
楽天証券25,100株0.80%
松井証券25,100株0.80%
水戸証券25,100株0.80%
岩井コスモ証券25,100株0.80%
極東証券25,100株0.80%
岡三証券25,100株0.80%
丸三証券25,100株0.80%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 300円~500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 450円~500円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

リベラウェアの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想450円~600円
修正値450円~465円
 

赤字ドローン企業だが人気が見込めるそうです。親引けを引くと実質的な吸収金額が約4.8億円しかなく需給不安がありません。
 

類似企業に比べてドローンが小型化されているためコストも低いようです。現時点での事業規模は小さめですが成長スピードがはやく期待できるそうです。
 

しかし、類似企業の株価がさえない中で何処まで買い進まれるのか不安もあります。公募組の損失はなさそうなので当選を狙いに行く方が多そうです!
 

ドローンベンチャーで黒字化した企業がいないため黒字化すれば注目されそうです。あと2年くらい先みたいですね。
 

ファンド持ち分が多いためロックアップを超えたら売り圧力が高まりそうです。セカンダリーは荷もたれ感がありそうです。
 

Liberaware(218A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2024年2月01日~2031年12月21日112,500株
発行価格65円
2022年6月16日~2034年6月15日1,217,500株
発行価格70.05円
2025年11月02日~2033年10月17日383,000株
発行価格120円

 
ロックアップは90日間と180日間にわかれVC保有株には発行価格の1.5倍でロックアップ解除となります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。1,330,000株が行使期限入りしています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の18,836,700株から算出すると想定価格ベースで約55.6億円になります。
 

IPOに資金流入となればロックアップを外しに行く可能性もありそうです。地合い次第ですね。
 

ヤマワケエステート
 

ヤマワケエステートの利回りが凄すぎてビックリしています。10%以上のファンド組成ばかりなので実際に投資してみました。
 

申込者が多く投資するまで少し時間が掛かりましたけどマジで凄かったです。6月末まで口座開設でアマギフ500円分も貰えるそうです!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ