【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

【評価】ソシオネクストIPOの上場と初値予想

ソシオネクスト(6526)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はプライム市場で主幹事はSMBC日興証券と野村證券が共同で引受けます。
 

上場規模は約1,171.6億円で公開株数11,816,200株、オーバーアロットメント1,772,400株です。想定発行価格は3,480円になっています。
 

この規模のIPOが成功すれば年末IPOも大丈夫そうですね。
 

ソシオネクストIPOの上場と初値予想
 

業 種電気機器
上場市場プライム市場
上場日10月12日
BB期間9月27日~9月30日
企業ホームページhttps://www.socionext.com/jp/
事業の内容ファブレス形態によるSoC(System on Chip)の設計・開発および販売

 

ソシオネクスト(6526)IPOの業績と事業内容

同社グループは、ロジック半導体市場の中で、「ソリューションSoC」という新しくかつ独自のビジネスモデルのもとで顧客にカスタムSoCを開発・提供しているファブレスの半導体ベンダーです。
 

SoCは「System on chip」の略語で、装置やシステムの動作に必要な機能を1つのチップ(半導体)に実装したものです。
 

このSoCのうち、特定の顧客固有に設計されるカスタムSoCを中心に事業を行っています。
 

新しいサービス・製品の差別化のために独自の先端SoCを開発しようとする顧客のパートナーとして、またIP、EDAツール、ソフトウエアからプロセス、アセンブリ、テストに至るまでの最新の技術を提供するサプライヤーと協働して、顧客更にはその先にいる世界中の人々に新しい価値を提供し、豊かな社会を実現することを目指しています。
 

ソシオネクスト(6526)IPOの業績推移
 

ソシオネクスト(6526)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格3,480円
仮条件3,480円~3,650円
公開価格10月03日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約411.2億円です。オーバーアロットメントを含めると約472.9億円になります。
 

グローバルオファリングなので日本国内だけだと約331億円程度になるようです。配当利回りが良いため下値は知れているかもしれません。
 

配当は160円予定されています。
 

ソシオネクスト(6526)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数0株
売出株数11,816,200株⇒ 18,297,300株
※国内11,893,300株、海外6,404,000株
公開株式数11,816,200株⇒ 18,297,300株
OA売出1,772,400株⇒ 2,744,500株
※国内1,783,900株、海外960,600株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
野村證券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
委託見込岡三オンライン証券

 
上場規模が大きいけど参加する方も多くいるようです。悲観的な状況ではないと思いますが外部環境が良くないですね。NY市場の下げが続くと初値買いが増えそうです。
 


 
ソシオネクストの会社設立は2014年9月11日、本社住所は神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目10番23、代表は肥塚雅博氏(70歳)です。※2022年9月14日時点
 

従業員数は2,177人(臨時雇用者0人)、平均年齢49.2歳、平均勤続年数6.7年、平均年間給与約799万円です。
 

ソシオネクスト(6526)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
富士通株式会社14,400,000株39.68%
株式会社日本政策投資銀行13,466,666株37.10%
パナソニックホールディングス株式会社5,800,000株15.99%
肥塚 雅博21,725株0.06%
西口 泰夫21,600株0.06%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年4月09日)までとなっています。ロックアップ解除倍率はありません。そもそも3社しか株式を保有していませんからね。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)4,757,200株40.00%
野村證券(主幹事)4,757,200株40.00%
大和証券1,606,000株13.50%
みずほ証券416,200株3.50%
SBI証券118,900株1.00%
楽天証券118,900株1.00%
マネックス証券118,900株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,300円~3,700円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,750円~4,000円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ソシオネクストの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,400円~4,000円
修正値4,000円~4,500円
 

どうやらソシオネクストのIPOは利益が見込めるようです。仮条件が引上げられ機関投資家需要は高いようです。逆に個人投資家は敬遠するスタンスの方が多そうです。
 

配当金が160円出るけれどインカムゲインよりも業績期待みたいですね。成長が続き業績期待があるようです。
 

海外へのオファリングは30%から35%に拡大しましたが、海外からの需要はあまり期待しないほうがいいみたいです。しかし海外需要でこの手のIPOは初値が上がると思うんですよね。
 

ファブレス半導体ベンダーになるため収益は良いようです。類似企業比較で割安なら買われるパターンなんでしょう。
 

半導体株式の落ち込みはあるけれど、初値利益は多少期待していいみたいです。正直、マジか?と今でも思っています。
 

エルピーダやジャパンディスプレイは個人投資家はめ込みで爆損投資家も出ましたからね。SMBC日興証券でソシオネクストのIPOに申込んでみたら12,000番以上にはなっていました。少ないですね。。
 

ソシオネクスト(6526)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2017年4月23日~2025年4月22日1,064,160株
発行価格2,000円
2018年7月21日~2026年7月20日39,240株
発行価格2,472円
2019年7月25日~2027年7月24日50,400株
発行価格2,564円
2018年8月01日~2025年4月22日21,600株
発行価格2,000円
2020年7月26日~2028年7月25日1,258,660株
発行価格2,564円
2021年7月30日~2029年7月29日41,575株
発行価格2,564円
2022年7月23日~2030年7月22日84,405株
発行価格2,564円
2023年3月25日~2031年3月24日65,310株
発行価格2,564円

 
ロックアップは180日間で解除倍率はなしです。初値で利益が出るのかわかりませんけど面白いIPOです。
 

普通のIPOとは異なりローカルです。基本的に寄せ集め事業なので魅力は薄いけど配当金目当てだと面白そうです。業績絶好調ですしね。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の33,666,666株から算出すると想定価格ベースで約1,171.6億円になります。
 

普通に考えて大丈夫なのか?と思っています。でもなんだかんだで市場からお金を吸収してしまいそうです。
 

キオクシアホールディングスIPOどうなった?と思い出しました!
 

クラウドバンクに1万円投資をすると2,500円分の楽天ポイントが貰えます。昨日投資を行って気が付いたことがあります。
 

ログインするだけで楽天ピントが1ポイント貰えました。365ポイントいただきですね!それは無理だけど嬉しいサービスです。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ