【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】スマサポ(9342)IPOの上場と初値予想!セカンダリー期待?

スマサポ(9342)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はみずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約2.5億円で公開株数290,000株、オーバーアロットメント43,500株です。想定発行価格は760円になっています。
 

仮条件範囲が720円~800円と発表され吸収金額が最大で約2.7億円に決定しています。
 

スマサポ(9342)IPOの上場と初値予想
 

業 種サービス業
上場市場グロース市場
上場日12月29日
BB期間12月13日~12月19日
企業ホームページhttps://www.sumasapo.co.jp/
事業の内容不動産管理業界に向けた複数ソリューション提供と入居者アプリ「totono」を活用したDX推進事業

 

スマサポ(9342)IPOの業績と事業内容

同社は不動産管理会社向けソリューション提供事業を展開しています。
 

特徴として、不動産管理会社と入居者のコミュニケーションを活発化させることで、不動産管理会社がこれまで得られなかった収益を得ることや貼り紙や電話での連絡によるコミュニケーションをデジタル化することで不動産管理会社の業務負担を改善することにあります。
 

提供サービスは不動産管理会社向けソリューションサービスと新電力サービスです。
 

現状の売上構造の大半はスマサポサンキューコールが占めていますが、将来的に入居者アプリ「totono」を核とした種々のサービス提供を企図しています。
 

スマサポ(9342)IPOの業績推移
 

スマサポ(9342)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格760円
仮条件720円~800円
公開価格12月20日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約2.2億円です。オーバーアロットメントを含めると約2.5億円になります。
 

上場規模が小さいため投機資金が入ると思います。公開価格超えは簡単でしょう。事業内容的にはIPOとして盛り上がりに欠けると思います。
 

スマサポ(9342)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数150,000株
売出株数140,000株
公開株式数290,000株
OA売出43,500株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
岡三証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券

 
申込むだけ申込んでみたいと思います。当選は難しそうなのでネット組は特に厳しいでしょう。当選したらありがたく頂きます。
 


 
スマサポの会社設立は2012年4月18日、本社住所は東京都中央区日本橋三丁目6番2号、社長は小田慎三氏(53歳)です。※2022年12月16日時点
 

従業員数は63人(臨時雇用者11人)、平均年齢33.8歳、平均勤続年数2.4年、平均年間給与約425万円です。
 

スマサポ(9342)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社CABO DA ROCA790,000株33.31%
太田 卓利583,300株24.59%
大東建託パートナーズ株式会社140,000株5.90%
Hamagin DG Innovation投資事業有限責任組合116,700株4.92%
小田 慎三102,300株4.31%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間((2023年6月26日)と90日間(2023年3月28日)があり、どちらもロックアップ解除倍率設定はありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)/td>

232,000株80.00%
大和証券34,800株12.00%
SBI証券5,800株2.00%
松井証券5,800株2.00%
マネックス証券5,800株2.00%
岡三証券2,900株1.00%
楽天証券2,900株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,600円~2,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,000円~2,400円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

スマサポの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~2,000円
修正値1,800円~2,000円
 

2022年最後のIPOなので初値3倍くらいは期待できそうです。短期資金が向かうと思いますが乱高下あたりまえ状態でしょう。
 

受渡日が翌年になるイレギラー日程みたいです。ここ2年くらいありますよね。
 

業績水準が低く利益率も低いため盛り上がった後の下げも早そうです。セカンダリーはリスクがありそうなIPOだと思います。だんだんと投資をする人が減るため状況次第でしょうね。
 

さわりたくないので初値後は不参加かな。
 

スマサポ(9342)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年4月01日~2031年3月31日160,000株
発行価格1,000円

 
ロックアップは180日間と90日間で解除倍率設定なしです。需給不安は全くないと思います。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。160,000株が行使期限入りしていました。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,361,700株から算出すると想定価格ベースで約17.9億円になります。
 

初値2倍は軽く超えてくると思うので、上場翌日の大納会で初値が決まるパターンになるかもしれません。どれだけ参加者がいるのかわかりませんが毎年最後のIPOは盛り上がっています!
 

運に任せて当選できればと考えています。無理でしょうけどね。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ