【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】ELEMENTS(エレメンツ)IPOの上場と初値予想!期待できそう

ELEMENTS(エレメンツ)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はみずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約6.8億円で公開株数4,538,200株、オーバーアロットメント680,700株です。想定発行価格は150円になっています。
 

仮条件は150円~160円に決定し吸収金額が最大で約8.4億円になっています。時価総額は約32.2億円です!
 

ELEMENTS(エレメンツ)IPOの上場と初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日12月27日
BB期間12月12日~12月16日
企業ホームページhttps://elementsinc.jp/
事業の内容生体認証・画像解析・機械学習技術を活用した、オンライン本人確認サービス「LIQUID eKYC」等の個人認証ソリューションと、衣食住における個人最適化ソリューションの開発・提供

 

ELEMENTS(エレメンツ)IPOの業績と事業内容

同社グループは、ELEMENTSと国内の連結子会社3社(株式会社Liquid、株式会社MYCITY、株式会社IDEAL)、持分法適用関連会社1社(株式会社SYMBOL)、国外の持分法非適用関連会社1社(PT. Indoliquid Technology Sukses)により構成されています。
 

事業は「個人認証」と「個人最適化」の2つのソリューションに区分されています。
 

個人認証ソリューションで「あなたは誰か」を証明し、個人最適化ソリューションで衣食住における「あなただけの服」「あなただけの店舗」「あなただけの居場所」を実現する取り組みを続けています。
 

ELEMENTS(エレメンツ)IPOの業績推移
 

ELEMENTS(エレメンツ)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格150円
仮条件150円~160円
公開価格12月19日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約6.8億円です。オーバーアロットメントを含めると約7.8億円になります。
 

大幅なダウンラウンド案件となっているため初値利益が逆に見込めるようです。VCの処分売りだと考えられます。
 

ELEMENTS(エレメンツ)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数50,000株
売出株数4,488,200株
公開株式数4,538,200株
OA売出680,700株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
SBI証券
大和証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
eKYC関連で初物らしいが業績が酷いですね。それに売出株になりイメージが良くないです。
 

VCが処分売りするような価格で上場させるのは割きりなのだろうか?某紙によればeKYCには欠陥があるとされています。そのため処分する訳ではなかろうが気になりますね。
 

ELEMENTSの会社設立は2013年12月24日、本社住所は東京都千代田区大手町一丁目6番1号、代表は久田康弘氏(37歳)です。※2022年12月14日時点
 

従業員数は58人(臨時雇用者11人)、平均年齢36.8歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与約627万円です。
 

ELEMENTS(エレメンツ)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
久田 康弘7,800,000株34.41%
UTEC3号投資事業有限責任組合2,166,700株9.56%
株式会社BOC1,560,000株6.88%
加藤 寛之1,000,000株4.41%
山谷 明洋1,000,000株4.41%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年6月24日)で解除倍率設定はありません。また、ベンチャーキャピタル等に対しては90日間(2023年3月26日)で発行価格1.5倍以上だとロックアッが解除されます。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)4,084,400株90.00%
SBI証券317,700株7.00%
大和証券136,100株3.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 200円~300円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 250円~350円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ELEMENTSの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想200円~300円
修正値300円~350円
 

VCが処分するような形式でIPOをさせるのは問題ないのか?なんて思ってしまうIPOです。
 

それよりも赤字覚悟で株式を放出する謎の上場なんですよね。IPOとしては儲かりそうなので全力参加にしています。
 

2022年のうちに処分してしまおうと考えているんでしょうか。IPOで儲かったらさわりたくない銘柄かもしれません。みずほ証券だと複数単元なので美味しそうです。
 

初値2倍とか期待できそうな雰囲気です!
 

ELEMENTS(エレメンツ)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2018年3月24日~2026年3月23日617,000株
発行価格100円
2018年6月01日~2026年5月31日214,000株
発行価格100円
2016年12月01日~2026年11月30日156,000株
発行価格120円
2018年11月23日~2026年11月22日125,000株
発行価格120円

※大量にあるため省略しています
 

ロックアップは180日間と90日間になります。90日間分にだけ解除倍率1.5倍設定です。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。調べると1,581,600株が上場時に行使期限に入るようです。潜在株式数は2,620,700株でした。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の20,096,700株から算出すると想定価格ベースで約30.1億円になります。
 

問題のIPOだと思うけれど人気が見込めれば良いかな~と楽観視しています。上場後に上向くのかは全くわかりません。
 

VCが売り抜けるというよりも処分しているだけだと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ