【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイト限定タイアップ特典でアマギフ4000円分をプレゼントしてます!

DMM FXタイアップ


「モイIPOに当選」クリアルIPOは補欠当選!ポイント利用で100株当選はきつい

モイ(5031)IPOに当選しました。今年はIPOによる利益がかなり低いけど何とか利益は出ています。
 

10万円位は出ていると思います。ただしVC案件が2022年は全滅なので当選銘柄は少ないです。
 

早くVC案件にも資金が入るように相場が回復すれば良いですよね。まだ上半期中にIPO承認があると思いますけど今のままだと厳しそうです。
 

VC売出し案件はことごとく上場中止(延期)になりましたからね。
 

モイIPO当選
 

モイIPOは300株当選になると考えてポイントを使ってしまいました。多くの方が同じパターンだったみたいです。
 

モイのSBIチャレンジポイントのボーダーラインは135Pくらいだったようです。
 

そしてクリアルは補欠当選でした。こちらはノーポイントですけどスッキリしません。またSBI証券のIPOチャレンジポイントのボーダーラインは250Pだったようです。
 

クリアルは200株配分を狙って400Pくらい突っ込んだ方もいたようですね。SBI証券の複数株当選はなくなったのか?なんかこのあたりも微妙です。
 

過去には絶対100株配分だと思ったら300株配分だった銘柄もあります。IPOチャレンジポイントをばらまいたりしたので引き締めの方向かもですね。
 


 


 

それにTwitterで当選者を確認しているとダブルで当選している方もいますね。何でそんなに運が良いのか?なんて自分を責めたりします。
 

仕方がないので上場日まで妄想で楽しむしかないですね。
 

モイは公開価格470円に対して初値予想が600円~700円、クリアルは公開価格930円に対して初値予想が1,000円~1,200円です。
 

どっちもこのままだと利益が低いのでヤバイですね。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

IPO取扱いネット証券

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ