DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに新規口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,000円分が貰えます。

ユニコーンAmazonギフト券1,500円キャンペーン


ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!


コロナで上場企業のレナウンが上場廃止!民事再生法適用で引受先あるの?

コロナウイルス感染症の影響が世界に広がる中で日本でも東証1部に上場するレナウン(3606)が倒産となりました。老舗アパレルメーカーでしたが業績が苦戦していたため売上が伸びず民事再生手続を開始します。
 

CMの記憶はありませんが、レナウンと連発するCMのインパクトが先行し言葉だけは知っています。YouTubeで確認してみると音程や言葉だけ知っていましたが、CM内容は覚えていませんでした。
 

レナウン民事再生法適用で実質的な倒産
 

負債総額は2020年3月21日付で約138.79億円になっています。親会社は中国の山東如意科技集団有限公司になっています。
 

「ダーバン」や「アクアスキュータム」などが有名な企業で紳士服ブランドに取り組んでいた企業です。昔の動画を見ると現在の企業イメージとかけ離れている気がします。
 

業績は下降傾向で前期の2019年12月の赤字が凄いですね。決算期変更と親会社が運営するグループ会社の売掛金引当などで67.42億円の赤字を出しています。企業規模から考えると倒産まじかだとわかるような数字です。
 

株主は辛いと思いますが倒産発表前の株価は78円です。そしてPTS取引では大きく下げストップ安の48円となっています。これから1円に向かっていく可能性がありますね。
 

ただし子会社のレナウンエージェンシーが民事再生法の適用を申し立てているので引受先が決まれば株価が動くかもしれません。アメリカでも百貨店が潰れたり、アパ列系の企業が潰れたりしています。
 

日本もこれから潰れるアパ企業が出てくると思います。上場していなければ投資家が被害を出すことは少ないと考えられますけど、どの企業が倒産するのか怖いですね。
 

2020年4月に日本国内で倒産した大手企業だとエターナルアミューズメント、WBFホテル&リゾーツ、旭東電気、ロイヤルオークリゾートなどの名前が出ています。
 

東京商工リサーチでコロナ倒産件数を確認してみると5月08日現在で128件になっています。
 

【東京商工リサーチ】

5月8日17時現在、「新型コロナ」関連の経営破たんは全国で128件(倒産87件、弁護士一任・準備中41件)に達した。「新型コロナ」関連の経営破たんは、2月2件、3月23件にとどまったが4月に入り84件に急増。5月も1日5件、7日6件、8日8件と月間100件ペースで増勢が続いている。

 
もしかしたら2020年5月は100件以上の倒産が出てくる可能性がありますね。それに怖いのは6月です。
 

5月は新型コロナ緊急事態宣言解除になった地域が多いと思います。しかし、インバウンドや飲食事業は完全に収益が戻るわけではないと考えられるので5月に耐えて6月にさらに状況悪化になるかもしれません。
 

コロナ感染症の2次感染がいつ起きやもしれない状況なので油断できません。
 

レナウンは1902年に創業しているので118年もアパレル業界を引っ張ってきた企業です。時代の流れについていけないのか売上がここ数年落ち続けていました。株主優待こそありましたけど無配で保有している意味があまりない株と言えたかもしれません。
 

そんなアパレル列系の上場会社はレナウン以外にもありますよね。業績が振るわず頑張っていたけど今回のコロナで経営破綻(倒産)を考えている経営者は多いのかもしれません。
 

レナウン株価推移
 

上記チャートはレナウンの過去30年間の株価推移です。厳しい環境が続いていて株価回復の見込みがなく経営破綻なのかな?と長い歴史に幕を閉じていくようです。
 

100年以上続いた企業なので倒産する悲しさがありますね。せめて日本の企業が親会社なら良かったと思いますが、親会社に問題アリアリの企業でしたよね。百貨店で販売していてもネット系に押され時代の変化に対応できなかった会社です。
 

保有している企業も業績悪化で株価が下げています。有利子負債が低くてもどこまで耐えられるのか不安ですね。優待を無くしたり、配当を無配にしても良いから再建してほしい企業は沢山あります。
 

ファンディーノでAmazonギフト券1,000円貰えるキャンペーンやっています!日本で投資型クラウドファンディングを行う企業で最大規模の企業です。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ