IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンとZUU onlineの会員登録を行うとAmazonギフト券1,000円分が貰える!ZUU online会員の方もキャンペーン対象です。

ユニコーンとZUU onlineキャンペーン第二弾


⇒ ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!!


ALiNK(アリンク)インターネットとテクノフレックスIPOの幹事配分と業績予想!

ALiNK(アリンク)インターネットの幹事配分と初値予想がわかりました。積極的に参加してよいみたいなので狙っていきましょう!
 

天気予報専門サイトの「tenki.jp」を運営し、「Yahoo!天気・災害」「ウェザーニュース」などの大手メディアにも情報を提供しています。ただデメリットもあるようです。
 

ALiNK(アリンク)インターネット幹事配分と初値予想
 

幹事団 引受け株数 割合
野村證券(主幹事) 475,100株 94.04%
SMBC日興証券 10,100株 2.00%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券 5,000株 0.99%
SBI証券 5,000株 0.99%
岡三証券 5,000株 0.99%
エース証券 5,000株 0.99%
岡三オンライン証券 委託決定! -%
au カブコム証券 委託決定! -%

 
野村證券主幹事になり94.04%を占めています。SMBC日興証券あたりまで期待できそうですけれど三菱UFJ・モルガンスタンレー証券以下の平幹事では配分が厳しそうです。5,000株の引受けだとネット配分しない企業もあるでしょう。
 

店頭系だと配分数が少ない場合にネット配分しない企業もあります。岡三証券は委託販売で岡三オンライン証券での取り扱いが行われるようです。前受け金不要なのでとりあえず申し込みをしておきたいと思います。誰かに当選しているはずですよね。
 

2020年2月本決算では単独予想の売上げが6.9億円と前期比と同じ数値になっていることから頭打ち感があります。経常利益は2.9億円を予想し前期3.4億円から15%程下がるようです。上場期に減益はイメージが悪いです。
 

比較企業は東証1部上場のウェザーニューズ(4825)になると思います。明星電気(6709)あたりも気象や防災観測機器を取り扱うため参考になるかもしれません。
 

ウェザーニューズのPERが25.35倍でALiNKインターネットのPERが想定発行価格1,470円計算で15.89倍となります。上値余地はありそうです。ちなみに明星電気は35.86倍でした。PERは2019年11月12日算出となります。初値予想は2,800円~3,500円と利益が大きく見込めそうです!
 

ベンチャーキャピタル出資はなく売出株が少し多くなっているIPOです。今期売上が前期並みとなっていることから個人的な評価も少し下がっています。それでも従業員9人で6.9億円の売上げはサイトの力があるからでしょう。売上の殆どがアドネットワーク(広告)収入なのは危険な気もします。
 

上場だけを考えると他に魅力的なIPOが少ないことから人気化するのでは?と考えられています。ALiNKインターネットの事業や売上、株主構成などについては下記記事にまとめています。
 

⇒ ALiNK(アリンク)インターネット上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

テクノフレックスIPOの幹事配分と業績予想の状況!

テクノフレックスIPOの幹事配分と初値予想についても調べました。こちらはALiNKインターネットと同日上場になるためもしかすると個人投資家の買いが見込めないかもしれません。
 

東証2部への上場になり売出株が全体の91.5%にもなります。ベンチャーキャピタル出資も多く印象は良くないです。
 

テクノフレックスIPO幹事配分と初値予想
 

幹事団 引受け株数 割合
大和証券(主幹事) 1,927,000株 82%
野村證券 282,000株 12%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券 47,000株 2%
みずほ証券 47,000株 2%
SMBC日興証券 47,000株 2%
au カブコム証券 委託見込 -%

 
大和証券が82%を引受けます。野村證券が12%でそれ以下が2%です。2%でも47,000株あるため株数が多いようです。
 

ベンチャーキャピタル保有は1,687,500株あるようです。ロックアップは掛かっていますが発行価格の1.5倍以上になると市場に出てくる株があります。1.5倍まで上昇することはないと思われるため上場から90日間と180日間以降は気を付けたほうが良いでしょう。
 

2019年12月の連結予想は減収増益になるようです。売上が192億円なので前期と比較した場合に3.2%程落ち込みます。四半期利益は16.9億円を予想し前期から3.6億円程増え26.6%増となります。
 

配当が38円用意されていることで配当利回りが4.37%と高めになっています。12月末決算なので保有していれば配当も貰えます。想定発行価格870円からPERを計算すると約9.25倍なので若干割安だと考えられます。
 

東証2部上場の恵和(4251)の初値が上昇率33.25%だったことを考えると少し期待できそうです。最新の初値予想は900円~1,000円と前向きです。
 

成長性は感じられず既に事業も横ばいになるようなので将来性は描きにくそうです。ただ地味に利益を出し続けることはできそうですね。業績や株主構成などは下記記事でまとめました。
 

⇒ テクノフレックス上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

2019年12月上場は吸収額が大きいIPOが続くので判断に困ります。テクノフレックスは12月10日上場になりALiNKインターネットとSOSiLA物流リートの3社同時上場です。当選しやすいけれど利幅は狭そうですね。
 

公開価格割れだったら長期保有でよさそうです。もしくは権利日前に上昇すると思うのでバイアウトするかですね。またお得感を得るためにSBIネオモバイル証券をまだ使っていない方はお勧めです。株を買うために支払う手数料はわずか20円(税込み)ですからね。
 

50万円以下の売買で色々と楽しめるため毎月株を購入しています。余っているTポイントで株が買えるのでお勧めです。数百円分のポイントが貯まっていれば株が買えます!数10円でも買える株はありますけどね。詳細は下記記事でまとめました。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

このページの先頭へ