IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
トライオートFXのタイアップキャンペーンで「Amazonギフト券2,000円」が上乗せになりました。実際に運用しているけどプラスで推移です!

トライオートFXタイアップキャンペーン


インティメート・マージャーとセルソースIPOの幹事配分と業績予想【初値予想もしっかり】

インティメート・マージャーとセルソースIPOの幹事配分と業績について調べてみました。どちらの銘柄も人気化する予想がすでに出ているので是非当選したいところです!
 

しかし株数がどちらも多いとは言えないため当選確率は低そうです。どうでもいい銘柄ばかりが当選する流れは今も昔も変わらないですね。
 

インティメート・マージャー幹事配分と業績予想
 

幹事団 引受け株数 割合
みずほ証券(主幹事) 234,000株 90.00%
SMBC日興証券 7,800株 3.00%
SBI証券 2,600株 1.00%
マネックス証券 2,600株 1.00%
いちよし証券 2,600株 1.00%
岩井コスモ証券 2,600株 1.00%
岡三証券 2,600株 1.00%
岡三オンライン証券 委託販売
香川証券 2,600株 1.00%
極東証券 2,600株 1.00%

 
みずほ証券が90%を引受けているため他の証券会社は千株単位の配分率しかありません。これってもうみずほ証券以外は当選が難しいと言っているようなものでしょう。
 

仮条件が発表され1,700円~1,900円に決定しています。親子上場なので主幹事が少し警戒したのかもしれませんね。業種的に高PERなので違和感はありませんでしたが機関投資家のリサーチでは割高判断だったようです。
 

安く買えることは良いことなのでIPO投資家は資金効率が良いなります。だからと言って当選はできませんが爆益予定なので気になります。
 

初値予想は7,000円~10,000円になっているので大台の1枚100万円超えも?と期待感がかなりあります。公開株数が260,000株でOAが29,000株なので激選となります。プラチナ株と言ってよいでしょう!
 

詳しいことは下記記事でまとめています。VCが多いので初値予想を信じて良いのか微妙ですよね。

インティメート・マージャー上場とIPO初値予想【裏情報や独自評価あり】
 

セルソースIPOの幹事配分と業績予想につていもまとめてみた!

セルソースも黒字バイオとしていい感じに盛り上がっているようです。業績も好調に推移し一応再生医療支援ベンチャーになります。売上が自由診療を対象としているため公的医療保険が適用されないことは少し心配です。
 

セルソースIPOの幹事配分と業績予想
 

幹事団 引受け株数 割合
みずほ証券(主幹事) 427,200株 89.00%
野村証券 21,600株 4.50%
SMBC日興証券 14,400株 3.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 9,600株 2.00%
カブドットコム証券 委託販売
SBI証券 7,200株 1.50%

 
取扱い企業もクリニックになっている事と形成や美容医療などを対象とした事業がメーンとなっています。再生医療と言えば赤字バイオや日本が目指す構想などを思い浮かべますが同社は微妙に異なります。
 

IPS細胞とかES細胞とか全く関係ありません。ステムリム(4599)の再生誘導医薬開発ともかけ離れています。ただ黒字のインパクトは投資家に好印象でしょう。
 

初値予想は4,000円~6,000円と初値2倍にはなりそうです。上場規模も12.3億円なので公開価格割れにはならない見込みが強いです。詳細は下記記事でまとめました。

セルソース上場とIPO初値予想【バイオ黒字IPOは買い上がるのか?独自評価あり】
 

どちらもみずほ証券主幹事なので支店経由で申し込んでみます。それでも配分はないでしょうけどやるだけやるしかありません。セルソースだと株数が少し多いため担当者とコネクションがあれば配分も?支店口座も激戦なので基本厳しいでしょうけどね。
 

IPO投資は盛り上がるときに当選すると思わぬ利益を得ることが出来るためチャンスを生かしたいです!
 

1年間申込続ければ何かに当選できるのでそろそろ大きな利益が来てもよさそうです。年末にIT系でバラマキ銘柄でも来ればチャンスです。
 

DMM.com証券がついにIPO株を取り扱う! 限定キャンペーンが凄い
⇒ DMM.com証券(DMM株)公式

DMM.com証券(DMM株)案内

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ