DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモIPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ユニコーンに新規口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,500円分が貰えます。「unicorn9」というキャンペーンコード入力で500円が当サイト限定で上乗せ!!

ユニコーンAmazonギフト券1,500円キャンペーン


ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!


ソフトバンクのIPO申込番号から全プレ状態なんじゃないかな?

ソフトバンク(9434)の申し込みを行っていて気が付いたんですが、SMBC日興証券の申込番号の増加が途中で勢いが無くなっています。14万番辺りまで勢いよく増えていましたが、そこから伸びなやんでいます。現在のリアル番号は18万番を超えていますが、果たして売り切れはあるのだろうか?
 

ただ全プレと思っていても今までの申し込みで番号と当選者が一致するようなことはないと感じています。申込者が少なく全プレだと思った銘柄でも落選者が沢山いたことがあります。支店経由の抽選などがあるのかもしれません。特にネットで配分できなさそうな銘柄にこの現象が多い気がします。ただの勘違いかもしれませんが何となくそう思っています。 

ソフトバンク申し込み状況
 

幹事団引受け株数
野村證券(共同主幹事)358,820,000株
大和証券(共同主幹事)286,314,000株
SMBC日興証券(共同主幹事)229,079,600株
みずほ証券(共同主幹事)229,079,600株
SBI証券(共同主幹事)105,476,500株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)178,981,800株
岡三証券10,990,100株
東海東京証券10,990,100株
岩井コスモ証券8,278,300株
水戸証券6,851,000株
西日本シティTT証券999,100株
松井証券570,900株
マネックス証券570,900株
あかつき証券285,500株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

SMBC日興証券の引受け株数は229,079,600株と予想されています。インターネットに配分される株数は22,908,000株(約10%)になるため、100株配分だと229,080人に配分が行われます。
 

現在の申込番号が180,000番あたりなので全プレ状態だとわかります。しかし、今回も全プレにはならず3人に2人くらいの当選者なのではないかと考えます。50%の確率で当選もしくは落選まではないでしょう。支店ではものすごく人気があるらしく配分されない方も出てきているそうです。結果どうなるのかわかりませんが、支店引受けベースでは全プレがないとも言われています。
 

某媒体では初値が1,900円とも書かれているため申込者が殺到しているのかもしれませんが、仮条件1,500円から400円も上がるとは考えにくいです。煽っているだけかもしれませんが、公募に漏れた方が初値買いしてくるとも思えません。インデックス買い需要などがありファンドが買ってくると言っていますが、1,900円は無理でしょうね。
 

様々な情報から初値1,600円が妥当のようです。某情報が厳しい意見の反面、他の情報では意外と楽観視していいるように思います。どうなるのか全く予想できませんが、当選できないことはないでしょう。1億円単位で確約を貰っている資産かも多いそうです。
 

マネックス証券からの申し込みなどは積極的に行っています。完全平等抽選ですが、ネット証券だとキャンセルも可能です。前受け金不要の松井証券からの申し込みも行っています!前受け金不要の企業は下記記事にまとめました。
 


 
ブックビルディングは12月07日になっていますが、証券会社によっては12月06日に締め切られるため申し込みは明日中に行っておいたほうがよいと思います。後期型抽選のau カブコム証券からの申し込みは配分が思うように取れなかった場合に申し込みを行います。岩井コスモ証券も同じスタンスです。
 

SBI証券からの申し込みは複数配分が今回は期待ができそうです。IPOチャレンジポイントを使わなくても複数当選は可能でしょう!最終的にどうなるのかわかりませんが、支店ではかなり人気なのでネット配分予定数を変更し支店で個人投資家に向けた抽選が行われることも考えられそうです。
 

証券会社によるルールが異なるため難しいですが、全プレなのかどうかは不明です。ただ先ほど申し込んだ感じだとSMBC日興証券は期待ができそうです。
 

tileltuku ソフトバンク(9434)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

2 Responses to “ソフトバンクのIPO申込番号から全プレ状態なんじゃないかな?”

  1. 桃茶 より:

    今更ですがごめんください…
    ソフトバンクが全プレでなかったことは確かです。
    私は数社から申し込んで全部落選でしたから。。。
    ちなみにIPOを始めてから1年半近く、20社近い証券口座を駆使し、ほぼすべてのIPOに申し込みまくってきましたが、
    いまだただの一つも当選したことがありません。
    体感的には宝くじより当たらないという印象です。
    宝くじなら毎回買っていれば年に一度ぐらいは3000円当たりますから…

    • ジゲン より:

      >桃茶さん

      コメントありがとうございます。落選続きということでモチベーションが下がると思いますが申込続けるしか方法はありません。せめて主幹事からの申込を徹底して行えば当選できると思います。リートIPOを狙ってみると当選確率が高いと思います。利益は見込めませんけれどIPOが当選するとモチベーションの回復になると思います。

      結構コンスタンスに当選できる方が多い気がしていますが当選しない方もいるのは事実です。今年こそ30万円利益を狙って当選しましょう!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ