岡三オンライン証券タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
マネックス証券IPO 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【3,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップセンター

スプリックス(7030)と国際紙パルプ商事(9274)IPOは当選しやすい!

スプリックス(7030)と国際紙パルプ商事(9274)のIPOに当選してみよう!6月上場の中では当選しやすい銘柄の2社です。当選しやすい理由は公開株数にあります。メルカリの場合には公開株数が多いと同時に絶大な人気があり当選しにくいでしょう。それでも配分無しは個人的に考えていませんが、IPO初心者が当選するには運に頼る他ないでしょう。
 

数千万円の投資資金がある方はIPO投資が初めてでも複数配分は可能だと思いますが、数十万円~200万円の資金くらいだと抽選運しかないでしょう。昔みたいに担当者に顧客を紹介した程度では配分期待できないかもしれません。支店ハードルが上がり、営業の人の態度も良くない方向に向かっている気がします。
 

スプリックスと国際紙パルプ商事IPOは当選しやすい
 

結局お金を落としてくれる人が良い顧客ですからね。自分にメリットがない顧客はネット口座へ行けって普通に言っている企業も多いみたいです。中々大変な環境なので家族口座とかでガンガン抽選に申込んでいる人が増えるんでしょうね!それも一つの知恵ですけどね。
 

口座と資金量は比例させながらいざということに準備をしておくことも大事でしょう。メルカリなどは典型的なパターンですよね。
 

スプリックス(7030)が当選しやすい理由は?チキンレースか

スプリックスの仮条件が2,180円~2,400円に決定しました。これにより吸収額は約132.8億円、オーバーアロットメントを含めると約152.7億円の上場規模になります。東証1部に上場する前提なので規模は小さいほうです。
 

仮条件発表前の大手初値予想は2,280円~2,500円となっています。仮上限が引き上げられたので今後の予想も引き上げられると思います。業績が良いため公開価格割れを起こすようなことはなく利益が少し出ると思います。2万円位は最低でも出る気がしますが、マザーズ銘柄のように初値が何倍にもなることはないでしょう。スプリックスの詳細記事は下記の記事から確認お願いします(予想も書き込んでいます)
 
⇒ スプリックス(7030)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報
 

だから資金をつかってIPO抽選に申込む人も少なくなります。上場が重なると資金的に苦しくなる方は申し込ないと思いますし、他の銘柄に回したり資金移動をしない方も出てきます。だから狙えるIPOになります!IPO当選をまだしたことがない方は申込をしておくと当選期待があります。
 

国際紙パルプ商事(9274)が当選しやすい理由は?本当に駄目なIPOなの?

国際紙パルプ商事はスプリックスよりも当選しやすいと思っていますが、1枚の当選だとちょっと寂しいですよね。仮条件は314円~344円となり、オーバーアロットメントを含めて約27.7億円規模の上場となります。
 

こちらも東証1部に直接上場する予定なので上場規模は小さいです。スプリックスと比較をすると上場規模は小さいですが、1枚当たりの単価が低いため株数が多くなります。
 

国際紙パルプ商事IPOが当選しやすい
 

スプリックスの公開株数は5,532,200株、国際紙パルプ商事の公開株数は7,000,000株です。国際紙パルプ商事は低単価ということで主幹事のみずほ証券ネットでは300株セットとなっています。他の幹事では最低単元の100株配分なので、平幹事からの当選も狙えると思います。
 

ただ事業や業績などを考えると国際紙パルプ商事に伸びしろはあまりないと思います。配当金が10円予定されているので配当利回りが2.9%だというメリット以外に欲しいとは個人的に思いません。業績は増収減益で見通しも明るくない気がします。株主構成を見ると安定した株価推移だろうと思います。詳細は下記の記事から確認をお願いします。
 
⇒ 国際紙パルプ商事(9274)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報
 

デメリットとしては867名の個人株主であろう株数が大量にあることです。14,130,550株あることから初値形成時に売られるとひとたまりもありません。また、この株数にはストックオプションの334,000株が含まれています。
 

そう考えるとスプリックスに軍配があがりそうですが、国際紙パルプ商事は単価が低いためもし公開価格割れを起こしても損失的には微々たるものでしょう。上場ラッシュで優良株ばかりを狙うのも一つの手だと思いますが、あまり初値が伸びないような銘柄に当選しておくとモチベーションも変わってきます。
 

さらに後期型IPOを行っている証券会社も上手に使い分けることで当選確率の引き上げも可能です。
 


 
メルカリIPOばかり気を取られていると全て落選になった場合は悲しみしか残りません。余裕がある方は思考を考えて予備の当選を狙うのもよいと思います。MTG(7806)も気になつている銘柄ですが、ブックビルディングまでもうしばらくあるので当選した後に考えましょう!
 

予想以上にメルカリ人気となっているため、配分があるのか心配ですね。楽しみもありますが、1枚の当選で10万円~20万円の利益予想が出ています。どんどん引き上がっているため当選したいですよね。私は予備で微妙なIPOも申込んでいます!
 

tileltuku スプリックス(7030)IPO幹事決定しました!⇒ 岩井コスモ証券

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

ビットコイン仮想通貨について説明

Twitter始めました

このページの先頭へ