岡三オンライン証券タイアップ IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
マネックス証券IPO 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ

岡三オンライン証券タイアップ特典付きました!!【3,000円GET】
岡三オンライン証券タイアップセンター

スプリックス(7030)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

スプリックス(7030)IPOが新規上場承認されました。所属場所は未定ですが東証1部濃厚だと考えています。主幹事は野村證券となり、公開株数5,532,200株、オーバーアロットメント829,800株、上場による資金吸収は想定発行価格算出で約138.7億円と上場規模が大きいIPOとなっています。
 

業績は増収増益と勢いがあり、売出し株中心の銘柄と考えても買い需要はあると思います。事業の主力は森塾によるものですが、教育関連サービスによる収益もIT化が進むにつれ大きくなりそうです。新潟本社となっていますが、首都圏に店舗が多くなっている特徴もあります。IPOとしても狙えるなかなか良い案件だと思います!
 

スプリックスIPO上場と初値予想
 

業 種 サービス業
上場市場 東証1部or2部
公開予定 6月29日
BB期間 6月12日~6月18日
企業ホームページ https://sprix.jp/
事業の内容 個別指導学習塾の運営を中心とした、教育サービス事業

 

【手取金の使途】

手取概算額838,295千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限1,700,426千円と合わせて、270,000千円を敷金及び保証金を含む設備資金、2,268,721千円を運転資金として、以下のとおり充当予定であります。

①設備資金
「森塾」の新教室開校に係る資金として270,000千円(平成31年9月期に90,000千円、平成32年9月期に180,000千円)を充当予定であります。

②運転資金
「森塾」のブランド認知の促進を目的とした広告宣伝費として528,721千円(平成30年9月期に150,000千円、平成31年9月期に378,721千円)、「森塾」を運営するスタッフの採用費及び人件費として764,000千円(平成30年9月期に88,000千円、平成31年9月期に260,000千円、平成32年9月期に416,000千円)、個別指導用テキスト「フォレスタ」制作に係る外注費として800,000千円(平成31年9月期に300,000千円、平成32年9月期に500,000千円)、教育関連コンテンツの開発に係る研究開発費として176,000千円(平成30年9月期に19,000千円、平成31年9月期に78,000千円、平成32年9月期に79,000千円)を充当予定であります。

 

スプリックス(7030)IPOの業績と事業内容

業績は増収増益を繰り返しているようです。森塾は直営店の他にもフランチャイズ契約があり店舗数も伸びているようです。平成30年4月30日
データでは直営88教室、FC34教室となっています。
 

森塾では、小・中・高校生を対象とした、先生1人に生徒2人までの個別指導型の学習塾であり、中学生(平成30年4月30日現在、森塾生徒数に占める中学生比率は約6割)を対象として、定期テストで「1科目20点以上成績が上がること」を保証する成績保証制度を導入しているそうです。
 

スプリックスIPOの業績と事業内容
 

その他にも、教育ITを利用した「自立学習RED」の運営と同サービスを利用したフランチャイズ展開を行っています。内容は、小中学生を対象とした学習塾で、教育ITを活用して生徒ひとりひとりの進度に合わせた学習プログラムを提供しています。
 

さらに、教育関連サービスでは自社開発し販売をしている学習塾用教材があり、森塾で使用するほか個別指導塾を中心とした各地の教育関連企業で採用されているそうです。
 

スプリックス(7030)IPOの評判
 

東京都豊島区ではダンスヴィレッジの運営を1店舗行いHIPHOPダンス、フラダンス、タヒチアンダンス、ベリーダンス、バレエ、バーレスクダンス、チアダンス、ジャズダンス、フラメンコなどを教えているそうです。
 

その他にも成功報酬型求人サイト「塾講師JAPAN」の運営、小学生向け読書教育プログラム「グリムスクール」の運営、中国語検定「HSK」に関連する書籍・アプリの販売を行っているそうです。手広く事業を行っているようです。
 

スプリックス(7030)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 2,180円
仮条件 2,180円~2,400円
公開価格 6月19日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約120.6億円です。
オーバーアロットメントを含めると約138.7億円になります。上場規模は大きいですが、利益がしっかりでているため初値も安定発進するのではないかと思います。
 

東証1部上場と考えるとプラス5%~10%は最低でも利益が見込めるのではないでしょうか。東証2部だと公開価格割れの可能性も出てきます。指数採用にならないだけでその差は大きいですからね。
 

スプリックス(7030)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 412,500株
売出株数 5,119,700株
公開株式数 5,532,200株
OA売出 829,800株
引受幹事 野村證券(主幹事)
大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
極東証券
SBI証券
エース証券
岩井コスモ証券

 

株数が多いためどこから申込んでも当選期待はあります。売出し株中心の公募なのでそのあたりは残念ですが、業績ありきで問題ないでしょう。大和証券あたりも狙い目かもしれませんが、やはり配分的には野村證券でしょうか。SMBC日興証券はキャンセルペナルティーがあるため申し込みを控える方が多少なりいそうな気がします。
 

微妙な銘柄はSMBC日興証券で申し込んでおくとよいですよね。また抽選後の補欠当選も狙えるのでスプリックスIPOでは参加でしょう。
 


 
会社設立は1997年1月、本社は新潟県長岡市大手通にあります。社長は平石明氏(53歳)、株式保有率は38.47%です。
従業員数は387人で平均年齢29.7歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与約475万円となります。臨時雇用者数は年間791人と多いようです。
 

スプリックス(7030)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
有限会社フラットストーン 7,927,500株 46.96%
平石 明 6,494,250株 38.47%
常石 博之 1,728,750株 10.24%
株式会社三菱UFJ銀行 172,500株 1.02%
先崎 将智 22,200株 0.13%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である平石明並びに当社株主である有限会社フラットストーン、常石博之及び株式会社三菱UFJ銀行は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年9月26日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等を除く。)を行わない旨合意しております。

 

スプリックスIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
野村證券(主幹事) 4,813,500株
大和証券 221,300株
SMBC日興証券 138,300株
みずほ証券 110,600株
極東証券 82,900株
SBI証券 55,200株
エース証券 55,200株
岩井コスモ証券 55,200株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

スプリックスIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 2,400円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,800円
※仮条件発表後
 

スプリックスIPOの大手初値予想

2,280円~2,500円

その後、2,500円~2,800円
 

スプリックス(7030)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成34年10月01日~平成37年8月24日 464,550株
発行価格92円
平成31年10月01日~平成37年8月24日 484,500株
発行価格92円
平成31年10月01日~平成37年8月24日 2,400株
発行価格92円
平成35年10月01日~平成38年9月12日 6,150株
発行価格170円
平成32年10月01日~平成38年9月12日 24,600株
発行価格170円
平成32年10月01日~平成38年9月12日 12,000株
発行価格170円

 
ロックアップは90日間(平成30年9月26日)でロックアップ解除倍率の記載は目論見にないようです。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の16,301,250株から算出すると想定価格ベースで約355.4億円になります。
 

スプリックスは無難に初値を付けてその後も上昇するパターンだと思います。最近この手のIPOは一旦上を目指す展開が多いため同社も似たようなことが起こるのではないでしょうか。期待だけが先行し、初値が高くなった場合はその限りではありませんが行けるでしょう。VCは三菱UFJキャピタル系が750株しかありませんしね。
 

また、店頭系の幹事が多いため支店配分となるとホールドする層が多いと思います。野村證券の顧客は動じない方が多いですからね。資産を多く蓄えている方には叶いませんが、年間200万円~300万円を目指して今年も頑張るしかないですね。
 

tileltuku スプリックス(7030)IPO幹事決定しました!⇒ 岩井コスモ証券

※岩井コスモ証券のIPO抽選方法は後期型なので忘れる

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

ビットコイン仮想通貨について説明

Twitter始めました

このページの先頭へ