DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモIPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ユニコーンに新規口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,000円分が貰えます。

ユニコーンAmazonギフト券1,500円キャンペーン


ファンディーノAmazonギフト券プレゼントキャンペーンはこちら!


MTG(7806)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

MTG(7806)IPOが新規上場承認されました。市場からの吸収額が想定発行価格5,290円算出で約420億円にもなり、時価総額は約2,044億円程度になります。上場市場が東証マザーズになっているため荷もたれ感が半端ないです。しかし業績を確認してみるとそれほど不安とは思えないため初値利益は出るのかも?と言った印象を受けます。
 

主幹事は野村證券単独となっており、公開株数6,900,000株、オーバーアロットメント1,035,000株になります。幹事も13社ありかなり気合が入っているように思います。MTGの商品はCMや雑誌などでも見かけるため、親近感ある企業です。
 

そのため個人投資家も参戦しやすいはずです。ただ想定発行価格からもわかるように地合い次第ではシンジケートカバーを意識した展開もあり得るかもしれません。基本的には問題ないIPOだと思いますが、地合いには勝てませんからね。
 

MTG(7806)IPO新規上場と初値予想
 

業 種その他製品
上場市場マザーズ
公開予定7月10日
BB期間6月22日~6月28日
企業ホームページhttps://www.mtg.gr.jp/
事業の内容美容機器、健康機器、化粧品等の企画開発及び製造販売

 

【手取金の使途】

手取概算額29,052百万円については、海外販売の手取概算額(未定)及び「1新規発行株式」の(注)7.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限5,119百万円と合わせた手取概算額合計上限34,171百万円を、以下の使途に充当する予定であります。

①研究開発資金として
「ブランド開発カンパニー」(「第二部 企業情報 第2 事業の状況 3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (3)事業ビジョン」をご参照下さい。)として、新商品開発及び品質改善のための研究開発資金として5,257百万円(平成30年9月期642百万円、平成31年9月期2,106百万円、平成32年9月期2,508百万円)を充当する予定であります。特に、今後はAI・IoTを生かした新商品開発を積極的に行います。AIについては、MTG AI研究所にて当社が独自で取得したビッグデータ(デバイス使用履歴や生体データ)をAIに学習させ、商品開発やマーケティング等の様々な取り組みを加速してまいります。

②当社及び当社ブランドの認知度及び価値向上のための資金として
当社及び当社ブランドの認知度及び価値向上のための広告宣伝活動や販売促進活動の資金として4,347百万円(平成30年9月期590百万円、平成31年9月期1,272百万円、平成32年9月期2,485百万円)を充当する予定であります。

③国内外の事業加速のための運転資金として
国内事業の展開に加え、更なる海外への事業拡大を図るための運転資金として5,593百万円(平成30年9月期2,066百万円、平成31年9月期1,735百万円、平成32年9月期1,791百万円)を充当する予定であります。

④人材投資資金として
人材投資のために、5,920百万円(平成30年9月期46百万円、平成31年9月期2,029百万円、平成32年9月期3,845百万円)を充当する予定であります。前述のブランド開発の加速のために、技術者を積極的に採用してまいります。また、更なる海外事業展開、品質向上、知的財産の保護体制の強化及び社内管理体制強化のために、グローバル人材や専門性の高い人材を採用してまいります。加えて、若手の活躍できる環境を整え、新卒採用も強化してまいります。また、”一人ひかる”を実現するために、グループ経営方式(「第二部 企業情報 第2 事業の状況 3 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)経営システム」をご参照下さい。)や研修等を通じた人材育成、処遇の改善及び多様な働き方の実現可能な制度構築を進めてまいります。

⑤借入金の返済資金として
中国をはじめとしたアジア、アメリカ、ヨーロッパへの海外事業展開資金及び新研究開発センター建設用の土地取得資金として調達した借入金の返済資金として、平成30年9月期に12,228百万円を充当する予定であります。

 

MTG(7806)IPOの業績と事業内容

業績は売上・利益ともに順調だと思います。453億円の売上に対して利益は43億円、ビジネスモデルからはそれなりに収益を上げていると思います。企業規模が大きくなると宣伝などの経費も大きくなるため商品が売れなければ大きな赤字になります。しかし同社は世界で商品が売れているため連結子会社も海外に点在しています。
 

名古屋に多くの連結子会社がありますが、海外では中国に2社、台湾に1社、シンガポールやニューヨーク、韓国、イギリスなどにも子会社があります。前期では中国や韓国を中心にReFaブランドの認知度が高まったため、大きな売上貢献につながっているようです。さらにインバウンド需要も好調だったため大きく業績が伸びています。
 

訪日外国人の増加によるインバウンド需要の増加、リピート消費者の獲得及び接客ノウハウの蓄積による店舗当たりの販売増加と、直営店事業の展開からも認知度が広まり今後も期待できるそうです。積極的な事業展開がプラスに作用しているわけです。
 

MTG(7806)IPOの業績と事業内容
 

ECサイトを通じた一般消費者への直接販売及びインターネット通信販売事業者への卸売販や美容サロン運営事業者への卸売販売、エステティックサロン運営事業者への卸売販売及びフィットネスクラブ運営事業者との提携など様々な領域で業績拡大が続いているようです。
 

美容関係以外では、ウォーターサーバー事業、中古自動車販売事業、スマートリング(近距離無線通信を搭載した指に装備するリング)の製造販売を行うIoT事業及びOEM事業などがあります。
 

また株主名簿に富士フイルムがあるため調べてみると、富士フイルムと共同開発した高濃度、高純度、低分子のコラーゲンドリンク「ReFa COLLAGEN ENRICH」を発売していました。
 

MTG取扱商品
 

MTG(7806)IPOの評判商品
 

中国やアジア圏での商品売れ行きが急拡大しているため、上場で得る資金も使われる見込みとなっています。今後の展開としてもAIやIoTを生かした新商品開発を積極的開発するとあるため面白い製品期待ができそうです。グローバル化したブランドイメージで今後も業績が続伸しそうですね。
 

MTG(7806)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格5,290円
仮条件5,290円~5,800円
公開価格6月29日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約365億円です。
オーバーアロットメントを含めると約420億円になります。新興市場への上場を考えるとかなり荷もたれ感が発生するサイズです。また直近ではラクスルやメルカリなども上場するためメジャー企業の上場と言っても心配です。
 

初値が大きく伸びるIPOではなく、公開価格から5%程度上昇すれば主幹事も安心でしょう。その後はセカンダリー任せでしょうか。業績面は安心できますが、初値形成段階の資金流入次第だと思います。
 

MTG(7806)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数5,900,000株
売出株数1,000,000株
公開株式数6,900,000株
OA売出1,035,000株
引受幹事野村證券(主幹事)
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
au カブコム証券
東海東京証券
SMBC日興証券
SBI証券
みずほ証券
楽天証券
いちよし証券
岡三証券 岡三オンライン証券
エース証券
マネックス証券
松井証券

 

幹事が多く、公開株数も多いためどこから申込んでもある程度当選期待はできそうです。ネット系証券ではau カブコム証券や楽天証券などでも当選できるかもしれません。いちよし証券あたりも期待ができるのかもですね。
 

楽天証券に口座がある方はこの機会に申込んでおきましょう。楽天証券からだと当選期待は高いと思います。今回は幹事として入っていますし、IPOに取り組む人が少ないからですね。
 


 

その他にも東海東京証券ネットからの申込みも期待ができそうです。株価が高いためそれほど競争倍率も高くないと思います。同一資金でIPO申込が出来る証券会社に50万円以上を入れている人も少ないでしょうから狙えるかもしれません!
インバウンドテック(7031)の主幹事も東海東京証券は引き受けているのでついでの申込みでも良さそうです。
 


 
会社設立は1996年1月、名古屋市中村区本陣通2丁目に本社があり社長は松下剛氏(47歳)で株式保有率は64.16%と高めです。
従業員数は795人と多く臨時雇用者も238人となっています。連結従業員数では1,107人で臨時雇用者が258人です。また平均年齢35.5歳、平均勤続年数2.5年、平均年間給与約546万円となっています。
 

MTG(7806)IPOの初値予想

氏名又は名称所有株式数割合
松下 剛22,576,440株64.16%
株式会社Mコーポレーション6,360,000株18.07%
MTG持株会1,052,940株2.99%
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合960,000株2.73%
株式会社MTG855,000株2.43%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である松下剛並びに当社株主である株式会社Mコーポレーション、中島敬三、川嶋光貴、長友孝二、清川卓也、本島一、井上祐介、久世浩司、長谷川徳男、渡邊将人及び後藤博は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年10月7日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(但し、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない旨合意しております。

当社株主であるジャフコSV4共有投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年10月7日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(但し、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)は行わない旨合意しております。

 

MTGIPO幹事引受け株数決まる

幹事団引受け株数
野村證券(主幹事)5,313,000株
大和証券690,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券207,000株
東海東京証券207,000株
SMBC日興証券103,500株
SBI証券103,500株
みずほ証券69,000株
楽天証券69,000株
いちよし証券41,400株
岡三証券34,500株
エース証券20,700株
マネックス証券20,700株
松井証券20,700株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

MTGIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 5,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 7,000円
※仮条件発表後
 

MTGIPOの大手初値予想

6,500円~7,500円

その後、6,500円~7,500円
 

MTG(7806)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間株数残
平成28年10月01日~平成37年12月31日324,000株
発行価格925円
平成30年10月01日~平成38年8月31日273,000株
発行価格926円
平成28年10月01日~平成37年12月31日12,000株
発行価格925円
平成28年10月01日~平成37年12月31日324,000株
発行価格925円
平成30年10月01日~平成38年8月31日20,400株
発行価格926円
平成29年10月01日~平成38年12月31日2,400株
発行価格2,027円
平成32年10月01日~平成41年9月30日504,000株
発行価格2,028円
平成31年10月01日~平成39年7月31日137,580株
発行価格2,028円

 
ロックアップは90日間(平成30年10月07日)となり、ベンチャーキャピタルのジャフコSV4共有投資事業有限責任組合には発行価格1.5倍以上で売却できるロックアップ解除倍率が設定されています。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。上場時点で関係がありそうなのは662,400株になります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の38,645,000株から算出すると想定価格ベースで約2,044.3億円になります。
 

上場規模はメルカリにつぐ大きさとなりますが、メルカリほど期待値は高くないでしょう。しかしながら業績が好調に推移していること、さらには人工知能(AI)やIOTなどにも積極的に取り組んでいる企業なので上場後の期待はかなりあります。ましてや世界で商品を販売しているため頼もしい企業です。
 

初値段階での評価よりも上場後の値動きに期待したい企業だと思います。東証マザーズという新興市場に上場することが第一の不安ですが、この規模だと小中規模のファンドからの買い入れも期待できそうです。攻めるIPOではありませんが、利益が出る確率は高そうな気がします。ほどほどに申込んで100株~200株参戦の方が多そうですね。いちよし証券や岡三オンライン証券は前受金不要でIPO抽選に参加できるので押さえておきましょう!
 

MTG(7806)当選していたので売却しました!

抽選結果が当選となっていました。合わせて売却画像も載せておきますけど、売却手数料が4,612円になっていて痛恨の一撃を食らった感じです。利益が出たから我慢しますけどね。
 
MTG当選していた
 

MTG売却画像

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ