IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップ

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

ツクルバIPO幹事配分から当選できると確信?初値予想で利益期待

ツクルバIPOの幹事配分数がわかりました。主幹事大和証券からの当選期待は高く店頭口座やチャンス当選枠を持っている方は特に当選しやすいと思います。上場規模がOAを含め45.1億円あり、公開株数は1,915,000株でOAが287,200株もあります!
 

業績不安があり少し心配なIPOですがどうやら評価は高いようなので、とりあえず当選狙いでよいと思っています。当選したあとにキャンセルする方法もありますからね。すべては自己責任ですが思わぬ利益となるパターンかもしれない銘柄です。
 

ツクルバIPO幹事配分と初値予想
 

幹事団 引受け株数 割合
大和証券(主幹事) 1,819,500株 95.01%
みずほ証券 38,300株 2.00%
いちよし証券 19,100株 1.00%
SBI証券 19,100株 1.00%
マネックス証券 9,500株 0.50%
楽天証券 9,500株 0.50%

 
2019年7月が本決算になり、今期は14.96億円の売り上げ予想で経常利益が100万円となるそうです。前期からすれば大幅な改善になりますが、売上が前期と比較して2.8倍以上になるのに四半期利益予想は0円になっています。
 

しかし、株主にアカツキやPKSHA Technologyなどの上場企業が投資している事やメルカリやグノシーの社長が個人で出資していることも某メディアで取り上げられています。このことから成長性が今後も続くのでは?と思う投資家の買い需要が発生しそうです。
 

類似企業的にはGA technologies(3491)やgooddaysホールディングス(4437)などがITを活用しているため近そうです。
 

上場時に気になるベンチャーキャピタル保有株は92万株程あり全てロックアップの対象になっています。また新株予約権についても殆どがロックアップの対象になっています。ロックアップ期間は90日間になり発行価格1.5倍で解除されます。
 

従業員持株会に対しては180日間のロックアップが掛けられています。新株予約権も大量にあり上場で資金吸収をすることが目的でしょう。ただし同社はこれからも業績を伸ばし将来的には評価される企業に育つのか?と考えています。
 

承認時に書いた記事は下記になります。

⇒ ツクルバ上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

何となくファンドに好まれそうなIPOだと感じているためセカンダリー向きの銘柄かもしれません。初値30%プラスなら公募組もセカンダリー組も楽しめそうです。
 

主力事業のcowcamo(カウカモ)のアンドロイドアプリが、Google Playベストオブ2018隠れた名作部門で最優秀賞を取っていることからIT系に強い企業だとわかります。2017年にiOSアプリも公開しています。
 

リノベーションや中古住宅流通プラットフォームに特化したサービスを行い、ソーシャルメディアにも対応したシステム、さらには独自物件情報データベースからユーザーの嗜好にあった物件を提案するネイティブアプリなどが強みとなっています。
 

初値予想は現在のところ2,500円~3,100円になっているため利益が出る方向で考えられているようです。不動産業になるため微妙ですが上場する銘柄が少ないため資金集中となれば公募組は利益が出そうです。
 

想定発行価格は2,050円なので数万円の利益期待となるようです!
 

tileltuku 富裕層が使うロボアドバイザーを10万円から使えます⇒ ウェルスナビ

ウェルスナビタイアップキャンペーン

※ウェルスナビ(Wealthnavi)解約を思いとどまり結果利益がでた

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

フォリオ(FOLIO)の運用実績

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ