IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

Mマート(4380)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

Mマート(4380)IPOが新規上場承認されました。
マザーズ上場案件でインターネッを活用した企業になり、企業規模が大きくなるほど収益が増える構造のようです。株主数も少なくロックアップが付与されている優良銘柄となっています。
 


 

幹事構成もよく、当選が狙えそうな?気がします。
主幹事はみずほ証券となっていますが、他の証券からも申し込みを徹底しておきましょう。
 

業績は拡大傾向にあり、資産も増加しています。平成28年1月期に赤字となっていますが、上場を視野に入れた赤字計上なのかもしれません。分かりやすい事業ですが、なかなかこのような規模になるには大変でしょうね。
 

業 種 情報・通信業
上場市場 マザーズ
公開予定 2月23日
BB期間 2月06日~2月13日
企業ホームページ https://www.m-mart.co.jp/
事業の内容 BtoBに特化したインターネットマーケットプレイス事業

 

【手取金の使途】

手取概算額 486,382千円については、全額運転資金に充当する予定です。具体的には、採用費を含め、サイト構築のためのシステム開発要員の人件費、新規取引先の獲得のための営業要員の人件費に充当します。

 

Mマート(4380)IPOの業績と事業内容

Mマートが保有するサイトを利用する利用者(売り手)から出店料と出来高制のマーケット利用料を徴収している企業です。上場により知名度が引き上げられさらに収益が加速化しそうな気がします。
 


 
 
 


 

売り手だけではなく、買い手からも「会員限定のプレミアムコーナー」と言ったサービスが用意されており、年間費を徴収しています。基本的に買い手は無料でサービスを利用できます。
 

自社サイトはMマートの他に「卸・即売市場」「Bnet」「ソクハン」があります。
卸・即売市場は食材アウトレット市場、Bnetは厨房機器や食器等の業務用卸サイト、ソクハンは厨房機器や食器等のアウトレットとなっています。
 

その他、農業生産者から新鮮野菜を直送する「アサトレ」、規格外のお米オークション「チューオク」などがあります。
 

Mマート(4380)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,190円
仮条件 1,140円~1,240円
公開価格 2月14日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約7億円です。
オーバーアロットメントを含めると約8億円になります。
上場規模は比較的小さく荷もたれ感はありません。
 

ロックアップもしっかり掛かっており、ストックオプションも存在しません。
人気が出る内容がそろっているため、当選すれば初値利益は2倍以上出ると思います!

 

Mマート(4380)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 453,400株
売出株数 134,000株
公開株式数 587,400株
OA売出 88,100株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
大和証券
SMBC日興証券
岡三証券 岡三オンライン証券
マネックス証券
SBI証券

 

当選を狙うなら迷わずみずほ証券からの申込みでしょう!
次に狙えるのはマネックス証券だと思いますが、資金が豊富にある時期なだけに期待は薄いでしょう。ブックビルディングが他の銘柄と重なれば当選確率は上がります。
 

結局はすべての証券会社から申し込む方が多いため運による当選期待しかないと思います。前受け金不要の岡三オンライン証券も委託幹事入りすると思います。
 


 
会社設立は2000年02月、社長は村橋純雄氏81歳です。創業者なので株式保有が高めとなり43.9%となっています。
従業員数は32名(臨時雇用者10人)、平均年齢46歳1ヶ月、平均勤続年数3年7ヶ月、平均年間給与約371.3万円です。
 

Mマート(4380)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
村橋 純雄 874,000株 43.9%
合同会社エムホールディングス 398,000株 20.0%
宇井 裕希乃 246,000株 12.3%
九谷田 登志恵 210,000株 10.5%
村橋 伸繁 120,000株 6.0%
村橋 勝子 120,000株 6.0%
相地 朱美 24,000 1.2%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である村橋純雄、売出人である合同会社エムホールディングス、宇井裕希乃、九谷田登志恵、並びに当社株主である村橋伸繁、村橋勝子、相地朱美は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成30年5月23日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及び、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得することを除く。)等は行わない旨合意しております。

 

MマートIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ証券(主幹事) 499,400株
大和証券 17,600株
SMBC日興証券 17,600株
岡三証券 17,600株
マネックス証券 17,600株
SBI証券 17,600株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

MマートIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 2,700円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,100円
※仮条件発表後
 

MマートIPOの大手初値予想

2,600円~3,000円
 

Mマート(4380)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
該当事項なし 該当事項なし

 
ロックアップは全株主ひ90日間掛かっているため、公開株式以外の株は流通しないようです。となるとセカンダリーが面白そうな気がします。初値が低く抑えられれば面白そうですが、多分2倍~3倍の初値が付くと思います。
ストックオプションの採用はありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,445,400株から算出すると想定価格ベースで約29.1億円になります。
 

面白そうなIPOが出てきましたね。
利益を生むような構造を作ってしまえばやることは同じだと思うため、上場後の利益拡大も気になるところです。ネット系のIPO初値は上場率がハンパないので期待したいと思います。
 

当選しないことには利益につながりませんが、リートIPOを含め狙いに行きたいと思います。
一応、店頭からも申し込んでみますが、割り当てはないでしょうね。
年末に1発100万円位の商品を買ってくれって言われましたが買わなかったので配分はないでしょう。それでもしつこく申込むと当選するかも?
その場合は本当に何か買わないと今後が恐ろしいですね(笑)
 


 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ