【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】エージェント・インシュアランス・グループIPOの上場と初値予想

エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場は名古屋証券取引所のメイン市場になり主幹事はSBI証券が引受けます。
 

上場規模は約2.6億円で公開株数350,000株、オーバーアロットメント52,500株です。想定発行価格は640円になっています。割れないけど人気も限定的でしょう。
 

エージェント・インシュアランス・グループIPOの上場と初値予想
 

業 種保険業
上場市場名古屋証券取引所メイン市場
上場日12月22日
BB期間12月07日~12月13日
企業ホームページhttps://a-gent.co.jp/
事業の内容個人及び法人向けの保険代理業

 

エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの業績と事業内容

同社グループは、同社と連結子会社2社(株式会社保険ショップエージェント、Agent America, Inc.)の計3社で構成されており、個人及び法人の顧客に向けて損害保険・生命保険の販売を行う保険代理店事業を展開しています。
 

保険契約の取次からアフターフォロー(保全業務)にいたるまで一貫したサービスを提供し、販売地域を基礎とした「国内事業」及び「海外事業」の2つの事業に分類されています。
 

エージェント・インシュアランス・グループIPOの業績
 

エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格640円
仮条件600円~640円
公開価格12月14日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約2.2億円です。オーバーアロットメントを含めると約2.6億円になります。
 

地方上場でもメイン市場なので吸収は軽くしてしまうと思います。事業規模こそ小さめですけど底堅い業績だと思います。
 

エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数350,000株
売出株数0株
公開株式数350,000株
OA売出52,500株
引受幹事SBI証券(主幹事)
東海東京証券
岡三証券
極東証券
松井証券
アイザワ証券
岩井コスモ証券
委託見込岡三オンライン証券

 
意外に当選しにくい状況だと思います。1単元当選すれば3万円くらいは利益が見込めそうです。
 

事業への魅力はあまりありません。無配で株主優待ももちろんありません。上場することが目的であり企業の看板的な意味合いを持ちそうです。
 

エージェント・インシュアランス・グループの会社設立は2001年6月01日、本社住所は東京都新宿区市谷本村町3番29号、社長は一戸敏氏(54歳)です。※2022年11月26日時点
 

従業員数は137人(臨時雇用者272人)、平均年齢37.8歳、平均勤続年数4.8年、平均年間給与約457万円です。
 

エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
住友生命保険相互会社881,500株44.84%
株式会社ザ・ファーストドア415,600株21.14%
東京海上日動火災保険株式会社196,000株9.97%
川野 潤子66,650株3.39%
一戸 敏44,400株2.26%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年6月19日)で発行価格1.5倍以上だとロックアップが解除されます。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SBI証券(主幹事)297,600株85.02%
東海東京証券17,500株5.00%
岡三証券10,500株3.00%
極東証券7,000株2.00%
松井証券7,000株2.00%
アイザワ証券5,200株1.49%
岩井コスモ証券5,200株1.49%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 800円~1,100円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 700円~880円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

エージェント・インシュアランス・グループの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想700円
修正値なし
 

どうも盛り上がらないIPOらしい。初値予想も低いためスルーでも良いと思います。
 

SBI証券主幹事でも異常なほど盛り上がらないですね。FPパートナーが特別だっただけみたいです。
 

IPOに当選して損失もなさそうだからついでに申込めばいいでしょう。入金不要で参加できるところだけで良いのかも?ただSBI証券は資金が必要。
 

IPOチャレンジポイントだけ頂ければ良さそうな案件みたいですね。意外と業績しっかりの企業なんですけどね!
 

エージェント・インシュアランス・グループ(5836)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
なし-株
発行価格-円

 
ロックアップは180日間で1.5倍解除設定です。ストックオプションは設定されていません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,316,000株から算出すると想定価格ベースで約14.8億円になります。
 

初値2倍は厳しいと思いますがPER9.3倍のため類似企業比較では割安です。地方上場のための設定だと思います。
 

アイリックコーポレーション(7325)やブロードマインド(7343)あたりが類似企業でしょう。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ