【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】ベースフードIPOの上場と初値予想!公開価格割れ濃厚

ベースフード(2936)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が単独で引受けます。
 

上場規模は約70億円で公開株数6,407,300株、オーバーアロットメント961,000株です。想定発行価格は950円になっています。
 

このIPOは危険な気がします。しかも2023年2月期の純利益が9.39億円の赤字予想です!
 

ベースフードIPOの上場と初値予想
 

業 種食料品
上場市場グロース市場
上場日11月15日
BB期間10月31日~11月04日
企業ホームページhttps://basefood.co.jp/
事業の内容完全栄養食の開発・販売

 

ベースフード(2936)IPOの業績と事業内容

同社は「主食をイノベーションし、健康をあたりまえに」というミッションのもと、特に栄養に関する課題を解決するため、「栄養のインフラ」としてのBASE FOODを目指しています。
 

完全栄養の主食を中心としたBASE FOODシリーズ「BASE PASTA」「BASE BREAD」「BASE Cookies」の開発と販売を行なっています。
 

商品製造については、外部業者に委託しているそうです!
 

ベースフード(2936)IPOの業績推移
 

ベースフード(2936)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格950円
仮条件760円~800円
公開価格11月07日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約60.9億円です。オーバーアロットメントを含めると約70億円になります。
 

赤字でVC出資が多いため危険なIPOだと思います。コロナ前に戻った感じですね。最近はVC出資比率が高いIPOも再登場しているため地合い改善と見込んでいるのかもしれません。
 

多くの投資家が神経質になっているため初値利益を得るには厳しそうです。
 

ベースフード(2936)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数2,723,100株
売出株数3,684,200株
公開株式数6,407,300株
OA売出961,000株
引受幹事三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)
野村證券
大和証券
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
三菱UFJモルガン・スタンレー証券なので期待もしますけど今回は厳しいのでは?と思います。
 

念のためにau カブコム証券から申込を行ってお行くと安心できそうです。後期型抽選を採用しています!
 


 
ベースフードの会社設立は2016年4月05日、本社住所は東京都目黒区中目黒五丁目25番2号、社長は橋本舜氏(34歳)です。※2022年10月16日時点
 

従業員数は87人(臨時雇用者74人)、平均年齢36歳、平均勤続年数1.2年、平均年間給与約861万円です。
 

ベースフード(2936)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
橋本 舜17,700,000株34.27%
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合8,900,000株17.23%
Rakuten Capital S.C.Sp.4,200,000株8.13%
グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合3,139,700株6.08%
XTech1号投資事業有限責任組合2,100,000株4.07%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年5月13日)でロックアップ解除倍率設定なしです。VCも売却できませんけど売出人にVCの名前がズラリとあります。印象は悪いですね。でも公募株も多いため将来性があるのかも?不安です。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)5,767,000株90.01%
野村證券384,300株6.00%
大和証券129,400株2.02%
楽天証券42,200株0.66%
SBI証券42,200株0.66%
マネックス証券42,200株0.66%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 800円~1,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 700円~850円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ベースフードの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想800円~950円
修正値-10%~±0%
 
少し期待したが今期業績は前期の2倍以上赤字が増額します。機関投資家の評価も低く上場できることが素晴らしいのかもしれません。
 

知名度だけは高いため何とか乗り切れると思っていたがどうやら駄目っぽいです。上場規模は最大58.9億円になり時価総額407.0億円となる見込みです。
 

売上が拡大している状況でも費用面を負担できないことで人気が低そうです。VC出資も多く初値は駄目かもしれません。業績が回復すれば評価されそうです。また食品のため流行があるため長期的には厳しそう。
 

カロリーメイトみたに名前だけは残りそうな?類似企業で近いのは北の達人コーポレーション(2930)になるようです。こちらは黒字ですからね。優待も配当もあります。
 

ベースフード(2936)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2019年11月06日~2029年11月06日100,000株
発行価格22円
2022年1月19日~2032年1月17日47,100株
発行価格391円
2020年11月30日~2028年11月30日700,000株
発行価格22円
2021年11月05日~2029年11月05日300,000株
発行価格22円
2022年4月09日~2030年3月27日1,500,000株
発行価格24円
2023年2月27日~2031年2月26日582,600株
発行価格28円
2021年3月01日~2031年2月26日141,300株
発行価格29円
2023年5月31日~2031年5月28日423,900株
発行価格31円
2024年1月18日~2032年1月17日1,059,000株
発行価格384円

 
ロックアップは180日間で解除倍率設定なし、ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

行使期限入りの株数は2,788,400株になるようです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の50,869,700株から算出すると想定価格ベースで約483.3億円になります。
 

上場承認時のデータを見るだけでは公開価格割れになる事しかイメージできません。エクサウィザーズ(4259)のように上場ゴール感がありますね。
 

Funvest(ファンベスト)に口座開設を行うだけでAmazonギフト券が1,000円分貰えます。投資すれば追加で1,500円分が上乗せされ合計2,500円分です!
 

私も試しに投資してみたところ個別キャンペーン適用になりAmazonギフト券が上乗せされました。キャンペーン中に利用しておいたほうがお得だと思います。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ