【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】ポパー(POPER)IPOの上場と初値予想

ポパー(POPER)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券が引受けます。
 

上場規模は約3.8億円で公開株数526,400株、オーバーアロットメント78,900株です。想定発行価格は630円の低単価になっています。
 

ポパー(POPER)IPOの上場と初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日11月15日
BB期間10月28日~11月04日
企業ホームページhttps://poper.co/
事業の内容教育事業者等のバックオフィス業務の効率化及び保護者とのコミュニケーションを強化するSaaS型業務管理プラットフォーム「Comiru」の開発・提供

 

ポパー(POPER)IPOの業績と事業内容

同社は学習塾を中心とする教育事業者等のバックオフィスのアナログ的な業務をデジタル化(DX)することで効率化を図り、講師等がより多くの生徒と向き合える「教える時間」を捻出できるよう、教育事業者等向けSaaS型業務管理プラットフォーム「Comiru」の開発・運用に注力しています。
 

教育事業者等向けSaaS型業務管理プラットフォーム事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略をしているそうです。
 

教育業界に特化したサービスを行い、取り分け教育業界の中でもバックオフィス等の業務が煩雑である学習塾業界にフォーカスして、サービスのUI/UXを進化し続けてきたそうです。
 

ポパー(POPER)IPOの業績推移
 

ポパー(POPER)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格630円
仮条件630円~700円
公開価格11月07日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約3.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約3.8億円になります。
 

超小粒上場なので利益見込みがあります。ただVC出資が多く懸念材料もあるため公開価格1.5倍が焦点となりそうです!
 

ポパー(POPER)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数200,000株
売出株数326,400株
公開株式数526,400株
OA売出78,900株
引受幹事大和証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
松井証券
東洋証券
委託見込DMM.com証券
コネクト

 
公開株数はそれなりにあるので当選確率は1%以上あるのでは?と考えています。店頭で申し込む人は少ないと思うので担当者に頼めば配分確率は高いでしょう。
 

大和証券の裁量を貰える方は少ないでしょうけどね。預け入れ資金は数千万でしょう。
 

大和証券と言えば同社グループが関わっているスマートプラスで5,000円分の株式をプレゼントしています。新規口座開設なのでハードルがかなり低いです!
 


 
ポパーの会社設立は2015年1月15日、本社住所は東京都中央区日本橋茅場町一丁目13番21号、社長は栗原慎吾氏(38歳)です。※2022年10月15日時点
 

従業員数は53人(臨時雇用者3人)、平均年齢33.0歳、平均勤続年数2.3年、平均年間給与約518万円です。
 

ポパー(POPER)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
栗原 慎吾1,176,000株30.38%
学校法人駿河台学園464,490株12.00%
大和ベンチャー1号投資事業有限責任組合450,000株11.63%
KVPシード・イノベーション1号投資事業有限責任組合231,000株5.97%
繆 仁軍177,900株4.60%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年5月13日)と90日間(2023年2月12日)があり、90日間分にはロックアップ解除1.5倍が適用されます。主にベンチャーキャピタル出資に対して制限があります。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(主幹事)474,000株90.05%
みずほ証券21,000株3.99%
SBI証券10,500株1.99%
岩井コスモ証券10,500株1.99%
松井証券5,200株0.99%
東洋証券5,200株0.99%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 945円~1,100円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,000円~1,150円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ポパーの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想900円~1,100円
修正値1,050円~1,200円
 

仮条件上限が700円まで引き上がられ吸収金額が約4.2億円まで上昇します。バックオフィス業務は収益が見込めそうですけど結局はVCの売り場としてIPOが利用されそうです。
 

ストック型収益で利益を狙うも今期は無理でした。そして来期業績予想もかなりショボイですね。
 

このまま利益が高まる可能性は高いと思いますがストック型収益と言いつつ利益が出ていないのは残念です。公募組は利益が狙えそうなので参加しておきましょう!
 

ポパー(POPER)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2019年3月28日~2028年12月31日140,301株
発行価格284.10円
2023年1月01日~2029年12月31日98,400株
発行価格461.33円
2023年1月01日~2029年12月31日51,900株
発行価格509.66円

 
ロックアップは180日間と90日間があり、90日間分にはロックアップ1.5倍の解除倍率設定があります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。140,301株が行使期限入りします!
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の3,780,053株から算出すると想定価格ベースで約23.8億円になります。
 

VC出資はありますが着実に利益が出る方向に業績が向かっているようです。2023年10月期は5,600万円の黒字化予想が出ています。業績規模は低いけど数年後に期待できそうです。
 

クラウドバンクに口座開設したら楽天ポイントが500円分貰えます。さらに1万円以上の投資で楽天ポイントが2,000円分貰えるそうです。合わせて2,500円分貰えます!
 

もう7年くらい投資しているためありがたいクラファン事業者です。毎日ログインするだけでもポイント貰えます。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ