【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

【評価】プラスゼロIPOの上場と初値予想

プラスゼロ(pluszero)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事はSMBC日興証券が引受けます。
 

上場規模は約7.5億円で公開株数471,000株、オーバーアロットメント70,400株です。想定発行価格は1,380円になっています。
 

今期黒字転換の企業でAI(人工知能)やIT系なので人気がありそうです。
 

プラスゼロIPOの上場と初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日10月28日
BB期間10月13日~10月19日
企業ホームページhttps://plus-zero.co.jp/
事業の内容AIとITを軸に各種テクノロジーを統合的に活用したソリューション提供事業

 

プラスゼロ(pluszero)IPOの業績と事業内容

同社はAIを中心としてIT・ハードウェア等の各種テクノロジーを統合的に活用したソリューションを提供する「ソリューション提供事業」を展開しています。
 

また、関連会社は有しておらず、単一の会社になり単一の事業を展開しています。
 

収益の多くはプロジェクト型になり請負契約(準委任契約)になります。顧客の経営問題の解決や課題の達成のための相談と具体的なサービス・システムの設計等をワンストップで提供しています。
 

プラスゼロ(pluszero)IPOの業績推移
 

プラスゼロ(pluszero)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,380円
仮条件1,560円~1,650円
公開価格10月20日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約6.5億円です。オーバーアロットメントを含めると約7.5億円になります。
 

11月IPOとは日程が少し空きそうなので、短期資金の流入も考えられそうです。業績に勢いがあるため個人投資家に人気でしょう。
 

プラスゼロ(pluszero)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数375,000株
売出株数96,000株
公開株式数471,000株
OA売出70,400株
引受幹事SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
大和証券
マネックス証券
楽天証券
いちよし証券
松井証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
利益が出そうなので全ての証券会社から抽選に参加します。いちよし証券は久しぶりですね。2022年12月でIPOが終了するはずです。
 

SMBC日興証券からの申込みは忘れないようにしたいと思います。42万株程度しかないのでネットでは424人くらいが当選しそうです。
 

ステージ制を含めると636人くらいになると思います。この他OA分もあります。
 


 
プラスゼロの会社設立は2018年7月10日、本社住所は東京都世田谷区北沢二丁目6番10号仙田ビル4階、代表は小代義行氏(51歳)です。※2022年9月26日時点
 

従業員数は64人(臨時雇用者57人)、平均年齢30.9歳、平均勤続年数20.7年、平均年間給与約624万円です。
 

プラスゼロ(pluszero)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
小代 義行710,340株29.97%
森 遼太437,400株18.46%
永田 基樹437,400株18.46%
小代 愛220,000株9.28%
アビスト105,200株4.44%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2023年1月25日)と180日間(2023年4月25日)の設定がありまます。共にロックアップ解除倍率の設定はありません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)424,200株90.06%
SBI証券23,500株4.99%
大和証券11,700株2.48%
マネックス証券4,700株1.00%
楽天証券2,300株0.49%
いちよし証券2,300株0.49%
松井証券2,300株0.49%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,100円~3,200円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,300円~3,800円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

プラスゼロの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,000円~5,000円
修正値3,500円~4,000円
 

想定発行価格1,380円から仮条件の上限が1,650円に大きく引き上げられています。上場による吸収金額は最大で8.9億円です。
 

第4世代人工知能(AI)として注目され技術力が高いそうです。短期的には相当な注目を集めそうです。
 

黒字化したばかりの企業なのに機関投資家の評価がかなり高いみたいですね。上場するタイミングも良いため盛り上がりそうです。セカンダリー投資が気になります。
 

公開株数は若干多めだけど機関投資家の買いが入れば公募組は利益が大きく出そうです。
 

プラスゼロ(pluszero)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年10月13日~2029年10月12日193,200株
発行価格14円
2023年2月02日~2031年1月29日37,588株
発行価格1,885円
2023年4月22日~2031年4月21日12,000株
発行価格1,885円
2023年9月02日~2031年9月01日20,000株
発行価格1,885円
2023年9月16日~2031年9月15日2,000株
発行価格1,885円

 
ロックアップは90日間と180日間になり解除倍率設定なしです。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

行使期限に入るのは193,200株みたいですね。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,500,000株から算出すると想定価格ベースで約34.5億円になります。
 

機関投資家需要は難しいかもしれませんけど初値は高くなると思います。PERを計算してみると想定発行価格試算で24.84倍になります。
 

クラウドバンクに1万円投資したら2,500円分の楽天ポイントが貰えます。
 

毎日ログインすれば1P貰えるので地味に頑張っています。投資金額も増えて資産運用できているためありがたいです!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ