DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに口座開設を行うだけでAmazonギフト券1000円が貰えます!

ユニコーンAmazonギフト券1000円

イークラウドでも口座開設でAmazonギフト券貰えます!
イークラウド


かっこ(4166)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

かっこ(4166)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事はSBI証券が引受けます。
 

上場規模は約5.4億円で公開株数250,000株、オーバーアロットメント37,500株です。想定発行価格は1,890円になっています。
 

このIPOは初値期待が高いため全力申込ですね!
 

かっこ(4166)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場マザーズ
上場予定12月17日
BB期間12月02日~12月08日
企業ホームページhttps://cacco.co.jp/
事業の内容データサイエンスの技術とノウハウをもとに、アルゴリズム及びソフトウェアを開発・提供することで、企業の課題解決やチャレンジを支援する「SaaS型アルゴリズム提供事業」

 

【手取金の使途】

手取概算額418,006千円及び「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限65,205千円については、①不正検知サービスにおけるシステムのアーキテクチャ(注1)刷新等に伴うソフトウエア開発、②決済コンサルティングサービスにおける後払い決済システム(注2)に係るソフトウエア開発、③借入金及び社債の返済に充当する予定であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

かっこ(4166)IPOの業績と事業内容

前期売上約7.5億円で純利益が1.1億円と企業の規模は大きくありませんが、その分上場規模が小さくなっています。時価総額は48.8億円なので公開株数を絞って上場なのかな?と思っています。
 

この辺がSBI証券は上手いですね。
 

同社は「未来のゲームチェンジャーの『まずやってみよう』をカタチに」という経営ビジョンを掲げ、同社が有するデータサイエンスの技術とノウハウをもとに、アルゴリズム及びソフトウエアを開発・提供することで、企業の課題解決やチャレンジを支援する「SaaS型アルゴリズム提供事業」を展開しています。
 

特に、EC分野において、近年急増するオンライン決済での不正対策として、代金未払いとなり得る注文をリアルタイムに検知するSaaS型サービス「O-PLUX(オープラックス)」を主力製品とする「不正検知サービス」を展開しています。
 

かっこ(4166)IPOの業績
 

また、「不正検知サービス」とシナジー効果を発揮するサービスとして、クレジットカード等を用いずに、商品の受け取り後に支払いができる後払い決済を提供する後払い決済事業者に向けて、システム提供及びコンサルティングを行う「決済コンサルティングサービス」を展開しています。
 

後払い決済の審査エンジンとして「O-PLUX」を利用していただく事で、ワンストップのサービスを提供しています。
 


 

加えて、「SaaS型アルゴリズム提供事業」をEC分野のみならず、小売・流通業や製造業をはじめとした様々な分野において展開するべく、マーケティングや生産効率向上等に資するアルゴリズムを開発・提供する「データサイエンスサービス」を展開しています。
 

かっこ(4166)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,890円
仮条件1,860円~2,020円
公開価格12月09日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約4.7億円です。オーバーアロットメントを含めると約5.4億円になります。上場規模がかなり軽いため初値が数倍になりそうです。
 

想定発行価格も高めなのでこの株は期待できそうです。IPOラッシュ中という事が残念としか言いようがありません。
 

IPOチャレンジポイントもかなり必要だと思います。600Pはないと思いますけど楽しみですね。
 

かっこ(4166)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数245,000株
売出株数5,000株
公開株式数250,000株
OA売出37,500株
引受幹事SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
みずほ証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
岡三証券
極東証券
静銀ティーエム証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
水戸証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
DMM.com証券

 
SBI証券主幹事のIPOが今年は特に多いと思います。この調子で来年も主幹事を行うと取扱い数が15社とかになるのかもしれません。現在は10社になります。ネット証券でもこんなに主幹事を引受けるのは凄いです。
 

SBI証券の証券口座は早めに開設を行い、IPOチャレンジポイントを貯めたほうがよさそうですね。私もこれまで数百万円の利益になっているはずです。
 

NISA口座で買い付ければ税金もかからないため爆益になりますよね。
 


 
マネックス証券からの申込みと松井証券からの申込みも行っておきたいと思います。マネックス証券は引受けた株を全て抽選に回します!
 

松井証券は前受け金不要でIPO抽選に参加できるためついでに申し込む感じです。前受け金不要でも当選しているので今回も少しだけ期待しておきたいと思います。当選確率は株数が少ないため低いと思います。
 


 

 
かっこの会社設立は2011年1月28日、本社住所は東京都港区元赤坂一丁目5番31号、社長は岩井裕之氏(49歳)です。※2020年11月15日時点
 

従業員数は26人(臨時雇用者10人)、平均年齢34.1歳、平均勤続年数3.6年、平均年間給与約560万円です。
 

かっこ(4166)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
岩井 裕之523,176株19.66%
Symbolキャピタル合同会社465,000株17.48%
中沢 雄太247,803株9.31%
SMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合229,200株8.61%
亀山 誠225,588株8.48%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である岩井裕之並びに当社株主であるSymbolキャピタル合同会社、中沢雄太、亀山誠、中山勝史及び川口祐介は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目の2021年6月14日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等は行わない旨合意しております。

また、当社株主であるSMBCベンチャーキャピタル1号投資事業有限責任組合、みずほ成長支援投資事業有限責任組合、Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合、MSIVC2012V投資事業有限責任組合、 ~中略~ は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年3月16日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く)等を行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SBI証券(主幹事)212,400株84.96%
SMBC日興証券6,300株2.52%
みずほ証券6,300株2.52%
あかつき証券2,500株1.00%
岩井コスモ証券2,500株1.00%
岡三証券2,500株1.00%
極東証券2,500株1.00%
静銀ティーエム証券2,500株1.00%
東洋証券2,500株1.00%
松井証券2,500株1.00%
マネックス証券2,500株1.00%
水戸証券2,500株1.00%
楽天証券2,500株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 6,000円~8,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 5,000円~6,000円
※仮条件発表後
 

かっこ初値予想と市場コンセサンス

初値予想4,000円~5,000円

意外と大手予想が低い数値で逆に驚いています。事業規模が小さいせいなのかわかりませんが、IPOとしては人気が見込めるはずです。修正値で予想を上げてくると思いますけど、上限がどのあたりになるのか気になります。

またベンチャーキャピタル保有株が多く5社同日上場のため資金分散懸念が出ているようです。この辺りから初値予想が低めなのかもしれません。

時価総額は仮条件上限2,020円算出で52.2億円になり、吸収額は5.8億円です。

2020年12月の業績は売上8.1億円で経常利益9,100万円になります。前期比較だと売上8.5%増、経常利益は9,100万円の同値になります。四半期利益は9,600万円で前期比15.8%減になります。業績面の評価は難しそうです。

公開株数が少なく上場規模が小さいため需給が良いと言うことでしょう!
 

かっこ(4166)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2015年8月01日~2023年7月31日3,600株
発行価格200円
2016年3月15日~2024年3月14日95,946株
発行価格200円
2018年3月30日~2026年3月29日38,001株
発行価格1,267円
2019年7月01日~2027年3月28日21,585株
発行価格1,267円
2020年3月29日~2028年3月28日30,552株
発行価格1,267円
2018年4月01日~2038年3月31日90,000株
発行価格1,377円
2022年3月26日~2030年3月25日31,956株
発行価格1,267円

 
ロックアップは180日間(2021年6月14日)、またベンチャーキャピタルに対して90日間(2021年3月16日)のロックアップとなっています。さらにVCには発行価格1.5倍のロックアップ解除倍率が付きます。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。279,684株が行使期限に入るようです!
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,582,081株から算出すると想定価格ベースで約48.8億円になります。
 

SBI証券は魅力的なIPOを持ってくることが多いと思います。今回も相当人気だと思います。
 

また関連会社のSBIネオモバイル証券でもIPOの取扱いが行われると思います。現在はMITホールディングス(4016)の取扱いが発表されています。
 

口座を持っている方は忘れずに申込んでおきましょう。口座開設したばかりの時は優遇されます。それに若年層やFX口座を開設した方はさらに優遇されるようです。
 

日本初!Tポイント投資ができる証券会社 毎月200P還元で管理料20円だけ
SBIネオモバイル証券
 

サービスの内容は別記事で説明しています!Tポイント投資ができる企業なので持っておいて損はありません。私は毎月取引しています。
 

ビックリするほど活躍してくれる証券会社なので気に入っています!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ