【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトはPR記事を含みます

【評価】クオリプスIPOの上場と初値予想!iPS細胞由来心筋細胞シートの開発

クオリプス(4894)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約39.5億円で公開株数2,200,000株、オーバーアロットメント330,000株です。想定発行価格は1,560円になっています。
 

赤字バイオなので危険かもしれませんね。
 

クオリプス(4894)IPOの上場と初値予想
 

業 種医薬品
上場市場グロース市場
上場日6月27日
BB期間6月09日~6月15日
企業ホームページhttps://cuorips.co.jp/
事業の内容再生医療等製品、特定細胞加工物の研究、開発、製造、販売、再生医療等製品、特定細胞加工物に係る受託開発製造サービス及びコンサルティング業務

 

クオリプス(4894)IPOの業績と事業内容

同社は設立以来、ヒトiPS細胞由来の再生医療等製品の開発・商業化及び当社独自の設計コンセプトに基づくラボ一体型の商業用細胞培養加工施設「CLiC-1」を利用した製造開発受託事業を通じて、世界中のひとびとの健康と人生に貢献する新たな医療を作り出していくことを主たる事業目的としています。
 

ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートは、iPS細胞から心筋細胞への分化誘導を経て、大量作製及びシート化等の独自技術を用いて作製するもので、現在の内科的治療では治癒しない重症心不全の治療を目的とした再生医療等製品です。
 

クオリプス(4894)IPOの業績
 

クオリプス(4894)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,560円
仮条件1,400円~1,560円
公開価格6月16日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約34.3億円です。オーバーアロットメントを含めると約39.5億円になります。
 

上場規模が大きいため不安なIPOだと思います。黒字化する目処は経っていないようです。iPS細胞関係は人気なのか?新奇性はなさそうですね。
 

クオリプス(4894)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数1,700,000株
売出株数500,000株
公開株式数2,200,000株
OA売出330,000株
引受幹事野村證券(主幹事)
SBI証券
松井証券
委託見込DMM.com証券(PR)
LINE証券

 
上場承認時のデータではあまり良い感じはしません。野村證券主幹事なので行けるかも?程度ですね。
 


 
クオリプスの会社設立は2017年3月21日、本社住所は東京都中央区日本橋本町三丁目11番5号日本橋ライフサイエンスビルディング2(507)、社長は草薙尊之氏(64歳)です。※2023年5月24日時点
 

従業員数は46人(臨時雇用者6人)、平均年齢44.1歳、平均勤続年数2.3年、平均年間給与約581万円です。
 

クオリプス(4894)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
第一三共株式会社1,000,000株15.75%
イノベーション京都2016投資事業有限責任組合580,000株9.13%
テルモ株式会社530,000株8.35%
大幸薬品株式会社500,000株7.87%
SBI Ventures Two株式会社500,000株7.87%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2023年9月24日)になり、ベンチャーキャピタルに対してのみ発行価格2倍以上でロックアップが解除されます。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)2,024,000株92.00%
SBI証券165,000株7.50%
松井証券11,000株0.50%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,200円~1,800円
※ファーストインプレッション

第二弾⇒ 1,700円~2,000円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

クオリプスの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,000円前後
修正値1,800円~2,000円
 

大阪大学発再生医療ベンチャーであり赤字企業、「PJ1」がもうすぐ上市するためそれが材料になる。
 

結果待ちの治験終盤タイミングのため上場タイミングは材料的に悪くなさそう。ただ赤字バイオ懸念は残る。ノイルイミューン・バイオテック(4893)も仮条件が少し上がった。
 

株高が続いているためなんでもありかのかもしれない。総じてIPO人気は続くようだ。上場規模は約39.5億円。
 

製造設備を持っている企業で第一三共との共同開発が進んでいるのもポイントらしい。細胞シートの再生医療ベンチャーは注目とも?堅調なスタート予想だが地合い次第だろう。
 

クオリプス(4894)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年10月11日~2031年10月10日387,850株
発行価格1,027円
2024年3月01日~2031年10月11日12,100株
発行価格1,000円
2022年8月12日~2032年8月11日30,500株
発行価格1,438円
本新株予約権の目的である普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場した日から2年後の応当日の翌日から2032年8月12日まで77,500株
発行価格1,400円

 
ロックアップは90日間でVCのみ発行価格2倍以上でロックアップ解除になります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。507,950株が行使期限入りしています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の7,557,916株から算出すると想定価格ベースで約117.9億円になります。
 

難しいIPOになりそうです。仮条件の引下げなどもあると考えています。
 

バイオ株の上場中止が続いているためどうなんでしょうね。そもそもヒトiPS細胞由来の再生医療等製品にどんな需要があるのかわかりません。
 

既に売上が上がっていることは好感できますけどね。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ