【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】リアルゲイトIPOの上場と初値予想!サイバーエージェントが親会社

リアルゲイト(5532)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券が引受けます。
 

上場規模は約13.8億円で公開株数670,000株、オーバーアロットメント100,500株です。想定発行価格は1,790円になっています。
 

リアルゲイトIPOの上場と初値予想
 

業 種不動産業
上場市場グロース市場
上場日6月22日
BB期間6月07日~6月13日
企業ホームページhttps://realgate.jp/
事業の内容不動産に関するコンサルタント業務、不動産売買業務、不動産仲介業務、不動産賃貸業務、不動産管理運営業務、建築・設計監理業務、建築及び内装工事請負業務、損害保険の代理店業務

 

リアルゲイト(5532)IPOの業績と事業内容

スモールオフィスやシェアオフィスといったフレキシブルワークプレイスを提供することで、不動産に付加価値を付与し収益性を向上させる事業を行います。
 

ビルオーナーから不動産の運営委託やそれらに付随する設計・施工請負の受託、自社で保有している物件を直接テナントに賃貸することも行っています。
 

リアルゲイト(5532)の業績
 

リアルゲイト(5532)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,790円
仮条件1,700円~1,790円
公開価格6月14日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約12.0億円です。オーバーアロットメントを含めると約13.8億円になります。
 

サイバーエージェント子会社になります。公募株式だけで売出はないため問題ないと思います。公募組は利益を狙えると思います。
 

リアルゲイト(5532)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数670,000株
売出株数0株
公開株式数670,000株
OA売出100,500株
引受幹事大和証券(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券
岡三証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券(PR)
SBIネオトレード証券

 
大和証券と大和コネクト証券狙いで良さそうですね。よゆうがあれば他の証券会社からの申込みも行う感じです。
 

当選確率はあまり高くないと思いますけど人気もあまりなさそうです。親子上場ですからね。
 

リアルゲイトの会社設立は2009年8月24日、本社住所は東京都渋谷区千駄ヶ谷三丁目51番10号、社長は岩本裕氏(49歳)です。※2023年5月22日時点
 

従業員数は90人(臨時雇用者12人)、平均年齢32.5歳、平均勤続年数3.1年、平均年間給与約566万円です。
 

リアルゲイト(5532)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社サイバーエージェント1,830,000株80.64%
岩本 裕277,500株12.23%
サッポロ不動産開発株式会社40,000株1.76%
渡邊 学34,500株1.52%
横山 和哉21,500株0.95%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年12月18日)になります。解除倍率設定はありません。新株予約権者もロックアップ期間中の売却が基本的にできません。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(主幹事)603,100株90.01%
SMBC日興証券20,100株3.00%
SBI証券20,100株3.00%
岩井コスモ証券10,000株1.49%
岡三証券10,000株1.49%
マネックス証券6,700株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,000円~2,700円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,000円~2,300円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

リアルゲイトの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,300円~2,700円
修正値2,000円~2,500円
 

サイバーエージェントの子会社になりマスターリース契約を主力とした事業を行う。コワーキングスペース業態として認知されているようだ。
 

業績は増収増益になりインパクトある数値が出ている。今期四半期利益は2.92億円を見込む。ちなみに前期は減益で0.36億円と低い。
 

上場規模は13.8億円と普通だか不動産業と考えた場合にPER13.4倍は高いと感じる。ちなみに同社をサイバーエージェントが買収した価格は3,250円と観測されている。また配当はしばらく出さずに内部留保に回すらしい。
 

あまり魅力がある銘柄ではないと思うが親会社の名前が売れているため個人投資家中心に人気だろう。
 

リアルゲイト(5532)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2021年3月01日~2029年1月28日52,000株
発行価格158円
2021年10月18日~2029年10月16日14,000株
発行価格158円
2022年11月01日~2030年10月15日2,800株
発行価格808円
2023年7月01日~2026年6月30日200,500株
発行価格1,846.69円

 
ロックアップは180日間でと解除倍率設定なしになります。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。68,800株が行使期限入りします。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,670,000株から算出すると想定価格ベースで約47.8億円になります。
 

初値2倍は厳しいでしょうが、当たればそこそこの利益になりそうです。利益が出そうなIPOが多いため6月上場分は期待できそうですね。
 

当選できるように申込み続けるしかありません!
 

tileltuku リアルゲイト(5532)幹事も完全抽選で当選期待です⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ