DMM.com証券2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
ライブスター証券IPO事前入金の必要がないため当選してから入金が可能!
抽選方法は1口座1抽選方式の完全平等抽選なんです。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ユニコーンに口座開設を行うだけでAmazonギフト券1000円が貰えます!

ユニコーンAmazonギフト券1000円

イークラウドでも口座開設でAmazonギフト券貰えます!
イークラウド


アースインフィニティ(7692)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

アースインフィニティ(7692)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はJASDAQで主幹事はみずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約6.9億円で公開株数306,000株、オーバーアロットメント45,900株です。想定発行価格は1,970円になっています。このIPOは業績と公開規模から人気があると思います。
 

アースインフィニティ(7692)上場とIPO初値予想
 

業 種小売業
上場市場JASDAQスタンダード
上場予定10月16日
BB期間9月30日~10月06日
企業ホームページhttps://earth-infinity.co.jp/
事業の内容小売電気事業、ガス小売事業、電子機器の製造・販売・卸業

 

【手取金の使途】

手取概算額95,482千円については、「1 新規発行株式」の(注)3.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限83,189千円と合わせた、手取概算額合計上限178,671千円について、その全額を2021年7月期の運転資金に充当します。具体的には、エネルギー事業における契約件数増加に伴い増加する電力及びガスの仕入資金に151,870千円を、人員増加に伴い増加する人件費に26,801千円を充当する予定であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

アースインフィニティ(7692)IPOの業績と事業内容

売上と利益が急激に伸びています。IT系のIPOであれば相当人気だったでしょうね。アースインフィニティの事業は小売業なので初値2倍~2.3倍になればラッキーなはずです。ただ今回は3倍目標もあり得そうです。
 

2002年7月に設立されインバーター及びブレーカー販売を始め、2004年4月には電子ブレーカーを製造・販売し需要家の電気料金の削減に寄与してきたそうです。
 

2015年3月には特定規模電気事業者の届出、2016年4月に小売電気事業者の登録を行い小売電気に参入しています。
 

エネルギー事業は電気やガスを継続的に販売するストック型ビジネスになり、他社への切り替えによる解約が毎年一定割合発生しますが、継続的な収益を見込むことができるそうです。
 

アースインフィニティ(7692)IPOの業績
 

電気の契約は特別高圧、高圧、低圧に分類されて、大口と一般家庭との中間にあたる小規模工場や商店、飲食店等を中心にBtoBの営業を行っているそうです。
 

また、官公庁などの入札案件にも参加し契約獲得を行うBtoGの営業も行っています。
 

低圧の中でも1件あたりの電気料金が低い一般家庭は利益幅が小さく、逆に特別高圧・高圧などの1件あたりの電気料金が高い大口の客層は、売上ボリュームが大きくなります。
 

ただし、解約に至った場合や市場価格高騰の際は業績への影響が大きくなります。
 

アースインフィニティ事業のターゲット層
 

そのため、中間層を中心に営業を行うことで利益率を高め安定的な利益確保に努めているそうです。
 

同社では2019年6月にガス小売事業者の登録を行い、2019年10月にガスの小売に参入し電力とのセット販売を行っているそうです。
 

小売電気において、長年培ってきた電気の知識や営業ノウハウを活かし堅調に契約数を獲得しているそうです!
 

アースインフィニティ(7692)IPO事業系統図と電力販売
 

電子機器事業は、主に中小企業を対象とする電子ブレーカーの製造・販売・設置によるエネルギーコスト削減提案及びコンサルティングを行う事業です。
 

電子ブレーカーは同社の特許技術に基づき、協力会社で製品を製造しています。販売・設置を行うファブレスメーカーとして事業活動を展開しています。
 

アースインフィニティで電子ブレーカーの販売に伴うリースの事務代行やクレジットの取次から、設置工事に伴う電力会社への申請代行業務までを行います。また、取引契約を交わしている販売店へ卸販売することにより収益を獲得しています。
 

アースインフィニティ(7692)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,970円
仮条件1,820円~1,970円
公開価格10月07日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約6.0億円です。オーバーアロットメントを含めると約6.9億円になります。上場規模が小さく業績も良いため需要が多いと思います。

 
また、ストック型収益構造になるため契約件数が増えれば利益に結び付くため、中長期で収益を上げることができそうです。初値が低ければ長期的に上値を狙うこともできそうです。新型コロナウイルス感染症による影響もないようですからね。
 

アースインフィニティ(7692)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数55,000株
売出株数251,000株
公開株式数306,000株
OA売出45,900株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
SBI証券
丸三証券
岡三証券
マネックス証券
委託見込岡三オンライン証券
DMM.com証券

 
公開株数はオーバーアロッメントを合わせて351,900株と少なめです。初値2倍で20万円くらいの利益が見込めそうです。IPOでは特別人気とは言えない事業になると思います。しかし現在の地合いであれば短期間でも人気が見込めると思います。
 

マネックス証券が幹事入りしています。引受けた株数を100%抽選に回すため主幹事の次に当選しやすそうです。また直近IPOでヘッドウォーターズの委託幹事も引き受けています。委託幹事入りすることも多い証券会社なんですよね。
 


 
ユニコーンさんとのタイアップではありませんが当サイト経由の申込みを行って頂くと1,500円分のAmazonギフト券が貰えるようになりました。
 

期間が短いので早めにご検討ください。口座開設時にキャンペーンコードの「unicorn9」を入力すると500円上乗せで貰えます。詳しくは下記ページから公式サイトを確認してください
 

⇒ ユニコーン(UNICORN)サイトへ
 

ユニコーンは株式投資型クラウドファンディングを行っている企業です。最近はECF投資とも言われています。かなり魅力ある案件が出ているので私も投資を行ってみました。詳しくは下記記事でまとめています!
 

非上場株式への投資なのでIPO(新規公開株)を行った場合は投資額の数倍を回収できるはずです。企業成長に伴い数倍~数十倍のリターン期待が見込めます。
 


 
アースインフィニティの会社設立は2002年7月18日、本社住所は大阪府大阪市北区堂島浜二丁目2番28号、社長は濵田幸一氏(49歳)です。※2020年9月12日時点
 

従業員数は46人(臨時雇用者0人)、平均年齢34.2歳、平均勤続年数4.0年、平均年間給与約432万円です。
 

アースインフィニティ(7692)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
濵田 幸一2,181,900株73.76%
坂本 守孝120,000株4.06%
上田 朝雄90,000株3.04%
浅原 香織75,000株2.54%
津田 真奈美60,000株2.03%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である濵田幸一及び売出人である坂本守孝、当社株主である浅原香織、一氏亮佑及び白川功は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目の2021年4月13日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く)等を行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)284,700株93.04%
SBI証券6,100株1.99%
丸三証券6,100株1.99%
岡三証券6,100株1.99%
マネックス証券3,000株0.98%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,900円~4,800円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,500円~4,500円
※仮条件発表後
 

アースインフィニティ初値予想と市場コンセサンス

初値予想3,000円~5,000円

修正値5,000円~6,000円

電力自由化の規制緩和で似たような事業を行う企業が出てきています。イーレックス(9517)やアストマックス(7192)などが先に上場しています。

位置づけは関西地盤の新電力」になり全国展開を行っています。大口顧客も存在し、官公庁等への電力供給も行います。ベンチャーキャピタル保有株はなく需給は良好でしょう。

2021年7月期の業績予想は売上36.63億円で経常利益が5.48億円になるそうです。前期比較だと売上5.7%増、経常利益139.3%増になります。業績は文句なしみたいです。EPSが140.69なのでPERは14.00倍になります。PBRは4.93倍でした。

吸収額が6.9億円と小さいため初値利益が十分狙えると思います。時価総額は仮条件上限で59.4億円です。
 

アースインフィニティ(7692)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
ストックオプションなし-株
発行価格-円

 
ロックアップは180日間(2021年4月13日)、ロックアップ解除倍率の設定はありません。また、ストックオプションもありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の3,013,300株から算出すると想定価格ベースで約59.4億円になります。
 

意外と初値買い需要が多いため高騰しそうな気がしています。配当金も43円出るみたいなので想定発行価格算出の配当利回りは2.18%です。決算期が7月末なのは上場日程から残念だと思います。
 

初値が低ければ中長期投資も面白そうなIPOだと思います!
 

DMM.com証券に口座開設している方はモーニングスターの有料版株式新聞を無料で見ることができます。1年間に48,000円分の情報がタダなので活用しましょう!
 

DMM.com証券はIPOの前受け金が必要ないため口座開設を行った後にIPOの抽選申込にも参加できます。詳しくは下記記事でまとめています。IPO初値予想の他にも株情報が詳しく掲載されています。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

スポンサーリンク

このページの先頭へ