IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

フロンティア・マネジメント(7038)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

フロンティア・マネジメント(7038)IPOが新規上場承認されました。主幹事はみずほ証券で公開株式520,000株、オーバーアロットメント78,000株、想定発行価格2,260円で市場から吸収する資金は約13.5億円となります。事業は経営コンサルティングやM&Aアドバイザリーなどを行っています。
 

業種的には流通業向け及び産業財製造業向けが非常に好調ということです。またM&Aでは、中規模の成功報酬が数多くあり、産業財製造業や大型のM&A案件の成立もあるとのことです。今期業績はさらに好調となる見込みなので初値期待は高いように思います。
 

フロンティア・マネジメント(7038)IPO上場と初値予想
 

業 種 サービス業
上場市場 マザーズ
公開予定 9月28日
BB期間 9月10日~9月14日
企業ホームページ http://www.frontier-mgmt.com/
事業の内容 経営コンサルティング、M&Aアドバイザリー、経営執行支援、事業再生支援

 

【手取金の使途】

手取概算額551,384千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当による自己株式の処分の手取概算額上限162,177千円と合わせた、手取概算額合計上限713,561千円につきましては、以下のとおり充当する予定であります。

①人材採用に要する資金
当社は人材が資産の会社であり、優秀な人材の確保が事業継続のために必要であることから、採用費として336,000千円を充当します。充当時期は、平成31年12月期において112,000千円、平成32年12月期において112,000千円、平成33年12月期において112,000千円を予定しております。

②業容拡大に伴う本社事務所の移転等のための資金
当社オフィスを1フロアに集約することによる営業効率及び業務品質の向上を企図し、本社事務所の移転を計画しております。当該移転に伴い、平成31年12月期において、設備投資211,000千円、移転費用51,000千円及び現オフィスの原状回復費用15,561千円を充当します。

③FCDパートナーズ株式会社が組成するファンドへの出資資金
株式会社日本政策投資銀行と共同で設立いたしましたFCDパートナーズ株式会社が新たに組成するファンドへの出資資金として、平成32年12月期において100,000千円を充当します。

なお、上記調達資金は具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります

 

フロンティア・マネジメント(7038)IPOの業績と事業内容

業績は売上・利益ともに拡大となっていますが、第10期では赤字になっています。現在の最新開示情報では今期も好調に推移するようです。グループは同社と連結子会社1社と持ち分法適用関連企業が1社となり、合計3社となります。
 

事業は、4つに分かれており「経営コンサルティング事業」「ファイナンシャル・アドバイザリー事業」「再生支援事業」「その他事業」に区分されます。
 

経営コンサルティング事業は、経験豊富なアナリストが数多くいることで幅広い業界に対して、各産業の特性に応じた各種ソリューションを顧客企業に提供しているそうです。顧客企業の経営戦略の立案から、中期経営計画の策定から実行支援、常駐型で実行支援を行う経営執行支援、M&Aに関連して実施される事業デュー・ディリジェンス等のサービスを提供しています。
 

フロンティア・マネジメント(7038)業績と事業内容
 

ファイナンシャル・アドバイザリー事業は、顧客企業が行うM&Aや組織再編に関して、M&A戦略の立案から、対象企業の選定・アプローチ、各種デュー・ディリジェンス、企業価値算定、取引条件・契約書交渉、資金決済等の手続きといった業務全般に関する助言などを行っています。
 

ブルームバークでは日本M&Aマーケットレビュー アドバイザー・ランキングで過去7年間ランキングが10位以内になるそうです。
 

フロンティア・マネジメント(7038)IPO評判
 

再生支援事業は、再生支援を必要とする企業に対して事業再生計画策定から実行支援、金融機関との利害調整、経営改革のための経営参画、各種再生手続き上の支援までトータルサポートを行っています。
 

その他事業は、再生支援事業やファイナンシャル・アドバイザリー事業に関連し、弁護士、会計士及び税理士等の各種制度関連の専門家による調査業務を行います。その他、事業会社及び金融機関の役職員を対象とした教育研修事業や関連会社を通じてファンドによる資金支援業務なども行っています。
 

フロンティア・マネジメント(7038)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 2,260円
仮条件 2,160円~2,260円
公開価格 9月18日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約11.8億円です。オーバーアロットメントを含めると約13.5億円になります。上場規模は通常よりも少し大きいサイズとなっています。
 

コンサルティングやM&Aを行っている企業なのでIPOでは最近人気です。ただし、ありふれている事業なので初値が数倍になるようなことはないでしょう。

 

フロンティア・マネジメント(7038)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 270,000株
売出株数 250,000株
公開株式数 520,000株
OA売出 78,000株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券 岡三オンライン証券
岩井コスモ証券
いちよし証券
丸三証券

 

主幹事みずほ証券から狙いたいIPOとなっていますが、SMBC日興証券からの申し込みも忘れないようにしておきましょう。SBI証券のIPOチャレンジポイントももちろんです!
 

岡三オンライン証券からも前受け金不要なので申し込んでおきましょう。岡三証券からも申込みますが、こちらは前受け金が必要になります。岩井コスモ証券は後期型抽選なので一般抽選が終わった後からの申込みになります(購入申し込み)
 


 

 
会社設立は2007年1月04日、本社は東京都千代田区九段北三丁目2番11号、代表取締役は大西正一郎氏(55歳)と松岡真宏氏(51歳)の2名となっています。また、従業員数は141人(連結従業員数142人)で平均年齢は39歳、平均勤続年数3.3年、平均年間給与1,284万円となります。
 

フロンティア・マネジメント(7038)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
大西 正一郎 877,210株 29.87%
松岡 真宏 877,210株 29.87%
フロンティア・マネジメント株式会社 350,000株 11.92%
矢島 政也 187,970株 6.40%
村田 朋博 65,970株 2.25%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である大西正一郎及び松岡真宏並びに当社株主である矢島政也、村田朋博、西田明徳、光澤利幸、彦工伸治、西澤純男、佐伯俊介、森口輝来、長森洋志、栗山史、梅本武、工藤友紀、竹下薫、中村暁高、近藤俊明、梅村崇貴、加藤浩司、山川寛之、中村哲、中村達、西山千晶、栗田弓子及び山崎拓は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成30年12月26日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

フロンティア・マネジメントIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ証券(主幹事) 452,400株
SMBC日興証券 26,000株
SBI証券 15,600株
岡三証券 10,400株
岩井コスモ証券 5,200株
いちよし証券 5,200株
丸三証券 5,200株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

フロンティア・マネジメントIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 3,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,800円
※仮条件発表後
 

フロンティア・マネジメントIPOの大手初値予想

3,500円~4,000円

その後、3,500円~4,000円変わらず
 

フロンティア・マネジメント(7038)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成32年5月16日~平成40年5月15日 83,800株
発行価格300円

 
ロックアップは90日間(平成30年12月26日)、ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。既存株主にはベンチャーキャピタルの名前はなく公開株式以外の株は流通しない構造のようです。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,853,000株から算出すると想定価格ベースで約64.5億円になります。
 

フロンティア・マネジメントは申し込みをしてもよい銘柄だと思います。微妙な銘柄が増えてきていますが、資金吸収もそれほど大きくないため初値利益は出ると思います。同日上場にワールド(3612)がありますが、どうせなら同社のIPOに参加したいと思います。もちろん当選狙いです!
 

tileltuku フロンティア・マネジメントIPO幹事決定しました⇒ 岩井コスモ証券

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ