【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

バンカーズAmazonギフト券キャンペーン

※キャンペーンの詳細はこちらでまとめています


ジィ・シィ企画(4073)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

ジィ・シィ企画(4073)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事は岡三証券が引受けます。
 

上場規模は約8.2億円で公開株数414,400株、オーバーアロットメント62,100株です。想定発行価格は1,720円になっています。
 

ジィ・シィ企画(4073)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場マザーズ
上場日上場中止
BB期間6月18日~6月24日
企業ホームページhttp://www.gck.co.jp/
事業の内容クレジットカード等のキャッシュレス決済に係るシステム開発及び導入後の保守運用並びにクラウド型の決済 ASP サービスの提供

 

【手取金の使途】

手取概算額310,480千円については、「1新規発行株式」の(注)4に記載の第三者割当増資の手取概算額上限98,267千円と合わせた手取概算額合計上限408,747千円について、事業拡大に向けて、設備投資及び人材採用費として充当する予定

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

ジィ・シィ企画(4073)IPOの業績と事業内容

前期業績がすこぶる絶好調です。これは政府のキャッシュレス推進政策のおかげですよね。
 

同社は「社会に貢献する企業として、高品質の商品とサービスの提供により、顧客満足度を高め、社員一人一人が高いモラルを維持し、社会にとってなくてはならない会社となる。」を経営理念としています。
 

電子マネーの急速な普及に伴い多様化するカード取引に対応するシステムを開発し、「キャッシュレス決済サービス事業」としてカード会社加盟店や企業への導入及びクラウドによる決済ASPサービスを行っています。
 

また、導入後の保守・運用に関するサポートサービスは自社でヘルプデスクを備え、24時間体制でタイムリーに対応できるよう整備しています。
 

ジィ・シィ企画(4073)IPOの業績
 

買い物は現金決済が当たり前で、クレジットカードはお金持ちが使うものという時代から、日々の買い物をカードや、電子マネーで決済することが普通に行われる時代へと、世の中はキャッシュレス時代に向けて大きく舵を切ってきました。
 

同社は創業時よりキャッシュレス決済の仕組みを提供しており、国内決済に占めるキャッシュレス決済の比率は26.8%です。
 

国家戦略により2025年には40%、将来的には80%を目指しており、今後ますます需要が高まるものと考えられます。また、同社の顧客は中堅から大手の流通事業者が中心となっているそうです。
 

ジィ・シィ企画(4073)IPOのターゲット層
 

同社の提供するキャッシュレス決済サービス事業は、カード会社加盟店の運用負担やコスト低減、セキュリティの確保など多様なニーズに応えることができます。
 

カード会社加盟店が自身で管理する環境へシステム構築を行うオンプレミス型に加え、同社が保有するシステムをクラウドとして利用する決済ASPサービスを提供しています。
 

いずれの場合にもカード会社加盟店向けのサービスとして24時間365日のヘルプデスクを設置し、開発、導入から保守、運用までワンストップで提供しています。
 

ジィ・シィ企画(4073)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,720円
仮条件1,720円~1,840円
公開価格6月25日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約7.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約8.2億円になります。
 

上場規模が軽量級で人気が見込めそうです。7月上場なので初値付かずも視野に入ると考えられます。
 

ジィ・シィ企画(4073)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数200,000株
売出株数214,400株
公開株式数414,400株
OA売出62,100株
引受幹事岡三証券(主幹事)
みずほ証券
ちばぎん証券
いちよし証券
SBI証券
エイチ・エス証券
水戸証券
むさし証券
委託見込SBIネオトレード証券

 
岡三オンライン証券からの抽選参加もできることが発表されています。同系列の企業になるため委託販売の株数がいつもよりも多いと考えられます!
 

口座を開設している方は申込みを行っておきましょう。前受け金不要でIPO抽選に参加できる証券会社となっています。IPOのルールは別記事にまとめています。
 


 
ジィ・シィ企画の会社設立は1995年9月13日、本社住所は千葉県佐倉市王子台一丁目28番8号、社長は矢ヶ部啓一氏(59歳)です。※2021年6月14日時点
 

従業員数は117人(臨時雇用者7人)、平均年齢40.3歳、平均勤続年数6.0年、平均年間給与約610万円です。
 

ジィ・シィ企画(4073)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社コミューン607,440株26.13%
金子 哲司274,000株11.78%
矢ヶ部 啓一203,600株8.76%
株式会社アイネット160,000株6.88%
坂井 正人158,000株6.80%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人である金子哲司、売出人である矢ヶ部啓一、坂井正人及び金子京子並びに当社株主である株式会社コミューン、小坂大輔、近藤茂男、小関哲及び髙木洋介は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目の2022年1月02日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨合意しております。

この他、株式会社アイネットに対して90日間のロックアップと発行価格の1.5倍以上のロックアップ解除が設けられています。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
岡三証券(主幹事)356,800株86.10%
みずほ証券20,700株5.00%
ちばぎん証券8,200株1.98%
いちよし証券8,200株1.98%
SBI証券8,200株1.98%
エイチ・エス証券4,100株0.99%
水戸証券4,100株0.99%
むさし証券4,100株0.99%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,500円~4,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 3,600円~4,500円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ジィ・シィ企画の初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,500円~5,000円
修正値4,300円~6,000円
 

久々の岡三証券案件になります。通常であれば上場日は初値付かずでもおかしくないと思います。業績は今期鈍化するみたいですけど前期に政府のキャッシュレス政策で特需があったために減収減益になるようです。
 

基本的に業績拡大方向と考えてよいみたいですね。仮条件は上振れしていて1,720円~1,840円となっています。上限決定だと8.8億円の吸収になります。
 

業績は2021年6月期で売上21.87億円となり経常利益2.07億円の予想値となっています。前期比だと売上17.09%減、経常利益45.10%減になります。四半期利益は1.44億円で前期比だと46.27%減です。
 

やばいくらい減益になるみたいです。もしかしたらコロナにより上場を1年延期したのかも?と考えられます。EPSが70.23なのでPERは26.20倍です。成長性というよりも妥当値にあるようです。
 

初値2倍超えになればいい感じでしょうね。
 

ジィ・シィ企画(4073)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2016年7月01日~2022年6月30日130,800株
発行価格200円
2015年9月18日~2025年9月17日39,200株
発行価格225円
2016年9月21日~2026年9月20日46,400株
発行価格250円
2021年7月01日~2028年6月30日21,200株
発行価格300円

 
ロックアップは90日間(2021年10月04日)と180日間(2022年1月02日)があり、90日間分のアイネットに対してだけ1.5倍でロックアップが解除されます。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。237,600株が行使期限入りします。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,288,160株から算出すると想定価格ベースで約39.4億円になります。
 

キャッシュレス系のIPOは人気なので需給の心配はありません。初値2.3倍を超えてくるのかそこに注目しています。
 

tileltuku リヴァンプ(4070)幹事も完全抽選で当選期待です⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ