IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップ

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

リビン・テクノロジーズ上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

リビン・テクノロジーズ(4445)IPOが新規上場承認されました。市場は東証マザーズで主幹事はみずほ証券です。新日本製薬に続いて引受けています。今回は株数が少なく想定発行価格3,820円と高めの設定で吸収規模は14.6億円と少しサイズが大きいようです。
 

公開株数は332,500株、オーバーアロットメント49,800株となっています。幹事は10社と多い割に当選確率は低いようです。ただ株価設定が高いため数十万株の買い越しで大きな利益が出そうです!
 

リビン・テクノロジーズ上場と初値予想
 

業 種 情報・通信業
上場市場 マザーズ
公開予定 6月28日
BB期間 6月12日~6月18日
企業ホームページ https://www.lvn.co.jp/
事業の内容 WEBテクノロジーと不動産を融合した不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」の企画・開発・運営等

 

【手取金の使途】

手取概算額306,296千円については、当社サービス「リビンマッチ」の認知度アップ及びエンドユーザーを獲得するための広告宣伝費の一部として206,296千円(令和元年9月期21,190千円、令和2年9月期88,100千円、令和3年9月期97,006千円)、「リビンマッチ」の新機能の開発費用及びセキュリティ強化対策のための投資資金として60,000千円(令和元年9月期11,339千円、令和2年9月期48,661千円)、事業拡大に伴い、開発プログラマーや営業人員等の優秀な人材を確保するための採用費、教育費の一部として40,000千円(令和元年9月期4,444千円、令和2年9月期17,778千円、令和3年9月期17,778千円)を充当する予定であります。

なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

 

リビン・テクノロジーズ(4445)IPOの業績と事業内容

業績は売上・利益共に好調に推移し今期業績も期待が持てます。利益が出なかった時期もあるようですが本格的に収益が伸びはじめ勢いが感じられます。
 

リビン・テクノロジーズは「インターネットを利用して、人々の生活に密着した手放せないサービスを提供し、世の中に必要不可欠な企業になる」という企業理念のもと、「不動産プラットフォーム事業」として、不動産・住宅業界に特化したインターネットマーケティングサービスを提供している会社です。
 

不動産プラットフォーム事業は、運営する不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」を軸に、「売りたい」「管理してほしい」「建てたい」「土地を活用したい」といった不動産に関するエンドユーザーのさまざまなニーズと、クライアントである不動産会社(加盟企業)の集客に関するニーズの双方を満たすサービスを提供しています。
 

※バーティカルメディアとは、ある専門領域・専門分野に特化したメディアという意味です。リビンマッチは、不動産取引における会社比較という専門領域に特化したサービスをインターネット上で提供していることです。
 

リビン・テクノロジーズIPOの売上利益画像
 

マッチングサービスでは、主にエンドユーザーと加盟企業をマッチングするインターネットサービスを提供しています。エンドユーザーは、不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」の提供する各サービスについて、無料で複数の加盟企業に一括で問い合わせを行うことが可能です。
 

一方、加盟企業は、エンドユーザーからの問い合わせの獲得を通じて、エンドユーザーを見込客として営業活動を行うことが可能です。不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」へのエンドユーザーの訪問数は、年間1,600万を超えており、年間9万件を超える問い合わせをがあります。
 

マッチングサービスでは、反響課金型または定額課金型の利用料体系を採用しています。反響課金型の利用料体系では、加盟企業はエンドユーザーからの問い合わせの獲得数等の一定の成果に応じて利用料を支払うため、初期費用・月額固定費用ゼロでエンドユーザーからの問い合わせを獲得することが可能となっています。
 

リビン・テクノロジーズ(4445)成果報酬事例
 

またマッチングサービスでは、エンドユーザーと加盟企業との間の円滑なやり取り・コミュニケーションを可能にし、業務管理を効率化する取引サポートシステムを構築しています。
 

ブランディングサービスでは、運営する不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」の広告枠を加盟企業に提供し、自社の強みや特長に関するコンテンツを掲載する(掲載型広告)ことや、Yahoo!やGoogle等の外部のインターネット広告媒体の広告枠を代理販売し、自社の広告を掲載する(ネット広告)ことにより、主に不動産会社を対象としてインターネット上におけるブランドイメージ構築の支援を行っています。
 

該当期 加盟企業数
平成26年9月末 637店
平成27年9月末 1,096店
平成28年9月末 1,650店
平成29年9月末 2,142店
平成30年9月末 2,478店

※各該当期の期末時点での加盟企業数

リビン・テクノロジーズ(4445)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 3,820円
仮条件 3,700円~3,900円
公開価格 6月19日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約12.7億円です。オーバーアロットメントを含めると約14.6億円になります。株価設定が高いネガサ株と言われる部類に入り収益期待も高くなります。
 

事業的には魅力が薄れると考えられますが上場構造は悪くありません。公開株式が少なくベンチャーキャピタル出資もないため魅力的です。
 

リビン・テクノロジーズ(4445)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 90,000株
売出株数 242,500株
公開株式数 332,500株
OA売出 49,800株
引受幹事 みずほ証券(主幹事)
SBI証券
SMBC日興証券
楽天証券
マネックス証券
いちよし証券
東海東京証券
丸三証券
岩井コスモ証券
エース証券

 

株数が少ないため主幹事を中心に幅広く申し込みを行い運が良ければ当選する?という感じでしょう。地合いによると思いますが、まさかの初値2倍も?そうなるととんでもない利益になりますね。SBI証券のIPOチャレンジポイントを貯めつつ参戦です!
 


 
そして、東海東京証券がまた幹事に入っています!現在の申し込みや取扱いIPOは5社もあります。幹事だけではなく主幹事も引き受けますが、資金重複で抽選に参加できるのでお勧めです。

 


 
会社設立は2004年1月15日、本社住所は東京都中央区日本橋堀留町一丁目8番12号、社長は川合大無氏(44歳)です。従業員55人(臨時雇用者15人)、平均年齢32.5歳、平均勤続年数2.2年、平均年間給与約458万円です。
 

リビン・テクノロジーズ(4445)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
川合 大無 840,000株 66.64%
川合商会株式会社 400,000株 31.73%
小櫻 耕一 3,268株 0.26%
佐藤 慎也 2,424株 0.19%
辻 準 1,956株 0.16%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である川合大無並びに当社株主である川合商会株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の令和元年12月24日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

リビン・テクノロジーズIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数 割合
みずほ証券(主幹事) 296,400株 89.14%
SBI証券 11,600株 3.49%
SMBC日興証券 6,600株 1.98%
楽天証券 4,900株 1.47%
マネックス証券 3,300株 0.99%
いちよし証券 3,300株 0.99%
東海東京証券 1,600株 0.48%
丸三証券 1,600株 0.48%
岩井コスモ証券 1,600株 0.48%
エース証券 1,600株 0.48%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

リビン・テクノロジーズIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 4,500円~5,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 5,000円~7,000円
※仮条件発表後
 

リビン・テクノロジーズIPOの初値予想

5,000円~9,000円

不動産会社比較サイトの中では大手に属するようです。上場後の規模拡大を考慮すれば一定の買いは入る見込みです。ただ吸収額が大きめなので、機関投資家の買いが入らなければそれほど高く初値が付かない可能性があります。提携企業は多いが提携している企業の質については少し疑問も残ります。

EPS158.62になりBPSは611.42と言うことでPER24.59倍、PBR6.38倍です。配当金は出ません。2019年9月期決算になり増収増益を見込んでいます。売上は前期と比べ4.7%しか伸びませんが、経常利益が25.9%伸びるようです。四半期利益は13.6%増で着地するようです。業績問題はなく参戦者の懐次第で初値が大きくブレそうです。

公募組は何も心配せず獲得を目指すだけです。類似企業的にはファーストロジック(6037)あたりでしょう。売上構成はマッチングサービス87.7%、ブランディングサービス12.3%になり不動産会社比較による収益が殆どです。業績の伸びやIPOで人気の比較サイト運営なので期待したい。
 

リビン・テクノロジーズ(4445)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成30年9月27日~令和8年9月26日 10,800株
発行価格40円
令和2年5月24日~令和10年5月23日 8,816株
発行価格693円
令和2年5月24日~令和10年5月23日 840株
発行価格693円

 
ロックアップは180日間(令和元年12月24日)、ロックアップ解除倍率は目論見に書かれていないため設定なしです。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。行使期限に入っている株数は10,800株です。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,330,000株から算出すると想定価格ベースで約50.8億円になります。
 

とりあえず全力申し込みで問題なさそうな銘柄です。ありきたりな事業と言われればそうかもしれませんが、業績拡大が続いているため買い先行で始まると思います。
 

トビラシステムズのように上場後、右肩上がりになるとは考えにくいかもしれませんが初値は高く寄り付くと考えています。当選したいですね。新日本製薬は利益が出そうなパターンで株数も多いことから狙い目かもしれません。
 

テーマ投資で最大規模のフォリオは1万円から投資可能! 1万円当たります
⇒ フォリオ(FOLIO)

FOLIO

※フォリオ(FOLIO)の運用実績とメリット・デメリットをまとめました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

フォリオ(FOLIO)の運用実績

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ