IPO取扱企業の詳細と特典

IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
IPO抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要。
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
icon3newpink インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で13,000円】



みらいワークス(6563)IPO新規上場 | 初値予想と幹事情報

みらいワークス(6563)IPOが新規上場承認されました。

プロフェッショナル人材サービスを提供している企業です。普通の人材派遣ではないことが特徴です。
しかも市場からの吸収額が3.8億円程度なので人気化しそうです。ただ、SBI証券が主幹事をするため抽選当選は難しいでしょうね~
 


 

業 種 サービス業
上場市場 東証マザーズ
公開予定 12月19日
BB期間 12月01日~12月07日
企業ホームページ https://mirai-works.co.jp/

 

【事業の内容】
コンサルタントのビジネスマッチングサービス「FreeConsultant.jp」の運営等

 

【手取金の使途】
手取概算額240,676千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限37,447千円と合わせた手取概算額上限278,123千円について、バックオフィス業務の効率化によるコスト削減のため、ソフトウエアの開発のための開発委託費及び人件費として20,000千円(平成30年9月期)、営業業務の移動の効率化と採用促進を図るため、オフィス移転費用として35,000千円(平成30年9月期)を充当する予定であります。また、競争力の維持及び売上成長のための人材の採用育成費等の運転資金として223,123千円(平成30年9月期)を充当する予定であります。

 

みらいワークス(6563)IPOの業績と事業内容


 


 

プロフェッショナル人材サービス事業をおこなっている企業で、主にビジネスコンサルティングとITコンサルティングの両領域におけるコンサルティングサービス市場および人材サービス市場を展開しています。
 

総務省によると、起業・独立のための環境が近年において急速に整備されつつあり、コンサルティング会社に所属していたコンサルタントが独立し、フリーランスとして活動する優秀なプロフェッショナル人材が増加しているそうです。
その反面、収入の不安定さといったリスクもあることから、個人事業主としての活動することの不安を取り除く必要があり、同社のサービスが活躍する流れです。
 


 

みらいワークスは、ハイスペック層の個人に特化したプロフェッショナル人材サービスを提供していることが最大の特徴であり、顧客企業から依頼される案件との高いマッチング率とプロフェッショナル人材の安定した稼働を支える当社専門スタッフによるフォロー体制等、顧客企業へのサービス品質管理を徹底しているそうです。
※独立プロフェッショナル人材の登録数は5,700名超、案件を獲得している会社数は665社超
 

みらいワークス(6563)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,590円
仮条件 11月29日
公開価格 12月08日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約3.4億円です。
オーバーアロットメントを含めると約3.8億円になります。
 

12月後半戦は優良株が多いので迷わず申込をしたいと思います。
後半戦はIPOに申し込む疲れも出てくると思いますが、出来るだけ頑張ろうと思います!面倒なんですけどね(笑)
 

みらいワークス(6563)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 170,000株
売出株数 44,000株
公開株式数 214,000株
OA売出 25,600株
引受幹事 SBI証券(主幹事)
みずほ証券
松井証券
マネックス証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
岡三証券 岡三オンライン証券
極東証券
東洋証券

 

SBI証券主幹事狙いです。
久しぶりに松井証券が幹事入りしていますが、中々当選しない気がします。過去にJALとかは当選しましたけどね。
とにかく口座があるところからの申し込みはしておきましょう。
 


 
東京都渋谷区恵比寿に本社があり、会社設立は2012年03月です。
社長は岡本祥治氏、従業員数28人、平均年齢36.8歳、平均勤続年数1.5年、平均年間給与約509万円です。
 

みらいワークス(6563)IPOの初値予想


※株主の状況
 

【ロックアップ情報】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である岡本祥治、売出人である株式会社中田康雄事務所、ならびに当社株主である品川広志及び三木浩は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等は行わない旨合意しております。

売出人である佐藤卓也は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成30年3月18日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

 

みらいワークスIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
SBI証券(主幹事) -株
みずほ証券 -株
松井証券 -株
マネックス証券 -株
藍澤證券 -株
岩井コスモ証券 -株
SMBCフレンド証券 -株
岡三証券 -株
極東証券 -株
東洋証券 -株

※目論見の訂正事項発表後に株数を記載、委託幹事は記載なし
 

みらいワークスIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 4,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 仮条件発表後
※仮条件発表後
 

みらいワークスIPOの大手初値予想

未定(施策)
 

みらいワークス(6563)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成29年6月25日~
平成37年6月24日
120,000株
発行価格900円
平成30年4月01日~
平成37年3月31日
22,700株
発行価格900円
平成30年9月30日~
平成37年9月29日
16,050株
発行価格900円

 
ロックアップ90日間、ロックアップ解除倍率が1.5倍と目論見に書かれています。
ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の1,170,000株から算出すると想定価格ベースで約18.6億円になります。
 


 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

仮想通貨始で気が付いた

Twitter始めました

このページの先頭へ