【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券1000円分貰えます!!

バンカーズ(Bankers)アマギフ

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら(最大9.7万円)


ネオマーケティング(4196)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

ネオマーケティング(4196)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はジャスダックで主幹事はいちよし証券が引受けます。
 

上場規模は約8.8億円で公開株数460,000株、オーバーアロットメント69,000株です。想定発行価格は1,660円になっています。
 

初値は高くなりそうですが当選しにくい「いちよし証券案件」になります。厳しいですね。
 

ネオマーケティング(4196)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場JASDAQスタンダード
上場予定4月22日
BB期間4月06日~4月12日
企業ホームページhttps://neo-m.jp/
事業の内容マーケティング支援事業

 

【手取金の使途】

手取概算額334,256千円については、当社グループの事業運営上のリスクでもある人材の確保と維持についての対策と合わせて業容拡大に応じて急務となっている優秀な人材獲得の採用費として、2021年9月期に10,500千円、2022年9月期に16,800千円、2023年9月期に18,900千円、前述の獲得人材の獲得期の人件費として、2021年9月期に30,000千円、2022年9月期に48,000千円、2023年9月期に54,000千円、新卒研修を除いた従業員のスキルアップ研修として、2021年9月期に3,100千円、2022年9月期・2023年9月期に各2,650千円を計画しております。

地方の優良企業をターゲットとする営業戦略から拠点設置に伴う設備投資や金融機関からの借入金の返済にも使われる予定です。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

ネオマーケティング(4196)IPOの業績と事業内容

2020年9月期の利益が物凄く伸びています。そして今期はさらに好調になる予想がでています!
 

同社グループは、「人と企業の架け橋となる価値ある情報サービスを提供し、人々の生活向上と社会発展に貢献する」という経営理念のもと、マーケティング支援事業を行っています。
 

生活者起点のマーケティング支援というコンセプトにより、マーケティング領域におけるノウハウや経験、データを蓄積してきたそうです。
 

グループ企業は同社と連結子会社3社(株式会社セールスサポート、パイルアップ株式会社、NEO MARKETING ASIA LIMITED)で構成されています。
 

ネオマーケティング(4196)IPOの業績と事業内容
 

同社グループはクライアント企業のマーケティングプロセスを4つのプロセスに分けて考察したうえでサービスを提供しています。
 

マーケティングプロセスとは一般的に企業が市場調査を実施し、市場調査結果を基に商品を開発し、開発した商品を宣伝し、宣伝効果や効果の結果もたらされた売上等の成果を検証していくという一連のプロセスのことを指します。
 

それぞれのプロセスごとに適切なマーケティング施策を各サービスと対応するかたちで考案した、独自のマーケティングフレームワーク4Kを開発しています。
 

独自フレームワークを活用してクライアント企業のマーケティングプロセス全般に渡って、一気通貫でサービス提供出来ることを特長としています。
 

4Kとは生活者インサイトの発見から商品開発、販売促進から各施策の改善までを指します。
 

ネオマーケティング(4196)IPOのマーケティングプロセス
 

クライアント企業は、同社のインサイトドリブンやカスタマードリブンといったマーケティングサービスによって、商品やサービスを開発します。
 

商品やサービスが市場に上市された後はデジタルマーケティングやPRでプロモーションし、カスタマーサクセスによって顧客のクライアント企業に対するロイヤリティを高めるよう支援します。
 

一連のマーケティングプロセス全般に渡って、マーケティング活動を統合的に支援出来る体制を構築しています。
 

創業以来累計で約2,000社強の取引実績があるため、新規顧客からの売上に加えて、既存顧客に対するクロスセルやアップセルにも努めています。
 

ネオマーケティング(4196)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,660円
仮条件1,660円~1,800円
公開価格4月13日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約7.6億円です。オーバーアロットメントを含めると約8.8億円になります。上場規模が小さく初値2倍以上が見込めそうです!
 

今期業績は増収増益になるため上場タイミングも良さそうです。コロナ需要も見込めそうです。
 

ネオマーケティング(4196)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数230,000株
売出株数230,000株
公開株式数460,000株
OA売出69,000株
引受幹事いちよし証券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
極東証券
東洋証券
松井証券
マネックス証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
主幹事のいちよし証券引受けが75%と低いため平幹事からの当選も期待できそうです。ただネット組は厳しそうです。
 

ネット抽選だとマネックス証券からの申込みを優先したほうがよさそうです。対面型の証券会社引受けが多いためです。
 


 
SBI証券や楽天証券からの抽選参加はおさえておきましょう。楽天証券は抽選参加と購入申し込みの2回必要になるため面倒です。そのためBB終盤になると抽選参加を忘れる方が多くなります。
 

とりあえずしっかり申込だけ行っておきましょう!
 


 
また、SBIネオトレード証券で当選したとネットで出ているようです。資金不要で抽選に参加できるため口座開設を行っておいたほうがよさそうです。
 

取扱いがあるため誰かに当選していることは間違いなさそうです。SBI証券主幹事で株売数が多い場合に当選期待が高くなるはずです。口座数を増やして参加する方法は有効ですからね。
 


 
ネオマーケティングの会社設立は2000年10月06日、本社住所は東京都渋谷区南平台町16番25号、社長は橋本光伸氏(45歳)です。※2021年3月24日時点
 

従業員数は75人(臨時雇用者51人)、平均年齢34.22歳、平均勤続年数4.54年、平均年間給与約467万円です。
 

ネオマーケティング(4196)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
株式会社エムスリードリームインベスター658,000株27.61%
橋本 光伸498,800株20.33%
株式会社TRMブラザーズ288,000株12.08%
小林 康裕212,400株8.91%
村上 直127,200株5.34%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社株主であり当社取締役である橋本光伸及び荒池和史並びに当社株主であり当社執行役員である今泉陽介並びに当社株主であり売出人かつ貸株人である小林康裕並びに当社株主であり売出人かつ当社取締役である原島茂雄、~中略~ 主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年7月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。

また、当社の株主であり取締役かつ新株予約権を保有する荒池和史、及び当社の株主であり取締役かつ売出人かつ新株予約権を保有する中川達也及び当社の株主であり執行役員かつ新株予約権を保有する今泉陽介は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社新株予約権及び新株予約権の行使により取得した当社株式の売却等は行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
いちよし証券(主幹事)345,000株75.00%
みずほ証券36,800株8.00%
SMBC日興証券13,800株3.00%
SBI証券13,800株3.00%
楽天証券13,800株3.00%
あかつき証券4,600株1.00%
岩井コスモ証券4,600株1.00%
エース証券4,600株1.00%
岡三証券4,600株1.00%
極東証券4,600株1.00%
東洋証券4,600株1.00%
松井証券4,600株1.00%
マネックス証券4,600株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,500円~4,500円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 4,200円~6,000円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ネオマーケティングの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,500円~5,000円
修正値2,700円~3,000円
 

仮条件条件が1,660円~1,800円に決定しかなり上振れした印象を持ちます。吸収額レンジは約7.6億円~9.5億円になります。時価総額は40.6億円~44.1億円です。
 

利益の出し方がかわかりにくく評価をどのようにしたらよいのか難しいようです。ただロックアップ90日間やベンチャーキャピタル保有株がないこと、さらに新株予約権行使分も役員はロックアップ対象となっています。
 

公開株以外の株流通はほとんどなさそうです。同社は上場規模が小さくコロナ禍により増収増益のため人気だと観測されています。
 

2021年9月期の連結業績予想は売上18.2億円で経常利益2.17億円になります。前期比較だと売上27.68%増、経常利益25.43%増になります。業績は増収増益傾向にあり期待が持てそうな気がします。
 

四半期利益は1.51億円で前期1.16億円で前期比30.17億円になります。EPSは65.19なのでPER27.61倍、BPS257.87なのでPBR6.98倍です。
 

類似比較では既に妥当な株価となっており、初値後は急落の可能性があるかもしれません。面白い企業だと思いますが実態が見えにくいようです。
 

ネオマーケティング(4196)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2018年6月29日~2026年6月14日78,400株
発行価格82.5円
2016年7月07日~2026年7月07日18,400株
発行価格82.5円
2020年9月07日~2028年9月05日40,400株
発行価格347.5円
2021年9月19日~2029年9月18日12,400株
発行価格352.5円
2022年4月15日~2030年4月14日12,800株
発行価格500円
2022年10月01日~2030年9月30日2,800株
発行価格500円

 
ロックアップは90日間(2021年7月20日)、ロックアップ解除倍率は発行価格の1.5倍です。また一部の新株予約権を保有等にも同様のロックアップが適用されます。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。137,200株が行使期限に入ります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,448,000株から算出すると想定価格ベースで約40.6億円になります。
 

業績拡大のタイミングで上場を行うことから初値2倍は期待ができそうです。コロナにより市場動向にお金をかける企業も増えていることから人気になると思います。
 

いちよし証券から当選を頂いたことはありますがだいぶ昔なんですよね。そろそろ当選できるのかも?と期待して申込んでみます!
 

IPO幹事や委託幹事を意外に引受ける前受け金不要証券⇒ むさし証券

むさし証券のIPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ