【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【評価】レジル(176A)IPOの上場と初値予想

レジル(176A)のIPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券が引受けます。
 

上場規模は約64.0億円で公開株数5,155,100株、オーバーアロットメント773,200株です。想定発行価格は1,080円になっています。
 

レジル(176A)IPOの上場と初値予想
 

業 種電気・ガス業
上場市場グロース市場
上場日4月24日
BB期間4月09日~4月16日
企業ホームページhttps://rezil.co.jp/
事業内容集合住宅への電力供給及び分散型電源の開発法人への再生可能エネルギーを主体とした電力供給エネルギー事業者へのBPO及びSaaSの提供を通じたDX支援

 

レジル(176A)IPOの業績と事業内容

同社グループはレジル及び連結子会社(中央電力ソリューション株式会社及び中央電力エナジー株式会社)の計3社で構成されており、
 

主にマンション向けに受変電設備設置による電力供給を行う分散型エネルギー事業、法人の脱炭素化支援や電力供給を行うグリーンエネルギー事業、
 

電力会社等のエネルギー企業の後方業務のDXによる業務改革支援を行うエネルギーDX事業を主な事業として取り組んでいます。
 

レジル(176A)IPOの業績
 

レジル(176A)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,080円
仮条件1,100円~1,200円
公開価格4月16日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約55.7億円です。オーバーアロットメントを含めると約64.0億円になります。
 

配当は30円出るようなので配当利回り2.78%になります。業績が安定しているようですからね。
 

レジル(176A)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数150,000株
売出株数5,005,100株
公開株式数5,155,100株
OA売出773,200株
引受幹事大和証券(主幹事)
野村證券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
岡三証券
極東証券
委託見込大和コネクト証券
auカブコム証券
岡三オンライン

 
大和証券で公開株数が多いため当選期待があります。まだ大手予想はわかりませんけど多分利益期待のIPOでしょう。
 


 
会社設立は1994年11月21日、本社住所は東京都千代田区丸の内1丁目8番1号丸の内トラストタワーN館14階、社長は丹治保積氏(52歳)です。※2024年3月22日時点
 

従業員数は174人(臨時雇用者55人)、平均年齢40.8歳、平均勤続年数6.1年、平均年間給与約686万円です。
 

レジル(176A)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
Team Energy GI株式会社11,355,000株56.78%
中村 誠司3,859,100株19.29%
関西電力株式会社1,820,000株9.10%
丹治 保積533,250株2.66%
EEIスマートエナジー投資事業有限責任組合367,100株1.83%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間(2024年7月22日)と180日間(2024年10月20日)にわかれ、VC出資の90日間分には発行価格1.5倍以上でロックアップが解除となる条項が付けられています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(主幹事)4,124,100株80.00%
野村證券515,500株10.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券103,100株2.00%
SMBC日興証券103,100株2.00%
みずほ証券103,100株2.00%
SBI証券77,300株1.50%
楽天証券77,300株1.50%
岡三証券25,800株0.50%
極東証券25,800株0.50%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,180円~1,400円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,180円~1,300円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

レジルの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,100円~1,500円
修正値1,200円~1,350円
 

仮条件が1,100円~1,200円に上振れし吸収金額が最大約71.1億円になった。機関投資家需要が高いということだろうが荷もたれ感が大きい。
 

収益は安定しているそうだが新電力は投資先としてかなり微妙だと思う。イーレックスは赤字転落で株価が下落中。アースインフィニティは株単価が低いためPERが高めだと観測されている。
 

新電力の評価が分かれているためかなり微妙だと思うが同社は初値利益が見込めるようです。レジルのPERは株価1,200円で12.1倍になり妥当だと考えられています。
 

IPOに当選したら1単元あたり1万円儲かれば良いのかもしれない。深追いはしたくないがセカンダリー期待は多少ありそう。
 

VCは公開価格1.5倍以上でロックアップ解除だかそこまで高い初値は期待できない可能性が高い。
 

レジル(176A)IPOの評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2022年6月21日~2029年6月20日626,750株
発行価格1,010円
2023年5月20日~2030年5月19日195,000株
発行価格1,010円
2023年12月27日~2030年12月26日758,600株
発行価格1,010円
2024年6月01日~2032年5月31日167,850株
発行価格991円

※ストックオプション(新株予約権)は一部省略
 

ロックアップは90日間と180日間にわかれ90日間分にだけ発行価格1.5倍以上でロックアップ解除となります。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。1,580,350株が上場時に行使期限入りします。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の18,345,000株から算出すると想定価格ベースで約198.1億円になります。
 

売出株が多いIPOだけど業績基盤が良いため買われると思います。
 

ファンド出資は3社だけど1社は売出株で全株式を売却します。
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ