【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
融資型クラファン大手のFunds(ファンズ)に68万円投資してみました!!

Funds

【評価】SBIリーシングサービス(5834)IPOの上場と初値予想

SBIリーシングサービス(5834)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はグロース市場で主幹事は大和証券とみずほ証券、そしてSBI証券が引受けます。
 

上場規模は約75.4億円で公開株数2,200,000株、オーバーアロットメント330,000株です。想定発行価格は2,980円になっています。
 

事前評価が高いためIPO抽選に参加予定です!
 

SBIリーシングサービス(5834)IPOの上場
 

業 種証券、商品先物取引業
上場市場グロース市場
上場日10月19日
BB期間10月03日~10月07日
企業ホームページhttps://www.sbils.co.jp/
事業の内容航空機、船舶等を対象としたオペレーティング・リース事業に投資するファンドの組成・販売

 

SBIリーシングサービス(5834)IPOの業績と事業内容

同社グループは、主に航空機、船舶等を対象としたオペレーティング・リース事業に投資するファンドの組成・販売を行っています。
 

事業セグメントは、オペレーティング・リース事業のみの単一セグメントです。しかし事業の概要については、提供するサービスで区分がありファンド事業とゼネラルアビエーション事業の2つに細分されています。
 

ファンド事業は、業務執行組合員となる任意組合契約や匿名組合契約を通じた投資家からの出資金などによって、航空機や船舶等の大型の償却資産を購入し、航空会社や海運会社等の借り手にオペレーティング・リース形式で賃貸する事業のことを言います。
 

ゼネラルアビエーション事業は、小型航空機やヘリコプターの販売・管理を行うことみたいですね。2017年10月に第二種金融商品取引業を取得しています。
 

SBIリーシングサービス(5834)IPOの業績推移
 

SBIリーシングサービス(5834)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格2,980円
仮条件9月30日
公開価格10月11日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約65.6億円です。オーバーアロットメントを含めると約75.4億円になります。
 

人気があるのか微妙だと思いましたけど大手予想はかなり良いみたいです。少し懐疑的にみてますけどね。
 

SBIリーシングサービス(5834)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数350,000株
売出株数1,850,000株
公開株式数2,200,000株
OA売出330,000株
引受幹事大和証券(主幹事)
みずほ証券(主幹事)
SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券
松井証券
岩井コスモ証券
極東証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
DMM.com証券でプログリットのIPO取扱いが決定しています。
 

また、SBIネオトレード証券でもFIXERのIPO取扱いが行われています。どちらも資金不要でIPO抽選に参加できるため申込んでおきましょう!
 


 
SBIリーシングサービスの会社設立は2017年4月03日、本社住所は東京都港区六本木一丁目6番1号、社長は久保田光男氏(59歳)です。※2022年9月18日時点
 

従業員数は34人(臨時雇用者29人)、平均年齢44.8歳、平均勤続年数2.3年、平均年間給与約907万円です。
 

SBIリーシングサービス(5834)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
SBIホールディングス株式会社6,784,200株91.32%
株式会社オートパンサー165,600株2.23%
久保田 光男35,800株0.48%
辻・本郷税理士法人35,000株0.47%
越智会計コンサルティング株式会社35,000株0.47%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは180日間(2023年4月16日)までになります。ロックアップ解除倍率は設定されていません。新株予約権者には継続保有確約が行われています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
大和証券(主幹事)1,210,000株55.00%
みずほ証券(主幹事)550,000株25.00%
SBI証券(主幹事)330,000株15.00%
SMBC日興証券44,000株2.00%
松井証券22,000株1.00%
岩井コスモ証券22,000株1.00%
極東証券22,000株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 3,100円~4,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 未
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

SBIリーシングサービスの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想3,500円~4,500円
 

既に第一弾の予想が出ていました。予想値的には利益が見込めそうですね~
 

SBIリーシングサービス(5834)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2024年7月01日~2028年6月30日159,400株
発行価格2,360円
2024年7月01日~2028年6月30日66,400株
発行価格2,250円
2024年7月01日~2028年6月30日106,200株
発行価格2,250円

 
ロックアップは180日間で解除倍率は設定なしです。そして新株予約権で行使期限入りする株数はありません。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の7,446,800株から算出すると想定価格ベースで約221.9億円になります。
 

新型コロナウイルス感染症で航空機リースは業績を落としました。逆に船舶が活況となった訳ですが、同社はファンド組成が船舶・コンテナが中心だったそうです。
 

そして現在は航空機市場が回復し、2022年3期は船舶と航空機の割合が6:4だったそうです。今後はコロナ禍の終了で業績を拡大させていくと予想されています。
 

あとバリュエーションは低いそうです。当たれば大きな利益に化ける可能性を秘めているようですね!
 

DMM.com証券では株式新聞を無料で見れるのでその方法を記事にしています。1年間で52,800円(税込)分の情報を完全無料で見れます。
 

IPOの初値予想も見れるるけど一般の株式情報も見れるので投資判断にも役に立ちます!
 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ