【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
STREAMアプリから口座開設するだけで5000円分の株が貰えます!!

STREAM(ストリーム)5,000円分の株が貰えるキャンペーン


スローガン(9253)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

スローガン(9253)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事はSMBC日興証券とマネックス証券が引受けます。
 

上場規模は約5.9億円で公開株数500,000株、オーバーアロットメント75,000株です。想定発行価格は1,020円になっています。
 

スローガン(9253)上場とIPO初値予想
 

業 種サービス業
上場市場マザーズ
上場日11月25日
BB期間11月09日~11月15日
企業ホームページhttps://www.slogan.jp/
事業の内容新産業領域向け求人プラットフォーム「Goodfind」を通した新卒採用支援サービス等

 

スローガン(9253)IPOの業績と事業内容

業績はコロナで少し下げたようですが今期は期待ができそうです。
 

同社は「人の可能性を引き出し 才能を最適に配置することで 新産業を創出し続ける。」というミッションを掲げ、人の創造性と生産性を最大化させる配置による新産業創出をとおして、停滞・衰退に抗い常に革新し続ける社会づくりを目指しています。
 

ミッションを実現するために、2025年のビジョンとして「新産業領域における人材創出のリーディングカンパニーとなる。」ことを掲げており、本書提出日現在、「新産業領域における才能の最適配置を目指すプラットフォーム」を提供しています。
 

本プラットフォームにおいては、キャリアサービス分野及びメディア・SaaS分野において事業を展開しており、年功序列や終身雇用を中心とした伝統的な雇用慣行による歪みや求職者のブランド選好の強さによる歪み、画一的な人事制度が支配する伝統的な企業文化による歪みの解消により、労働市場における才能の最適配置を目指しているそうです。
 

スローガン(9253)IPOの業績
 

キャリアサービス分野においては、学生向けサービスとして、新卒学生向け厳選就活プラットフォーム「Goodfind」及びコンサル就活サービス「FactLogic」、学生向け長期インターン紹介サービス「Intern Street」の3つのサービスを展開しています。
 

この他、社会人向けサービスとしてベンチャー・スタートアップ求人特化型エージェント「Goodfind Career」を展開しています。
 

メディア・SaaS分野においては、新産業領域に必要な情報インフラをつくる若手イノベーション人材向けビジネスメディア「FastGrow」及び入社後の組織課題にアプローチするSaaS型HRサービス「TeamUp」を展開します。
 

スローガン(9253)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,020円
仮条件1,020円~1,200円
公開価格11月16日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約5.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約5.9億円になります。
 

上場規模が小さいため利益が狙えると思います。株数は通常サイズなので申込忘れがないようにしたいと思います。
 

スローガン(9253)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数500,000株
売出株数0株
公開株式数500,000株
OA売出75,000株
引受幹事SMBC日興証券(共同主幹事)
マネックス証券(共同主幹事)
いちよし証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券
松井証券
丸三証券
極東証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
SMBC日興証券からの申込みよりもマネックス証券からの申込を優先したほうがいいかもしれません。
 

どちらも銘柄ごとに資金が必要になりますが、マネックス証券のほうが申込者が少ないと思います。結局はどちらにも申込みますけど資金量に応じて検討する方もいると思います。
 

IPOの抽選方法は別記事にまとめています。証券口座を開設し事前入金を行い抽選に参加することになります。簡単です。
 


 

 
スローガンの会社設立は2005年10月24日、本社住所は東京都港区南青山二丁目11番17号、社長は伊藤豊氏(44歳)です。※2021年10月22日時点
 

従業員数は103人(臨時雇用者71人)、平均年齢29.7歳、平均勤続年数2.5年、平均年間給与約507万円です。
 

スローガン(9253)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
伊藤 豊700,000株30.26%
Reapra Ventures Pte. Ltd.539,000株23.30%
織田 一彰300,000株12.97%
KMFG株式会社102,000株4.41%
XTech1号投資事業有限責任組合100,000株4.32%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップは90日間と180日間にわかれており、ベンチャーキャピタル出資などには売出価格の1.5倍以上でロックアップが解除される設定が設けられています。

新株予約権者にも90日間のロックアップ適用となります。株主上位のロックアップ率は高くなっています。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(共同主幹事)275,000株55.00%
マネックス証券(共同主幹事)175,000株35.00%
いちよし証券10,000株2.00%
みずほ証券10,000株2.00%
SBI証券5,000株1.00%
岡三証券5,000株1.00%
松井証券5,000株1.00%
丸三証券5,000株1.00%
極東証券5,000株1.00%
楽天証券5,000株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,000円~2,300円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,100円~2,500円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

スローガンの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,500円~2,000円
修正値1,800円~2,000円
 

ダブル主幹事でマネックス証券引受け分で当選確率が高い案件です。当選狙いだとマネックス証券からの申込を優先したほうがよいでしょう。1,750人が当選できるはずです!
 

某紙によれば人気化する見込みがあるようなので積極的にブックビルディングに参加してよいみたいです。上場規模が最大6.9億円に修正されましたが規模は小さいままですからね。時価総額は32.4億円に修正されます。
 

2022年2月期の業績予想は売上13.93億円で経常利益2.03億円です。前期比だと売上6.25%増、経常利益383.33%増になります。四半期利益は1.40億円で前期比185.71%増となります。
 

またPERは19.33倍でPBR2.95倍になります。計算は株価1,200円で計算しています。類似企業のPERがバラバラとなっていますが、どちらかと言えば割安な株価設定だと思います。そのため初値に期待できると思います!
 

スローガン(9253)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2017年10月01日~2025年9月15日55,000株
発行価格98円
2019年5月20日~2027年5月19日49,500株
発行価格223円
2019年9月22日~2027年9月21日6,000株
発行価格223円
2020年3月01日~2028年2月14日8,500株
発行価格660円
2020年5月23日~2028年5月22日1,500株
発行価格660円
2021年2月26日~2029年2月25日22,500株
発行価格1,160円
2023年2月27日~2031年2月26日52,500株
発行価格1,160円

 
ロックアップは90日間と180日間にわかれ、VC保有の90日間にはロックアップ解除倍率1.5倍となっています。
 

ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。143,000株が行使期限に入っています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,703,075株から算出すると想定価格ベースで約27.6億円になります。
 

初値2倍くらいは軽いと思うIPOなので期待したいと思います。普通なら初値持越しでもおかしくない銘柄だともいます。
 

tileltuku スローガン(9253)主幹事も完全抽選で当選期待です⇒ マネックス証券

※マネックス証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

スポンサーリンク

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ