IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

メルカリ(4385)当選でも撃沈! 配分少ないが初値15万以上も

メルカリ(4385)が100株当選していました。そして他の証券は中々発表が行われないようです。抽選を厳選しているのでしょか?機械的な抽選でも時間がかかることがあるみたいなので待つしかありませんね。日本郵政などの抽選も時間がかかったので翌日になり確認したことを思いだします。
 

そして配分は100株だけです。これから期待ができる証券会社の結果発表を見たいとおもいますが、何となく厳しい感じがしますね。それでも100株当選なのでありがたいです。
 

メルカリIPO当選
 

メルカリの公開価格も仮上限上限3,000円に決まっています。市場からの吸収金額は約1,307億円となり、時価総額は約4,060億円にもなります。新興市場のマザーズ上場を考えると荷もたれ感がかなりありますが、知名度でもっていく感じですね。
 

さらに、公開株数の変更はありませんがどうやら国内募集分に変更があったようです。金融庁のデータベースで調べると海外分が13,870,800株となっていたところ、16,048,500株に変更されています。その差は2,177,700株になり、約65.3億円分が海外へ回ったことになります。
 

なぜこんなに国内で人気なのに海外へ回すのか?と思いますが、メルカリ側の希望や要望などもあるのかもしれません。上場後の株主名簿が面白そうです。幹事引受は2,865.00円に決定しているようです。だいぶ公開価格を差があるため主幹事の利益も大きいようですね。
 

グローバルオファリングをすると経費も膨大にかかると思いますが、参加した方すべてに利益があるといいですね。3日くらいは盛り上がるでしょう!その後2ヶ月程度で再上昇か?材料は出てくるでしょうね。
 

また、SIG(4386)の抽選結果は落選でした。SMBC日興証券で当選してるといいですが難しいですかね。今年は相性がいいので奇跡が起きる信じています。メルカリは後期型抽選のカブドットコム証券と岩井コスモ証券も申込をしておきましょう!当選すれば15万円GETの可能性があります。
 

tileltuku 後期型IPO採用の企業でメルカリ当選期待あり!⇒ カブドットコム証券

カブドットコム証券バナー

※カブドットコム証券でIPOに当選するためには?IPO抽選ルール

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ