IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモIPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
トライオートFXでタイアップ特典が付きました!最大3,456円のキャッシュバック増額に期間限定でチュートリアル本がさらに付いてきます。

同時に7月17日まで三大際も開催中なのでキャッシュバックが増えます

トライオートFXバナー

特典付きトライオートFX公式サイト(チュートリアル本付き)


AI insideとWDBココの幹事配分と業績予想!

AI inside(エーアイインサイド)の仮条件が発表され予定していた資金内では足らない方も続出しそうです。想定発行価格2,660円でしたが仮条件が3,000円~3,600円に決定しています。
 

公開価格は3,600円になると思われ吸収額は約20.7億円まで膨れ上がりました。業績が評価されていると思いますけどかなりぶっ飛んだ価格帯になっています。
 

AI inside初値予想とIPO幹事配分
 

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)440,000株88.00%
大和証券証券12,500株2.50%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券12,500株2.50%
SMBC日興証券12,500株2.50%
SBI証券12,500株2.50%
岩井コスモ証券2,500株0.50%
マネックス証券2,500株0.50%
いちよし証券2,500株0.50%
楽天証券2,500株0.50%

 
状況的にかなり初値利益が狙えうると考えていましたがどうやらそんなに利益がでないようです。まさかの初値持越しが起きても良いと思いますけれど機関投資家はどう考えているでしょうね。
 

OCRサービスはそれほど珍しいと言えませんけれどAIの精度がよく利用企業がどんどん増えているそうです。官公庁に導入されているのは投資家的に安心材料です。
 

収益は「リカーリング型モデル」と「セリング型モデル」収益があり繰り返し収益が発生するリカーリング型モデルはストック型収益と言えそうです。売上構成比はリカーリング型モデル21.9%、セリング型モデル78.1%です。
 

2020年03月の単独業績を確認すると売上が前期の4.45億円から3倍になり13.35億円になります。経常利益は1.93億円になり前期の-1.82億円から大幅に黒字化します。当期純利益は1.91億円となっています。事業の回復率もぶっ飛んでますよね。
 

仮条件前の初値予想が4,000円~6,000円なのでこれからさらに上振れしてもおかしくないでしょう。AIを利用した事業なのでRPA銘柄のように個人投資家に好まれると爆上げもあり得ます。
 

詳細記事は下記ページでまとめました。どうなるのか面白そうなIPOなので色々と注目できるポイントがありそうです。
 

⇒ AI inside(エーアイインサイド)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

WDBココIPO初値予想から人気がない?その理由はなんなのか

CRO(医薬品開発業務受託機関)を行っているWDBココの初値はあまり期待が出来ないみたいです。吸収額が仮条件上限で10.1億円なので軽量級のIPOなので期待していましたがどうやら初値1.2倍あたりが現実的のようです。
 

業績も好調で低PERになり配当も出るけれどCROを行っている企業に人気がないようです。公開価格割れはないでしょうけれど買い需要があまり見込めないようです。厳しいですね。
 

WDBココIPO初値予想と幹事配分
 

幹事団引受け株数割合
SMBC日興証券(主幹事)503,500株88.02%
みずほ証券40,000株6.99%
いちよし証券17,100株2.99%
SBI証券5,700株1.00%
楽天証券5,700株1.00%

 
医薬品開発のアウトソーシング化が増加しているようですけれど類似企業が結構多いみたいです。リニカル(2183)やシミックホールディングス(2309)など多数の上場企業があります。PER的には15倍~25倍の株価になっている銘柄が多いようです。
 

WDBココのPERは仮条件上限の1,530円算出で約12.11倍なので上値はありそうです。親会社がWDBホールディングスなので低めに設定されていると思います。PBRは3.06倍あたりになります。企業詳細は下記ページにまとめています。
 

⇒ WDBココ上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】
 

2020年03月の単独業績予想を確認すると約21.8億円、経常利益3.9億円となるそうです。前期比較では売上22.5%増、経常利益15.7%増と好調です。四半期利益も2.6億円を計上するそうです!配当金が34円なので配当利回り2.22%になります。
 

親会社が株式の過半数を上場後も保有し、公開株以外の株流通は少ないとされるため需給の心配はなさそうです。今後も業績安定となる見込みが高く地味に右肩上がりとなりそうな企業です。新規受注も継続して流入する予定となっています。
 

初値予想は1,500円~1,600円と低いようです。一見人気が低そうなIPOで大きな利益が出ることもあるので主幹事のSMBC日興証券からIPO抽選に忘れないように参加しておきましょう。運が良ければ5万円~10万円利益がでるかもしれません。
 


 
また期間限定でSAMURAI証券の口座開設キャンペーンが行われています。口座開設だけでAmazonギフト券を頂けます。下記に詳細をまとめました。
 


 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ