IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップキャンペーン

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

グッドスピードIPO幹事引受け決まる!東海東京証券が9割

グッドスピード(7676)のIPO幹事配分が発表されました。主幹事の東海東京証券が9割以上を引受けているため口座がないとほぼ絶望的だと考えられます。これまで主幹事を連発して引き受けることは少なかったため口座を持っていない方も多そうです。4月は3銘柄の主幹事を引受けているためある意味当選チャンスです。
 

証券会社的には中堅になり東海地方のIPO主幹事になることが多いようです。地場に手厚い企業だという印象を受けます。4月上場の3社もすべて地場企業になっています。グッドスピードは自動車関係になり愛知県名古屋になるためまさに地場です。
 

グッドスピードIPO幹事引受け
 

本決算は2019年9月になり業績予想は増収増益になっています。売上12.7%増で経常利益47.6%増となっています。配当金が10円予定されているため配当利回りを計算してい見ると想定ベースで0.83%になります。PERもついでに算出してみると約10.95倍になります。
 

類似企業のアップル(2788)はPER9.48倍、ネクステージ(3186)はPER22.46倍、IDOM(7599)はPER30.37倍になり、指標的には割安のようです。
 

幹事団 引受け株数
東海東京証券(主幹事) 500,500株
大和証券 16,500株
SBI証券 11,000株
エース証券 5,500株
安藤証券 5,500株
丸三証券 5,500株
岩井コスモ証券 5,500株

 

自動車関係のIPOはそれほど人気ではありませんが、同社の上場規模が8億円未満と軽量級のため一定の買い需要が期待できそうです。公開株数は550,000株とOA82,500株なので株数はある程度のボリュームがあります。
 

同社のホームページを見ていると社員同士の関係は良好なのでは?と伺うことができ売上も増加傾向にあり悪くありません。利益面では少し不安なところもありますが今期の純利益予想は1.26億円を予想しているため達成できれば1億円越えとなりそうです。
 

従業員が277人もいるため一定の経費が掛かりますが、売上を伸ばすには人件費や店舗などの設備経費が負担となりそうです。SUVやミニバンに特化した販売形態を行い殆どの店舗で整備工場も併用しているそうです。
 

買取りの他、オークションでの売買も行いこの辺りは他の類似企業と大差はないようです。
 

IPO的にはベンチャーキャピタル出資がなく公開株式以外の株が流通することが少ないため安心できそうです。初値後は横ばい展開か?ちなみに初値予想は1,500円~2,000円になっています。
 


 
東名やヴィッツの主幹事を連続で取扱い、同社の主幹事も引き受けているため2019年はさらに期待が出来るかもしれません。これまで5回~6回くらい当選しましたが、主幹事では2回の当選を頂いています。できればもっと株数が多い銘柄の主幹事を引受けてくれると嬉しいです。
 

ただデメリットもあり、手数料が少し割高なので改善してくれると嬉しいです。IPOに当選できれば多少手数料が高くても問題ありませんけどね。
 

IPO投資は自己努力で入出金を無料化できるし、手間をかければ年間に数銘柄の当選を頂くことができます。それができる方は投資益が出ているはずです。性格にもよると思いますけど続けていれば良いことあります!
 

tileltuku 主幹事や幹事を多数引受ける企業でIPO口座はまだ少ない穴場企業!
⇒ 東海東京証券公式

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

フォリオ(FOLIO)の運用実績
 

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ
 

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ