IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
DMM FXタイアップ特典が当サイト限定で付きました【4,000ポイント】


インヴァスト証券「シストレ24」タイアップ特典!【最大で23,000円】
シストレ24タイアップ特典

ソフトバンクIPOへの抽選参加スタンスと初値1600円なの?

ソフトバンクIPOへの抽選参加スタンスを決めました。初値予想は1,600円あたりを予想している方が多いようなのである程度積極的に参加してみたいと思います。ネットニュースなどを見ていると数万円もの利益が出るような話もありますが難しいような気がします。公募に当選した人の半分くらいは初値で売ってくると思うんですよね。
 

そうなるととんでもない買いが入らない限り数万円は難しいのでは?初値が1,600円あたりならばロースタートで売り急ぐ方も少ないと思います。損益関係なしに売ってくる投資家も一定数いるため先のことは読めませんが、1,600円あたりだと希望も持てると思います。できれば1,700円を目指してほしいですが、機関投資家がまだ中立的な感じなので微妙です。
 

ソフトバンク抽選参加スタンス
 

配当利回り5%と言うことで年間に7,500円の配当が予定されています。配当性向は85%にもなり個人投資家を中心にかなり人気があるそうです。支店への電話もつながりにくくなっていると言うことで人気があることが伺えます。支店では1億や2億などの配分を受けている投資家もいるそうですが、その方たちはどのタイミングで売ってくるのだろうか?
 

株価が高くなれば売ると思いますが、主幹事の買い支えは普通に考えると最大で160,369,400株です。国内売出しが1,427,287,400株なのでどうなんだろ?通常の株式だと公開価格割れになってもシンジケートカバー的な買いで初値形成ですよね。
 

ソフトバンクは株数が多いため、幹事引受価格も公開価格との差があまりないと聞いています。手数料収入も大きいと思いますが、某レポートにはさらに詳しく掲載があり、ネットニュースとかなり開きがあります。そもそもPER面でもかなり割高になるためどうなんだろ?株主優待を設定してくれればホルダーはいると思いますが、それも費用ですからね。
 

仮条件が1,500円一本値で決まったのも異例ですし、過去を見ても最大規模の上場です。イメージが悪いと言われ、資産に対しての株価設定も高く機関投資家からも微妙と言われている。ただ個人投資家がもの凄くソフトバンク株を欲している。中にはIPO配分はないと思うので、市場で買ってくれと言った話もでているようです。何が本当なのかわかりません。
 

色々と考えて初値1,600円あたりだと営業の方も謝らずに済むし、すべての人が満足しそうな数値です。セカンダリーで買った人は得するのか損するのかわかりませんが、ある程度の価格帯で落ち着けばいいですね。一時的に株価は上がっても株主が入れ替わってしまうまでに数ヶ月はかかるでしょう。3月末権利まで我慢して配当を狙う方もいそうです。
 

予想を見るならトレーダーズ・プレミアムがいいと思います。フィスコはしばらくすると新しく生まれ変わるようです。
 

年末IPOで委託幹事が続々出てきているので申し込み忘れなく!

ソフトバンクは一大イベントで注目度が高くなっていますけど、IPOラッシュにより委託幹事も増えています。ブックビルディングが行われる初日に委託経由の取扱いが発表されることもあるので気が抜けません。
 

今日はライブスター証券からメールが届き、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングの申し込みが可能になったそうです。
 

ライブスター証券IPO抽選ルール
 

ライブスター証券はこれから幹事入りする可能性が高いため口座を持っておいてよいと思います。12月上場の銘柄では当選しやすいと思われるレオス・キャピタルワークスでは初の幹事をします。
 

しかも幹事引受が189,700株もあるため当選確率は高めです!上場承認時よりも市場評価が高くなり穴場銘柄だと思います。ライブスター証券だけで通常の人気銘柄の株数くらいあります。他の幹事も株数が多く狙えそうです。ライブスター証券の口座を開設している人はまだ少ないので今回はかなり期待できます。
 

マネックス証券も完全平等抽選で入金が必要になるため、よいかもしれません。理由はIPOラッシュで資金に限界が生じるからです。またマネックス証券は委託幹事でグッドライフカンパニーを引受けています。私も資金が無くて入金したばかりです。
 

さらに、SBI証券が主幹事を引受けているリンクの委託幹事としてGMOクリック証券が入りました。公開型抽選を採用しているので注意が必要です。2回目の購入申し込みを忘れるため気を付けましょう。
 

既に抽選結果が出たアルなんかも松井証券が委託幹事をしていました。前受け金が不要なので申し込みをしておくと良いですよね。ソフトバンク幹事なので申し込みをしておきましょう。前受け金不要の企業は当選してから入金すればいいので楽です。
 

12月は毎年数十万円の利益が出ますけど、今年はどんなことが起きるのか期待して待ちたいと思います。ソフトバンクは既に3割くらい申し込みをしました。SMBC日興証券の申し込みが初日で15万人くらいいるようですね。人気があると信じたいです!
 

tileltuku EduLab(4427)主幹事引受け企業⇒ SMBC日興証券

※SMBC日興証券でIPOの当選をするにはどうしたらよい?

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

ファンディーノで未来のIPOを手に入れる!

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

Twitter始めました

このページの先頭へ