IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス 言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
岩井コスモ証券 IPO幹事に入る事が多く1口座1抽選平等抽選です。
資金に余裕があれば口座開設しておきたい企業!
⇒ 岩井コスモ証券はIPO取扱が多く平等抽選
ライブスター証券 2017年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ ライブスター証券IPO取扱い詳細
ウェルスナビにタイアップ特典が付きました【驚異的なETF投資ができる】
ウェルスナビタイアップ

シストレ24で限定タイアップ特典が付きました!【3,000円増額中】
シストレ24タイアップ特典13,000円

エードット上場とIPO初値予想【初値2倍以上は確実なのかも】

マザーズ市場にエードット(7063)IPOが新規上場承認されました。主幹事はみずほ証券となり公開株数600,000株、オーバーアロットメント90,000株です。想定発行価格1,010円から吸収額を算出すると約7億円と規模が小さいため人気になるでしょう。単価は低くても10万円程度の利益が狙えそうです。
 

事業はセールスプロモーションやPRなどのブランディング事業を行い、既に連結子会社ではアジアを中心としたインバウンド・アウトバウンドに関するブランディングも行っているそうです。
 

エードット上場とIPO初値予想
 

業 種 サービス業
上場市場 マザーズ
公開予定 3月29日
BB期間 3月12日~3月18日
企業ホームページ https://a-dot.co.jp/
事業の内容 セールスプロモーションやPR、クリエイティブ等の企画・制作・実施運営を行うブランディング事業

 

【手取金の使途】

手取概算額503,060千円については、設備投資資金、採用活動費及び人件費、借入金返済並びに運転資金に充当する予定であります。

具体的には、事業拡大のためのオフィス移転に伴う建物付属設備等の設備投資資金に24,000千円(平成31年6月期)、優秀な人材を確保するための採用活動費及び人件費に73,000千円(平成31年6月期:20,000千円、平成32年6月期:20,000千円、平成33年6月期:33,000千円)、財務バランスの改善を目的とした金融機関からの借入金返済充当資金として50,000千円(平成31年6月期)、事業拡大に伴い増加する外注費及びオフィス移転に伴い増加する賃料等の運転資金として356,060千円(平成31年6月期:33,000千円、平成32年6月期:100,000千円、平成33年6月期以降:223,060千円)に充当する予定であります。

なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。

 

エードット(7063)IPOの業績と事業内容

業績は売上・利益ともに拡大しています。同社はブランド価値や商品・サービスのブランド価値を高めるため、グループ各社と連携し、一般消費者へのイメージアップや認知度・購買意欲の向上等を図るためのソリューションを提供するブランディング事業を行います。
 

同社グループは、主に同社が「SPサービス」や「PRサービス」を行い、子会社のカラスが「クリエイティブサービス」を、噂が「バズサービス」を提供しています。
 

顧客の顕在化したニーズだけではなく潜在的なニーズも引き出し、各ニーズに合うような様々なサービスを組み合わせた提案を行い、グループ各社との連携により、元請から下請に至る多段階構造ではなくワンストップでソリューションを提供することが可能となっています。
 

その他、子会社が提供するサービスとして、アスリート等による一般消費者向けスポーツ教室等のマッチングプラットフォームを管理・運営する「アスラボサービス」、アジアを中心としたインバウンド・アウトバウンドに関するブランディングを行う「クロスボーダー・ブランディングサービス」があります。
 

エードット(7063)IPOの業績
 

SPサービスは、商品やサービスの売上の拡大を目的とした一般消費者の認知度・購買意欲の向上等、顧客企業が抱える課題解決のための各種ソリューションを提供しています。
 

具体的には、プレゼントキャンペーンや他商品とのタイアップ施策等の店頭プロモーションの企画・制作、試供品等の配布により需要を喚起するサンプリング、ソーシャル・ネットワーキング・サービス・デジタルコンテンツ等と連動したキャンペーンやイベントの企画・運営、TVCMの制作及びそれに伴うタレント等のキャスティングの企画・交渉・手配等、顧客企業のニーズに合わせ様々なソリューションを提供しています。
 

なお、同社は過去にSPサービスの一部として、スーパーマーケット等において、国内の食品・飲料メーカー等の商品の試食・試飲といった販売促進活動の運営を行うイベントプロモーション運用サービスを提供しており、平成29年6月期において全体の売上高の17.1%(140,879千円)を占めておりましたが、他のソリューションへ注力するため、平成29年7月01日付けで事業譲渡しています。
 

エードット(7063)IPOの特徴
 

PRサービスは、顧客企業の商品・サービスがメディアに記事・ニュースとして取り上げられ消費者の注目を集めるよう、商品やサービスのPR戦略の企画立案から携わり、メディアプロモート、PRイベントの実施・運営等を行っています。
 

クリエイティブサービスは、顧客企業のブランドイメージや商品・サービスの強みをキャッチコピーやロゴ・マーク等により具現化することで、消費者に選ばれるブランドづくりを支援しています。
 

バズサービスは、SNS利用者がSNS上で情報を拡散したくなるような企画の立案、キャッチコピー・グラフィック等の制作を通じ、より多くの消費者に情報を届け、顧客企業の商品・サービスの認知度・購買意欲向上につながるよう支援をしています。
 

エードット(7063)IPO仮条件から公開価格の日程

想定価格 1,010円
仮条件 1,010円~1,110円
公開価格 3月19日

 
想定価格から試算される市場からの吸収金額は約6.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約7億円になります。業績は好調に推移しているため勢いがあり個人投資家に好まれそうな銘柄です。
 

様々な領域事業があり顧客の要望に対してワンストップでサービスを提供できる特徴があります。凸版印刷(7911)やローソン(2651)など、大手との取引がある反面、売上割合が高いことは少し心配です。
 

エードット(7063)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数 550,000株
売出株数 50,000株
公開株式数 600,000株
OA売出 90,000株
引受幹事 みずほ(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券
エース証券
いちよし証券
マネックス証券
岡三証券
岡三オンライン証券
岩井コスモ証券

 

公開株数は60万株になるため株数的には当選が少し期待できそうです。激戦なのは間違いないため申し込みできる証券会社の数を増やしておきましょう。幹事引き受け株数からみてみずほ証券が当選しやすそうですが、主幹事が集中しているSMBC日興証券は案外穴場かもしれません。IPO抽選には前受け金が銘柄別に必要になるため平幹事への申し込みは少ないでしょう。
 

その他は、前受け金不要の岡三オンライン証券などはしっかりと申し込みを行っておきましょう。
 

SMBC日興証券と同じで完全前受け金となるマネックス証券もできれば申込んでおきましょう。いつ誰に当選するのかわかりませんからね。
 


 

 
会社設立は2012年7月26日、本社住所は東京都渋谷区渋谷二丁目16番1号、社長は伊達晃洋氏(35歳)です。従業員数50人、平均年齢31.06歳、平均勤続年数1.73年、平均年間給与約513万円です。
 

連結従業員数は72人で臨時雇用者はいません。
 

エードット(7063)IPOの初値予想

氏名又は名称 所有株式数 割合
伊達 晃洋 1,250,000株 61.02%
(有)T 300,000株 14.65%
仲亀 敦 95,000株 4.64%
ワンセンチュリーカンパニー 75,000株 3.66%
エードット社員持株会 44,000株 2.15%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である伊達晃洋、当社株主である(有)T、玉塚元一、松崎文治、松木大輔及び辻秀一は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の平成31年9月24日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)等は行わない旨合意しております。

また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を行わない旨合意しております。

 

エードットIPO幹事引受け株数決まる

幹事団 引受け株数
みずほ(主幹事) 510,000株
SMBC日興証券 27,000株
SBI証券 27,000株
エース証券 9,000株
いちよし証券 9,000株
マネックス証券 6,000株
岡三証券 6,000株
岩井コスモ証券 6,000株

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

エードットIPOの直感的初値予想

第一弾⇒ 2,200円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,550円
※仮条件発表後
 

エードットIPOの初値予想

2,000円~2,500円

イベント系のIPOには最近資金が流入することが多いため期待してよいIPOでしょう。業績も増収増益になり初値は飛ばしてくると思います。同日上場のWelbyの気配につれ高となり翌日持ち越しもあり得るかもしれません。Welbyのほうが人気が高いでしょう。株数が少し多いため当日2.3倍の上限あたりで初値形成となるでしょう。
 

エードット(7063)IPOを個人的に分析してみました

ストックオプション期間 株数残
平成29年12月18日~平成37年12月17日 90,000株
発行価格140円
平成30年7月02日~平成38年5月30日 13,500株
発行価格140円
平成31年7月19日~平成39年7月18日 94,000株
発行価格600円
平成32年7月20日~平成40年7月19日 81,950株
発行価格866円

 
ロックアップは180日間(平成31年9月24日)、ロックアップ解除倍率は目論見に書かれていません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。行使期限に入るストックオプションは103,500株になり、ベンチャーキャピタル出資はありません。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の2,319,000株から算出すると想定価格ベースで約23.4億円になります。
 

エードットIPOは確実に利益を出すことができると予想されます。吸収額が少ないことや個人投資家が好みそうな事業のため初値2倍は堅いのではないでしょうか。売上14.5億円、四半期利益8,700万円と規模はまだ小さいようですが初値は高くなるでしょう。SNSを使ったマーケティングも注目されそうです。
 

と言うことで全力申し込み銘柄です。IPOが集中している時期は当選する確率が高くなるため最後まで気を抜かないでおきましょう。219年は2銘柄当選していますが、あと1つくらい当選したいと考えています。支店配分よりもネットから当選する機会が多くなった気がします。支店攻略は難しいですね。
 

DMM.com証券がついにIPO株を取り扱う! 限定キャンペーンが凄い
⇒ DMM.com証券(DMM株)公式

DMM.com証券(DMM株)案内

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

スマートプラス株式売買手数料が無料 株式売買手数料が無料になる証券会社が出てきました。管理人も口座開設をお行い取引中です!

フォリオ(FOLIO)の運用実績

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット解説

Twitter始めました

このページの先頭へ