【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
幹事引受けに期待できる証券会社でIPO口座数も少なめ!
IPO投資では穴場証券的な存在なんです。
⇒ 丸三証券でIPOの当選するには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
利回りくんの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

利回りくんキャンペーン

※バンカーズのアマギフ2000円分の詳細はこちら


アイドマ・ホールディングス(7373)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事はみずほ証券が引受けます。
 

上場規模は約28.8億円で公開株数1,370,000株、オーバーアロットメント205,500株です。想定発行価格は1,830円になっています。
 

利益見込みがあるIPOが登場したと思います。
 

アイドマ・ホールディングス(7373)上場とIPO初値予想
 

業 種サービス業
上場市場マザーズ
上場日6月23日
BB期間6月07日~6月11日
企業ホームページhttps://www.aidma-hd.jp/
事業の内容
  • 法人向けに営業戦略の立案、実行、検証、改善提案までをワンス
    トップで提供する営業支援
  • 営業DXツールの開発・活用支援
  • クラウドワーカーに特化した就労支援サイトの運営
  • クラウドワーカーを活用した業務フローの構築・運用支援
  • クラウドワーカー活用支援ツールの開発・活用支援
  • オンラインコミュニケーションツールの開発・活用支援

 

【手取金の使途】

手取概算額1,584,420千円及び「1新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限345,979千円と合わせた、手取概算額合計上限1,930,399千円について、①採用費、②広告宣伝費、③システム開発費、④オフィス移転費用等に充当する予定。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOの業績と事業内容

業績が右肩上がりでいい感じだと思います。今期利益は飛び抜けて良さそうなので初値期待もできそうですね。この場合は仮条件引上げにつながるため資金を準備しておきましょう。
 

同社グループは「人口減少を成長の機会に」を経営の基本方針に掲げています。
 

少子高齢社会における労働力人口の減少というトレンドを新たな挑戦と成長の機会と捉え、企業の人材確保が困難な環境下において外部リソースの有効活用とテクノロジーを活用した生産性向上への貢献を通じビジョンである「世界の可能性を広げる」を実現するために事業を展開しています。
 

同社グループは、アイドマHDと連結子会社1社、持分法非適用関連会社1社の合計3社で構成されています。
 

顧客における外部リソースの有効活用と生産性向上を目的として中小企業向けの営業支援を主としたワーク・イノベーション事業を行っています。
 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOの業績
 

同事業では、営業を主とした業務支援によって顧客の生産性を向上させるだけではなく、人材不足に悩む中小企業に対して、潜在的に働ける方を新たな働き手として繋げ、外部活用を促す就労支援も行っているそうです。
 

企業と働き手双方にとって価値ある機会を創出する事業活動を通じて、同社グループの経営理念を実現するそうです。
 

セールス・プラットフォーム事業は事業活動を通じて得られた営業に関するデータベース及び独自に開発した営業支援システムを活用し、主に法人向けビジネスを営む顧客企業の持つ商材やサービスに応じたテストマーケティングの実行支援を行っています。
 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOの事業
 

ママワークス事業は人材不足に悩む中小企業に対して、潜在的に働ける方を新たな働き手として繋げていく就労支援を行っています。ママワークスは「在宅ワーク」に特化した求人サイトになり、登録会員数は2021年3月時点で26万人を超えています。
 

meet in事業はこれまで直接的に会って行われていた商談・面接をオンライン上で行うことで、時間やコストの削減につながるサービスです。
 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,830円
仮条件1,830円~1,930円
公開価格6月14日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約25.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約28.8億円になります。
 

IPOでは人気が見込める事業なので公開価格割れはないと思います。
 

直近でみずほ証券が主幹事を行うことが多くなってきましたね。店頭と上手くやっている方が羨ましいです。
 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数950,000株
売出株数420,000株
公開株式数1,370,000株
OA売出205,500株
引受幹事みずほ証券(主幹事)
SBI証券
東洋証券
マネックス証券
極東証券
楽天証券
エース証券
委託見込岡三オンライン証券
DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
マネックス証券の引受けを調べると137人に当選するようです。SBI証券引受け株数も結構ありました。
 

極東証券や東洋証券で店頭口座の方は配分が見込めるのかも?エース証券も同様ですね。ただ地場証券になるためネット口座がないんですよね。
 

東洋証券はネット口座があるけれど1年間使わないと自然消滅するから怖いです。
 


 
SBI証券グーループのSBIネオトレード証券でもIPO取扱いが期待できます。SBI証券の主幹事が増えているため口座の準備だけ行っておきましょう。
 

資金不要でIPO抽選に参加できます。一度も入金しなくてもIPO抽選に参加できるんですよ!!
 


 
アイドマ・ホールディングスの会社設立は2008年12月22日、本社住所は東京都豊島区南池袋二丁目25番5号、社長は三浦陽平氏(38歳)です。※2021年5月24日時点
 

従業員数は136人(臨時雇用者34人)、平均年齢29.4歳、平均勤続年数1.6年、平均年間給与約543万円です。
 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
JPM株式会社3,000,000株44.71%
三浦 陽平2,791,200株41.60%
K&Pパートナーズ2号投資事業有限責任組合273,000株4.07%
佐賀 寛厚253,200株3.77%
K&Pパートナーズ3号投資事業有限責任組合153,000株2.28%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である三浦陽平、当社株主であるJPN株式会社、三浦和広、阿部光良、若林稔及び株式会社コバ並びに当社新株予約権者である佐賀寛厚は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後180日目の2021年12月19日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。

また、当社株主K&Pパートナーズ2号投資事業有限責任組合、K&Pパートナーズ3号投資事業有限責任組合及び識学1号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年9月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く)等は行わない旨合意しております。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(主幹事)1,233,000株90.00%
SBI証券68,500株5.00%
東洋証券13,700株1.00%
マネックス証券13,700株1.00%
極東証券13,700株1.00%
楽天証券13,700株1.00%
エース証券13,700株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 2,200円~3,000円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 2,600円~3,800円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

アイドマ・ホールディングスの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想2,500円~3,500円
修正値3,000円~3,500円
 

営業コンサルティングを行う企業でIPOでは人気が見込めます。業績も拡大しているため申込を行っておきたいと思います。上場ラッシュでなければ大きな利益を得られたかもしれないIPOだと思います。
 

吸収額が30.4億円にまで拡大し初値利益は低下するでしょう。一定の層はIPOに当選しても初値売却しないでしょう。
 

2021年8月期の業績予想は売上34.76億円で経常利益7.34億円と絶好調です。四半期利益も4.80億円となり前期比で192.68%も増加します。売上も90.00%増なので驚異的な数字でしょう。
 

利益は少ないかもしれませんが積極的に申込んでおきます!
 

アイドマ・ホールディングス(7373)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
新株予約権はなし-株
発行価格-円

 
ロックアップは180日間(2021年12月19日)でロックアップ解除倍率設定なし、ベンチャーキャピタルに対して90日間(2021年9月20日)とロックアップ解除倍率1.5倍の設定が設けられています。
 

ストックオプションはなく該当事項なしとなっています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の7,376,000株から算出すると想定価格ベースで約135.0億円になります。
 

株数がOAを含め150万株を超えているため100株当選できれば嬉しいです。IPOラッシュなので申込忘れも出てきそうなので期待したいと思います。
 

今回の上場ラッシュは当選しやすそうな銘柄が多いため大事にしたいと思います。
 

DMM.com証券がついにIPO株を取り扱う! 限定キャンペーンが凄い
⇒ DMM.com証券(DMM株)公式

【DMM 株】口座開設

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ