【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンライン証券の委託幹事が狙い目
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
主幹事や幹事を年間通してかなり引受けています。
IPO投資をするなら必ず必要なIPO口座間違いなし!
⇒ SMBC日興証券でIPOの当選を狙うには?
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細
バンカーズの会員登録でAmazonギフト券2000円分貰えます!!

バンカーズ(Bankers)

※キャンペーンの詳細はこちらでまとめています


ペイロール(4489)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

ペイロール(4489)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。上場市場はマザーズで主幹事は野村證券が引受けます。
 

上場規模は約108.5億円で公開株数6,838,000株、オーバーアロットメント1,025,700株です。想定発行価格は1,380円になっています。
 

ファンド出口案件のIPOのため様子見となりそうです。吸収額がデカいですからね。
 

ペイロール(4489)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場マザーズ
上場日6月22日
BB期間6月03日~6月09日
企業ホームページhttps://www.payroll.co.jp/
事業の内容給与計算業務等のアウトソーシング事業

 

【手取金の使途】

手取概算額535百万円については、新規顧客の受注獲得、既存顧客の満足度向上のため、基幹システム機能強化のための設備資金として500百万円を充当し、残額は業績拡大に向けた運転資金として充当する予定です。

設備投資の内容としては、給与計算アウトソーシング分野・領域のサービスの拡張を目的として、ユーザーインターフェースの改善や通勤費計算に関する機能強化等の基幹システム機能強化のため、500百万円を充当する予定であります。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

ペイロール(4489)IPOの業績と事業内容

業績は拡大傾向にあり今期業績予想は過去御最高益みたいですね。利益が10.88億円なので前期比44%近く伸びます!でもVC案件だから怖いです。上場ゴール感が半端ないですからね。
 

同社グループはペイロールと連結子会社のHRテクノロジーソリューションズの1社から構成されてています。
 

マネージドサービスとクラウドサービスを用いた給与計算業務のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を主たる事業としています。
 

顧客企業の人事・労務関連業務の土台を支え続けることで、企業社会を根底から支える基盤、つまり「ソフトインフラ」としての役割を担うことを理念としているそうです。
 

ペイロール(4489)IPOの業績
 

同社グループの給与計算業務のアウトソーシングサービスは、給与・定期賞与計算はもちろん、年末調整補助業務や地方税特別徴収補助などの季節性業務、身上異動等の人事関連業務、従業員及び各拠点との直接対応などを行います。
 

給与計算に関わる様々な周辺業務をサポートする「フルスコープ型アウトソーシング」であり、顧客企業の人事・労務関連業務の工数削減を行い、コア業務に特化するためのサービスを提供しいます。
 

マイナンバー制度の開始に伴い、フルスコープ型アウトソーシングサービスのノウハウを活かした「マイナンバー管理サービス」も提供しているそうです。
 

ペイロール(4489)IPOの業務詳細
 

給与計算のみを受託するのではなく、サポート範囲を給与計算に関わる業務としいます。
 

また、法改正等の市場の動向に合わせて業務範囲の拡大を行うことで、給与計算業務を受託するマーケットにおいて競争力を有するとともに、顧客企業の満足度の向上にも繋がっており、2020年3月期実績として97.8%のリテンション率を有しています。
 

収益スタイルはストック型の事業モデルとなっています。
 

ペイロール(4489)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格1,380円
仮条件1,280円~1,380円
公開価格6月10日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約94.4億円です。オーバーアロットメントを含めると約108.5億円になります。
 

VC売出し案件で100億円超えなので初値は厳しいものになりそうです。上場後しばらくしてから参戦しても遅くないかもしれません。知らないうちに株高になっているパターンかな?と思っています。
 

この手の銘柄はよくありますよね。
 

ペイロール(4489)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数428,000株
売出株数6,410,000株
公開株式数6,838,000株
OA売出1,025,700株
引受幹事野村證券(主幹事)
SMBC日興証券
東海東京証券
岡地証券
SBI証券
いちよし証券
委託見込DMM.com証券
SBIネオトレード証券

 
野村證券のIPOなので安心感はありますがちょっと不安材料が大きい気がします。仮条件まで様子を見て抽選に参加するのかどうか決定したいと思います。
 

IPOには当選しやすいため日々材料のチェックだけは行っておきたいと思います!手数料が高いいちよし証券とかだと当選確率が高そうですね。店頭配分をネット配分に持ってきそうです。
 

キャンペーン情報になりますが、バンカーズに口座開設を行えばAmazonギフト券を2,000円分貰えます。既に投資を行っている方は残念ですがこれから投資を考えている方にチャンスです。
 

私が口座開設した時は500円分だったため凹みますね。要点を下記記事でまとめてみました!
 


 
ペイロールの会社設立は2017年4月19日、本社住所は東京都江東区有明三丁目5番7号、社長は湯浅哲哉氏(62歳)です。※2021年5月20日時点
 

従業員数は566人(臨時雇用者507人人)、平均年齢33.9歳、平均勤続年数2.6年、平均年間給与約450万円です。
 

ペイロール(4489)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
Pacificグロース投資事業有限責任組合4,000,100株22.13%
Pacific戦略投資1号投資事業有限責任組合3,816,600株21.11%
Pacific2号投資事業有限責任組合2,540,000株14.05%
リサ・コーポレート・ソリューション・ファンド4号投資事業有限責任組合2,533,400株14.01%
Pacificグロース3号投資事業有限責任組合1,280,000株7.08%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人及び貸株人であるPacific グロース投資事業有限責任組合及びPacific2号投資事業有限責任組合並びに当社株主であるPacific戦略投資1号投資事業有限責任組合、Pacificグロース3号投資事業有限責任組合、Pacificプリンシパル投資事業有限責任組合、株式会社アイネット、湯浅哲哉、前田有美及び益田美貴は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日後90日目の2021年9月19日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等は行わない旨合意しております。

この他、ペイロール従業員持株会は180日間(2021年12月18日)まで、新株予約権者等に対して90日間(2021年9月19日)までロックアップ期間が設けられています。

※有価証券届出書(EDINET)抜粋

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
野村證券(主幹事)6,154,200株90.00%
SMBC日興証券341,900株5.00%
東海東京証券136,700株2.00%
岡地証券68,400株1.00%
SBI証券68,400株1.00%
いちよし証券68,400株1.00%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 1,280円~1,480円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,200円~1,400円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

ペイロールの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想1,250円~1,400円
修正値1,283円~1,400円
 

BPO業態に新規性がなくVC案件のため公開価格割れになる可能性が高いようです。上場してみなければわかりませんが創業30年でマザーズ上場もどうだろうか?と疑問ありです。
 

事業が嫌われているというわけではなく単にVCのために上場するパターンに問題があるようですね。しかも意外に競合が多く存在するそうです。
 

2022年3月期の業績予想は連結で売上収益85.69億円で前期比14.50%増、税引き前利益が14.24億円で前期比23.61%増と好調になる見込みです。純利益も10.88億円で前期比43.54%増になるそうです。
 

PERは22.6倍でPBRは2.02倍です。ペイロールが上場する日は4社上場なので選ばれないIPOになる可能性が高いようです。まあそこを攻める人もいますけどね。無難にスルーすると思います。
 

ペイロール(4489)IPOの自己評価と申し込みスタンス

ストックオプション期間株数残
2019年12月16日~2027年12月13日240,000株
発行価格525円
2019年12月16日~2027年12月13日120,000株
発行価格510円
2019年12月16日~2027年12月13日240,000株
発行価格525円

 
ロックアップは90日間と180日間の設定があります。ロックアップ解除倍率の記載はありません。ストックオプションの株数残や発行価格は上記のようになります。600,000株が行使期限に入ります。
 

ただ新株予約権者の対象者にはロックアップが設けられています。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の17,906,100株から算出すると想定価格ベースで約247.1億円になります。
 

利益見込みは低いと思います。そのためスルーするかもしれません。
 

6月22日は上場日が重なる銘柄が多いため無理して参加しなくても良い気がしています。状況に応じて参戦する可能はあります!
 

ビクトリーファンドでも口座開設ベースでAmazonギフト券のプレゼントを行っていました。
 

不動産投資型クラウドファンディングなので融資型よりもリスクが低いと思います。利回り10%以上って凄いと思います!
 

victory fund

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

SBIネオモバイル証券Tポイント投資とデメリット記事へ

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ