【DMM 株】口座開設2019年からIPOに本格参戦で見逃せない企業!
抽選方法は1口座1抽選方式の平等抽選で前受金不要
⇒ DMM.com証券IPO取扱い詳細
株・投資信託ならネット証券のマネックス言わずと知れた完全抽選方式採用の企業です。
預入資金や取引実績に左右されない鉄板企業!
⇒ マネックス証券のIPOで当選する方法を考える
IPOの抽選が前受金無しで参加できる数少ない企業!
平等抽選なので誰にでも当選の可能性があります。
⇒ 岡三オンラインの委託幹事が狙い目
SBIネオトレード証券 証券オンライントレード事前入金の必要がないため当選してから入金が可能です。
SBI証券グループなのでIPO取扱いに期待ができます!!
⇒ SBIネオトレード証券IPO取扱い詳細

エニーマインドグループ(5027)上場とIPO初値予想【幹事配分や独自評価あり】

エニーマインドグループ(AnyMind Group)IPOが新規上場承認されました。詳しく情報を調べたので参考になればと思います。今年3月に上場中止になっていた案件です。
 

上場市場はグロース市場になり主幹事はみずほ証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で引受けます。
 

上場規模は約30.0億円で公開株数2,689,500株、オーバーアロットメント403,400株です。想定発行価格は970円になっています。
 

エニーマインドグループ(5027)上場とIPO初値予想
 

業 種情報・通信業
上場市場グロース市場
上場日12月15日
BB期間11月30日~12月06日
企業ホームページhttps://anymindgroup.com/ja/
事業の内容ブランド企業向けマーケティング支援、パブリッシャー及びクリエイター向け収益化支援、D2C支援に関するプラットフォームとサービスの開発・提供

 

エニーマインドグループ(AnyMind Group)IPOの業績と事業内容

同社グループは「Make every business borderless」というミッションのもと、ブランド構築、生産管理、メディア運営、ECサイト構築・運営、マーケティング、物流管理等のソリューションをワンストップで支援するプラットフォームを提供するテクノロジーカンパニーです。
 

アジア・中東を中心に世界13ヵ国・地域にて事業を展開しており、2021年度第3四半期累計における地域別売上収益比率は日本が45%、東南アジアが40%、インド・中華圏等のその他地域が14%となっています。
 

エニーマインドグループIPOの業績2022年11月資料
 

エニーマインドグループ(AnyMind Group)IPO仮条件と公開価格の日程

想定価格970円
仮条件970円~1,000円
公開価格12月07日

 
想定発行価格から試算される市場からの吸収金額は約26.1億円です。オーバーアロットメントを含めると約30.0億円になります。
 

前回の上場規模が約99.8億円で想定発行価格1,150円でした。今回の再承認で株数などを大幅に変更しています。
 

エニーマインドグループ(AnyMind Group)IPOの幹事団詳細と会社データ

公募株数885,300株
売出株数1,804,200株
公開株式数2,689,500株
OA売出403,400株
引受幹事みずほ証券(共同)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同)
SBI証券
松井証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
岡三証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

 
このIPOはスルーで良いかもしれません。申込みたいと思わないため要警戒案件でしょう。市場から資金を吸収する以外に目的が考えられません。
 

株主のことを考えているとは現段階では思えないです。
 

エニーマインドグループの会社設立は2019年12月26日、本社住所は東京都港区六本木六丁目10番1号、社長は十河宏輔氏(35歳)です。※2022年11月16日時点
 

従業員数8人(臨時雇用者0人)、平均年齢34.6歳、平均勤続年数2.6年、平均年間給与約910万円です。連結従業員数は1,271人となっています。前回よりも244人増えていますね。
 

エニーマインドグループ(AnyMind Group)IPOの初値予想とロックアップ

氏名又は名称所有株式数割合
十河 宏輔23,400,000株37.21%
小堤 音彦6,000,000株9.54%
株式会社SMBC信託銀行4,260,000株6.77%
JATF VI(Singapore) Pte. Ltd.4,171,800株6.63%
JAFCO Asia Technology Fund VII Pte. Ltd.3,023,400株4.81%

※上位株主の状況
 

【ロックアップ情報】

ロックアップ360日間(2023年12月09日)までと180日間(2023年6月12日)までとなっています。VC2社には180日間で1.5倍でロックアップ解除となり、売却上限が両社共に1,352,100株上限です。

 

幹事引受け株数と割合を調べた結果

幹事団引受け株数割合
みずほ証券(共同主幹事)1,741,600株64.76%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)827,200株30.76%
SBI証券53,700株2.00%
松井証券20,100株0.75%
SMBC日興証券20,100株0.75%
岩井コスモ証券13,400株0.50%
岡三証券13,400株0.50%

※目論見の訂正事項発表後に引受け株数を記載、委託幹事は記載なし
 

上場承認後の直感的初値予想と仮条件後の予想!

第一弾⇒ 900円~1,100円
※ファーストインプレッション

第二段⇒ 1,100円~1,280円
※仮条件発表後
 

初値予想と市場コンセサンス

エニーマインドグループの初値予想をリサーチして記載します。
 

初値予想900円~1,150円
修正値1,100円~1,200円
 

VC資本が入り赤字企業だが前回承認から3割規模に吸収金額を落として再登場。割れないと思うが買われる材料もたいしてない。
 

赤字縮小でグローバル企業であることは好材料。単純に需給による動向となりそうだが約30.9億円の吸収は可能だろう。
 

アセットマネジメントOneが買うと表明したことは拘束力がないにしても割らせない感が伝わる。これで割れたら主幹事として恥ずかし過ぎる!
 

エニーマインドグループ(AnyMind Group)IPOの自己評価と申し込みスタンス

新株予約権は6,779,400株存在し発行価格の10.8%になります。多すぎて上場後も心配ですね。
 

赤字企業なので多くの方は参戦しないと思います。
 

ロックアップは180日と360日で解除倍率なしが基本です。VC2社には1.5倍以上でロック解除になりますが届かないでしょう。
 

時価総額は東証データの上場時発行済み株式数の56,986,200株から算出すると想定価格ベースで約552.8億円になります。前回上場承認時は約637.5億円なので大きく時価総額が下がっています。
 

なんだそれ状態ですね!リスクを取りたくない方は不参加でよさそうです。
 

前受け金不要でIPO抽選に参加できる企業が増えました⇒ 松井証券

※松井証券のIPO抽選ルール詳細と当選するための秘訣

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

人気投資を実践レビュー

STREAM(ストリーム)評判とデメリット記事

ファンディーノ(FUNDINNO)評判と口コミ

日興フロッギー(FROGGY)のメリットとデメリット

このページの先頭へ